SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-04-20 22:19:53

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 > 相場の一階部分から乗り込むチャンス 少々のタイミングのズレは問題ではない

相場の一階部分から乗り込むチャンス 少々のタイミングのズレは問題ではない

相場の一階部分から乗り込むチャンス
少々のタイミングのズレは問題ではない

2022/10/13

1不景気が来れば最大の売り材料は消える

年初からずっと軟調な地合いが続いた関係で投資家のセンチメントはとても悲観的になっています。

相場が悪い最大の理由は米国の中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)が相次いで大幅な利上げを繰り返していることによります。

一般に株式バリュエーションと市中金利はシーソーの関係にあり、一方が上がると他方は下がります。いまは金利が上昇しているので株式バリュエーションが剥落しているのです。

相次ぐ利上げは住宅ローン金利や自動車ローン金利の上昇を招いておりそれはローンが組みにくくなることを招いています。既に住宅市場は暗転しており価格はリーマンショック以来のペースで下落しはじめています。

今年に入ってからの債券市場や株式市場の下落で、世界で30兆ドルもの時価価値が失われました。含み損を抱えた投資家は消費に対して消極的になりはじめています。

小売業者は高水準の在庫を抱えてクリスマス商戦期間に向けて対応に苦慮しています。

輸出企業は折からのドル高で業績の悪化が懸念されます。

このようにどちらを向いても悪いニュースばかりが目立つようになっており、米国が景気後退へ突入するのは時間の問題と思われます。

しかしひとたび景気後退が来れば需要が減退するのでインフレ圧力は弱まります。

いまの株式市場を蝕んでいる最大の売り材料がインフレなわけですから不景気の到来はようやくこの悪材料が消えることを意味します。 のイメージに翻訳するならば、千鳥足で一進一退を繰り返しながら方向性としては年末にかけて年初来±0%の水準までゆっくり戻してゆくような相場と言えるかもしれません。

1順序としてまず株安、その次に景気後退が来る

普通、米国の株安は景気後退の後で襲うのではなく景気後退の前にやってきます。つまり年初来の株安こそがこれから到来する景気後退の前兆に他ならないのです。

米国で景気後退入りを判定するのは全米経済研究所(NBER)です。ノーベル賞受賞者を含む沢山のエコノミストの合議によって景気後退局面入りの判定が下されるのです。その関係でリセッション入りはリアルタイムで宣言されるのではなく、ずっと後になって皆が忘れた頃に判明します。

言い直せばNBERのリセッション入り宣言を待っていたのでは相場に乗り遅れるということです。

NBERは不況入りだけでなく不況から脱却した月が何時だったか? に関しても宣言します。再び景気が拡大し始めたタイミングを起点として、その次のリセッション入りまでの期間の株式のパフォーマンスをチャートにすると下のようになります。

これは言ってみれば「相場の一階部分から乗ったとして、どれだけ儲かったか?」を表しています。

ただし相場に飛び乗るタイミングが早すぎると未だ残っている売り圧力に押されるリスクもあります。下はNBERがリセッション入りを宣言したタイミング(=リセッション離脱ではない点に注意)で買った場合、どうなったか? を示しています。

これを見ると早目に出動しても儲かっている場合もありますが、2007年〜2009年にかけてのケースのように大きく負けている場合もあることがわかります。

3結局投資家本人の「決め打ち」にならざるを得ない

難しい点として1)景気後退期間開始、2)景気拡大開始、のどちらも実際にはそれが起こったずっと後で事後的に発表される関係で、これらの転換点は投資家本人が「決め打ち」で判断せざるを得ないという点です。

しかし上の二つのチャートを見比べれば、その後の上昇幅に比べれば早目に出動し過ぎてしまうことにより被るヤラレは小さいことがわかります。

結論的には相場の一階部分から皆さんが投資したいのであれば、今は少々のタイミングのズレには目をつぶり、長期で株式を保有するつもりで買い出動したほうが良い局面だということです。

外国株式口座開設外国株式お取引

著者

広瀬 隆雄(ひろせたかお)

コンテクスチュアル・インベストメンツLLC マネージング・ディレクター

グローバル投資に精通している米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍中。
1982年 慶応大学法学部政治学科卒業。 三洋証券、SGウォーバーグ証券(現UBS証券)を経て、2003年からハンブレクト&クィスト証券(現JPモルガン証券)に在籍。

広瀬 隆雄

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

国内信用デビュー&おかえりキャンペーン

ご案内
・【よりスムーズな解決を実現!】お問い合わせ内容の事前入力サービス
・口座開設の流れ

よくあるお問合せ
・NISA関連のお問い合わせ
・パスワード関連のお問い合わせ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 【当選確率最大+5倍!?】最大10万円が当たる!SBIセレクト買付応援キャンペーン

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.