SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-02-21 11:34:20

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 > GAFAMの決算のまとめ

GAFAMの決算のまとめ

GAFAMの決算のまとめ

2024/2/7

■GAFAMの決算が出揃った
GAFAMとはアルファベット(ティッカーシンボル:GOOG)、アップル(ティッカーシンボル:AAPL)、メタ・プラットフォームズ(ティッカーシンボル:META)、アマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)、マイクロソフト(ティッカーシンボル:MSFT)の略です。

GAFAMの決算が出揃いました。全体的に好調な米国経済を背景に各社の売上高成長率はやや上向いています。

投資家の関心事はAIに対する各社の取り組みです。マイクロソフトがとりわけ上手く立ち回っています。メタはAIを外に出さず、もっぱら自社のサービス強化、体質改善に投入することで強靭な組織にすることを狙っています。

アルファベット
アルファベットの第4四半期決算はEPSが予想$1.59に対し結果$1.64、売上高が予想852.8億ドルに対し結果863.1億ドルでした。売上高成長率は前年同期比+13.5%でした。

グーグルサーチ&アザー売上高は前年同期比+12.7%の480億ドルでした。グーグルアドバタイジング売上高は前年同期比+11%の655億ドルでした。この数字が(少し予想を下回ったのでは?)という指摘が投資家から出て、アルファベットの決算は「良い決算」だったにもかかわらず決算発表後の株価は冴えませんでした。

YouTube広告売上高は前年同期比+16.5%の92億ドルでした。

グーグルクラウド売上高は前年同期比+26%の92億ドルでした。営業利益は8.64億ドルでした。

アルファベットはアザー・ベッツなどの本業に関係ないビジネスへの追加投資を絞り込み、営業費用を抑制する努力を今後も続けます。それは今後も散発的な人員解雇のニュースが出ることを予期したほうがいいという事だと思います。

アルファベットは早くからAIへの取り組みを開始していたのですが、その成果と言う点ではやや出遅れている印象があります。いま「ジェミニ」というサービス名称の下に様々なAI絡みのサービスを統合しようとしています。同社の場合、アンドロイドやグーグル検索など、様々なタッチポイントを経由し消費者との接点が多いので、AIを上手く生かせば使い出のあるサービスを提供できるだろうと言われています。でも未だそこへは至っていません。

アップル
アップルの第1四半期(12月期)決算はEPSが予想$2.10に対し結果$2.18、売上高が予想1179.9億ドルに対し結果1196億ドル、売上高成長率は前年同期比+2.1%でした。

iPhone売上高は予想679億ドルに対し結果697億ドルでした。去年は658億ドルでした。

サービス売上高は予想225億ドルに対し結果232億ドルでした。去年は208億ドルでした。このサービス売上高が僅かにアナリストのコンセンサスより小さかったので決算発表後の株価はいまひとつでした。

中国売上高は208億ドルでした。去年は239.5億ドルでした。中国経済の低迷がアップルの業績にも影を落としました。

メタ・プラットフォームズ
メタ・プラットフォームズの第4四半期決算はEPSが予想$4.82に対し結果$5.33、売上高が予想391億ドルに対し結果401.1億ドル、売上高成長率は前年同期比+24.7%でした。

フェイスブックDAUは前年同期比+6%の21.1億人でした。

広告インプレッションは前年同期比+21%でした。広告平均単価は+2%でした。

第1四半期売上高は予想339.3億ドルに対し新ガイダンス345〜370億ドルが提示されました。

メタは社員をより技術面で高度なスキルをもった人材へ入れ替えて行き、AI時代にマッチした強靭な組織にし、AIを同社のメインのビジネスであるデジタル広告の効果をUPすることで顧客企業の満足を伸ばすことで増益に結び付けることを目指しています。

メタは配当を払い始めます。四半期毎に50¢です。最初のレコード・デーは2月22日、ペイアブル・デーは3月26日です。

メタは自社株買戻しプログラムを500億ドル増額します。
2024年度の設備投資額は20億ドル積み増し、300〜370億ドルとします。ガイダンスのレンジが広がった理由は半導体の供給不足が引き起こす値上がりリスクを含めたからです。

アマゾン
アマゾンの第4四半期決算はEPSが予想80¢に対し結果$1.00、売上高が予想1659.6億ドルに対し結果1699.6億ドル、売上高成長率は前年同期比+13.9%でした。

第4四半期の営業利益は132億ドルでした。ガイダンスは70〜110億ドルでした。

AWS売上高は前年同期比+13.2%の242億ドルでした。

広告サービス売上高は前年同期比+26%の146.5億ドルでした。

第1四半期の売上高は予想1420.1億ドルに対し新ガイダンス1380〜1435億ドルが提示されました。営業利益ガイダンスは80〜120億ドルが提示されました。

アマゾンは新型コロナ後、極めて高水準の設備投資を行ってきました。その少なからぬ部分はロジスティクスでした。いまその投資から得られる効率の向上の恩恵を受け始めています。データセンターへの投資も引き続き行って行きます。

マイクロソフト
マイクロソフトの第2四半期(12月期)決算はEPSが予想$2.77に対し結果$2.93、売上高が予想611.4億ドルに対し結果620.2億ドル、売上高成長率は前年同期比+17.6%でした。

アジュール売上高は前年同期比+30%でした。ガイダンスは+26〜27%でした。これはアマゾンAWS、アルファベットのグーグルクラウドのパフォーマンスを凌駕しています。アジュール好調の理由はウェブサイト構築運営のプラットフォーム「ギットハブ」にAI「コパイロット」を実装したことでソフトウェア・エンジニアがコードを書く手間が大幅に省略され、「この際、他社でのプロジェクトもアジュールに移そう!」という顧客の引っ越し需要を喚起したためです。

この例に見られるようにマイクロソフトはAIの実装で部門間での「エンドラン」的な連携プレーがとても上手く行きはじめています。

プロダクティビティ&ビジネスプロセス売上高は192億ドルでした。ガイダンスは188〜191億ドルでした。オフィス・コマーシャル売上高は前年同期比+15%でした。オフィス365売上高は前年同期比+17%でした。オフィス・コンシューマー売上高は前年同期比+5%でした。リンクトイン売上高は前年同期比+9%でした。ダイナミクス売上高は前年同期比+21%でした。ダイナミックス365売上高は前年同期比+27%でした。

インテリジェントクラウド売上高は259億ドルでした。ガイダンスは251〜254億ドルでした。

モア・パーソナル・コンピューティング売上高は169億ドルでした。ガイダンスは165〜169億ドルでした。

外国株式口座開設外国株式お取引

著者

広瀬 隆雄(ひろせたかお)

コンテクスチュアル・インベストメンツLLC マネージング・ディレクター

グローバル投資に精通している米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍中。
1982年 慶応大学法学部政治学科卒業。 三洋証券、SGウォーバーグ証券(現UBS証券)を経て、2003年からハンブレクト&クィスト証券(現JPモルガン証券)に在籍。

広瀬 隆雄

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

国内信用デビュー&おかえりキャンペーン

ご案内
・【よりスムーズな解決を実現!】お問い合わせ内容の事前入力サービス

よくあるお問合せ
・証券税制と確定申告について
・NISA関連のお問い合わせ
・パスワード関連のお問い合わせ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 【総額300万円!】NISAで新年お年玉キャンペーン

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.