SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-21 04:06:10

マーケット > レポート > インドネシア投資戦略 〜高値更新を続ける株式市場〜

インドネシア投資戦略 〜高値更新を続ける株式市場〜

2012/11/5
当社商品企画部外国株式室長 兼 投資調査部グローバルストラテジスト 森永 康平

インドネシアの株式市場が高値を更新し続けている。同国を代表する株価指数、ジャカルタ総合指数は史上初の4,400ポイントの大台が目前まで来ている。リーマンショック以降、4年以上に渡ってほぼ右肩上がりのチャートを形成しており、毎年「バブルなのではないか?」と危惧する言葉が見られる訳だが、そのような指摘も関係なく相変わらず上昇トレンドを維持している。

この背景には当然のことながら同国のステータスが大きく影響している訳だが、人口が世界第4位であることや資源が豊富であることなど、この数年で言われ続けてきた同国の魅力を再度ここで記載するのはやめておこう。

リーマンショックが起こった2008年から直近までの日経平均とジャカルタ総合指数の推移を見てみよう。震災があったことなど、日本にはやや不利な期間設定になってしまっているかもしれないが、それを差し引いても圧倒的なパフォーマンスの差が出ている。

図1:2008年初から見た日経平均とジャカルタ総合指数の推移

前回のレポートでも株価指数の推移については期間は違えど比較しており、海外株式の方がパフォーマンスが良かったという事実は紹介しているので、今回は更に踏み込んで個別銘柄のパフォーマンスもみていきたい。

下図は当社において2012年10月26日時点で保有人数が多いインドネシア株式を上から順に5つピックアップしたものである。パフォーマンスの期間は前述の株価指数と同様に2008年初からである。

図2:2008年初から見た『SBI証券・インドネシア株式保有人数上位Best5の株価推移』
表1:SBI証券におけるインドネシア株式 保有人数上位Best5

順位

ティッカー

銘柄名

業種

1

ASII

鉱業、金融、IT事業も手がける自動車メーカー

2

TLKM

通信サービス会社

3

BUMI

石炭・石油探査会社

4

INDF

インスタント麺、ベビーフード、調味料、コーヒーなどの食品メーカー

5

UNVR

石鹸、洗剤、飲料、化粧品などの一般消費財メーカー

  • ※2012年10月26日時点
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

5銘柄中3銘柄は2倍以上になっている。テレコムニカシ・インドネシアはほぼ変わらずである。ここで、しっかりと見なくてはいけないのは、ブミ・リソーシズは89%も下落しているということだ。

個人投資家に外国株式を啓蒙する立場ではあるが、高パフォーマンスの銘柄だけを取り上げて魅力を伝えるのは間違っており、このように逆にいくケースもあるということもしっかりと認識していただくことこそが啓蒙するうえでは重要だと考える。株価指数に比べ、個別銘柄のボラティリティーが高いというのは先進国、新興国の区別なく当然のことであり、上図の結果を見て外国株式投資は高リスクだと感じるのは誤りである。

これまでもレポートや各メディアにて主張してきたが、「外国株式投資は魅力的ですよ=資産全額を外国株式で運用しましょう」と言いたい訳ではない。不確実な世の中だからこそ、1つの資産だけで運用することは高リスクであり、分散投資をすることでリスクをヘッジしましょう。その際に、投資先の1つとして外国株式は魅力的ですよ、と伝えたいのである。

ここ数年は円高にやられ続けた投資家も多いため、今後もずっと円高が続くような気がしていて海外資産への投資に抵抗がある方も多いだろう。そのシナリオが今後も数年〜数十年続くのであれば、たしかに全財産を円建て資産で保有・運用し続けることが正解だろう。しかし、日本の様々な条件を勘案すれば、そのシナリオに全額ベットすることはとてつもないリスクではないだろうか?

分散投資で投資対象や国・地域を分散することが推奨されているが、私は運用戦略をたてる上でのシナリオも複数用意して分散することも重要だと考えている。今後の為替動向など、誰にも確実に予測など出来ない訳だから、円高継続シナリオに備えて一部は円建て資産で保有・運用し、円安転換シナリオにも備えて一部は外貨建て資産で保有・運用するという戦略こそが、個人投資家の中長期で考えた資産運用に適したものなのではないだろうか?

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

ご注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.