SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-06-21 20:24:15

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 > 「ビッグ5」のAIへの取り組み

「ビッグ5」のAIへの取り組み

「ビッグ5」のAIへの取り組み

2024/5/28

マイクロソフト(ティッカーシンボル:MSFT)、アップル(ティッカーシンボル:AAPL)、アルファベット(ティッカーシンボル:GOOG)、アマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)、メタ・プラットフォームズ(ティッカーシンボル:META)の5社をアメリカでは「ビッグ5」と呼びます。今日はそれら企業のAI事業への取り組みについて解説します。

まずアップルを除く4社はいずれも「AIファクトリー」と呼ばれる、次世代データセンターの建設に積極的に取り組んでいます。これら4社の設備投資額を合計すれば1年間で2000億ドル(*)にものぼる巨額な投資です。

(*)=AI以外の出費も含む

従来のデータセンターと「AIファクトリー」の違いは何か? といえば、それはAIがユーザーの質問に対し回答を示すだけでなく、利用料金をトークンで計測、請求できる機能を「AIファクトリー」は具備している点です。その機能の追加はデータセンターの設計を複雑にしますが自社が構築した「AIファクトリー」の余ったキャパシティをAIをベースにサービス構築することを目論んでいるスタートアップ企業などに貸し出すことで直ぐにマネタイズできるという利点があります。

アマゾンのAWS、マイクロソフトのアジュール、グーグルのグーグルクラウドはこのようなAI関連のユーザーに貸し出すことで売上高を伸ばすことができます。これら各社の四半期決算でデータセンター売上高がどうなっている? ということは投資家の最大の関心事のひとつであり、当分の間、AIをベースにビジネスを構築しようとしている顧客からの需要でデータセンター売上高は好調に推移すると予想されます。

メタの場合、これまでは主にAIを自社サービスの改善のために使用してきましたが、「ラマ3」からは外部へもそのキャパシティを貸し出す予定です。

唯一、アップルだけがこの競争に参加していません。アップルはむしろiPhoneに代表されるコンシュマー・デバイスの中にAIを埋め込むことを目指しています。つまり上記の各社が中央集権的なAIというビジョンを持っているのに対しアップルは分散、ないしは拡散したコンピューティングを考えているのです。

アップルがそうする理由は半導体の性能がどんどん向上すると普通の人が日常に使うAIのタスクの殆どが、手元のデバイスで、インターネットに接続されてなくても大体こなせてしまうということによります。

コンピュータの歴史はメインフレーム→ミニコンピュータ→パーソナルコンピュータ→スマートフォンという風にどんどん小さく、分散されてゆく歴史でした。実際、iPhoneの処理能力は1960年代のメインフレーム・コンピュータのベストセラーIBM360を軽く上回ります。たとえばアップルがオープンAIと業務提携しChatGPTに似たパーソナル・アシスタントをアップルのM4という半導体に埋め込むというのは荒唐無稽なシナリオではないと思います。

その絡みでは、すでにマイクロソフトは「コパイロット+PC」というコンセプトを打ち出しています。

別の表現をすればこれまでは「ユーザーがクラウドを通じてAIに自分の情報をアップロードする」という行為がAIの使い出を飛躍的に向上するカギを握っていたけれど、ユーザーはなかなかそれをやりたがらないことが判明したということです。

だから逆にAIのほうがPCやiPhoneのようなデバイスのレベルまで下りてきて、すでにそのデバイスの中に記憶されている過去の作業やデータを呼び出しやすいようにするという使い方です。これはパワフルな価値提案です。

外国株式口座開設外国株式お取引

著者

広瀬 隆雄(ひろせたかお)

コンテクスチュアル・インベストメンツLLC マネージング・ディレクター

グローバル投資に精通している米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍中。
1982年 慶応大学法学部政治学科卒業。 三洋証券、SGウォーバーグ証券(現UBS証券)を経て、2003年からハンブレクト&クィスト証券(現JPモルガン証券)に在籍。

広瀬 隆雄

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

【7/17(水)開催:日本株ファンドセミナー】お申し込み受付中!
お客さまサポート

よくあるお問合せ
・口座開設の流れ
・NISA関連のお問合せ
・パスワード関連のお問合せ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 【SBI証券 FX】米ドル/円や新興国通貨ペアも!7通貨ペアキャッシュバックキャンペーン

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.