SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-22 03:40:19

マーケット > レポート > インドネシア経済〜ヘッドライン鈍化もコア上昇〜

インドネシア経済〜ヘッドライン鈍化もコア上昇〜

2012/3/5
当社商品企画部外国株式室長 兼 投資調査部グローバルストラテジスト 森永 康平

インドネシアの2月のインフレ率・ヘッドラインは前年比3.56%増と、前月の同3.65%増から鈍化しており、依然としてインフレ圧力の鈍化傾向は続いている。これで6ヶ月連続でヘッドラインは鈍化を続けたことになる。今回の結果は事前予想よりも鈍化した結果となっている。一方で、2月のコア・インフレ率は前年比4.31%増と前月の同4.29%増から加速しており、20ヶ月連続で4%台を超えている。コア・インフレ率の上昇傾向は一向に収まる気配がない。

ヘッドラインの鈍化は食品価格の下落が大きく寄与している。2月の同価格は前年比2.87%増と前月の同3.29%から大きく鈍化している。また、衣料品価格を除けば、構成項目の多くが鈍化しており、これもまたヘッドラインの押し下げ要因となっている。

インフレ率がここまで鈍化しているにも関わらず、私は引き続きインフレリスクは潜在していると考えている。同国政府が計画している燃料価格の引き上げが背景だ。この結果次第では、2012年通年のインフレ率は前年比で6%を超える可能性もあると見ている。政府の燃料価格の引き上げ計画の動向が明確になるまでは金融政策への影響は出にくいと考えるが、場合によっては利上げの必要性も出てくることを考慮しておくべきだろう。

図1:インドネシアのインフレ率(ヘッドラインとコアの推移)

コア・インフレ率の勢いは衰え知らずの状況

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

ご注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • NYダウ取引はくりっく株365!
  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.