SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-04-20 23:15:49

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 > 7月の米消費者物価指数の上昇は予想を下回った

7月の米消費者物価指数の上昇は予想を下回った

7月の米消費者物価指数の上昇は予想を下回った

2022/8/15

広瀬の着眼点

17月の消費者物価指数

8月10日に発表された7月の消費者物価指数は前年同期比+8.5%でした。これはコンセンサス予想の+8.7%より低い数字で市場参加者はホッと胸をなでおろしました。

消費者物価指数の上昇が予想を下回った主な理由は原油価格がざっくりと下落したことによります。8月に入ってもこれまでのところ原油価格は続落していますのでこの調子でいけば次の消費者物価指数の発表も良い数字になることが期待できます。

ジェローム・パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長は利上げの手を緩める条件として「消費者物価指数に明らかな鎮静化のトレンドが見えること」を挙げています。7月に次いで8月もさらに鈍化が確認されれば、利上げ完了の可能性も出てくるわけです。

ただしそのシナリオは原油価格の続落に依存しているため、もしそれが反発を見れば途端に崩れてしまいます。その意味ではいままで以上に今後原油価格の動向に注目してゆかなければなりません。

7月の消費者物価指数の話に戻ればエネルギー以外の項目のインフレもやや衰えているのですが食品価格だけは未だ騰勢に衰えが見られませんでした。食品価格の高騰は低所得者層を直撃するのでこの項目が上がっている間はFRBはガードを下げることは出来ません。

2投資戦略

今回消費者物価指数の騰勢が弱まったことでFRBがソフトランディングを演出できるということに対する期待が高まりました。早ければ年内にもFRBは政策金利の据え置き、すなわち「水平飛行に入る」ことが出来るわけです。

株式バリュエーションにとって金利上昇は大敵です。その金利の引上げがいよいよ終わる可能性が出てきたので株式に対しては強気になれる要素が増えました。

その反面、投資家が期待しているように米国経済が景気後退を回避し、ソフトランディングするのであれば一本調子で下げてきた原油価格もどこかでリバウンドすることを予期しなければ矛盾すると思います。

つまりここからの展開は一筋縄では行かないと思ったほうが良いのです。

さて、ソフトランディングが実際に起きるのであれば大きく売られてきた消費循環株、具体的には専門店は安すぎると思います。見直し買いが入る可能性が大です。

次に工業株などの景気循環株もハードランディングを織り込んだ水準で取引されているものが多いので妙味があります。

これと対照的にITセクターは既にリモートワーク特需が終焉したことに起因するスランプに陥っており、各社の第2四半期決算も率直に言って悪かったです。ITセクターは今後の金利動向にかかわらず、もう不況到来が確定していると思います。

したがってポートフォリオ構築に際してはテクノロジーをアンダーウエイトすると良いでしょう。

外国株式口座開設外国株式お取引

著者

広瀬 隆雄(ひろせたかお)

コンテクスチュアル・インベストメンツLLC マネージング・ディレクター

グローバル投資に精通している米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍中。
1982年 慶応大学法学部政治学科卒業。 三洋証券、SGウォーバーグ証券(現UBS証券)を経て、2003年からハンブレクト&クィスト証券(現JPモルガン証券)に在籍。

広瀬 隆雄

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

国内信用デビュー&おかえりキャンペーン

ご案内
・【よりスムーズな解決を実現!】お問い合わせ内容の事前入力サービス
・口座開設の流れ

よくあるお問合せ
・NISA関連のお問い合わせ
・パスワード関連のお問い合わせ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 【当選確率最大+5倍!?】最大10万円が当たる!SBIセレクト買付応援キャンペーン

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.