SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2022-06-28 05:19:51

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 > 連邦準備制度理事会はインフレ退治に躍起

連邦準備制度理事会はインフレ退治に躍起

連邦準備制度理事会はインフレ退治に躍起

2022/5/16

1消費者物価指数

5月11日に発表された米国の4月の消費者物価指数(前月比)は予想+0.2%に対し+0.3%、前年同月比では予想+8.1%に対し+8.3%でした。一方、コア指数(前月比)は予想+0.4%に対し+0.6%、前年同月比では予想+6.0%に対し+6.2%でした。

今回の伸び率は2021年8月以来の低い伸びでした。ひさしぶりにインフレの勢いの鈍化を感じさせるレポートでした。
主な品目別のインフレ率は下のチャートのように推移してきました。

このチャートからガソリンの値段の下落が今回のCPIの数字の改善の主因であったことが読み取れます。それに加えて去年以来高騰が続いてきた中古車価格もここへきてハッキリと下落基調に入っていることがわかります。
このようにインフレとひとことで言ってもそれを押し上げている主要因はころころ入れ替わっています。だから「サプライチェーンの問題さえ解決すれば沈静化する」とか「戦争さえ終われば下落する」というような単純な問題ではないのです。

1消連邦準備制度理事会のやっていること

米国の中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)はインフレを退治するため3月の連邦公開市場委員会(FOMC)で0.25%、5月のFOMCで0.50%の利上げを相次いで行い、政策金利を0.75%〜1.00%に持ってきました。

さらに6月と7月のFOMCでもそれぞれ0.50%の利上げを行う意図があることを既に表明しています。

普通、利上げは0.25%刻みであり、その意味で上に書いたように3回連続で0.50%の利上げをするというのは極めて異例です。インフレ退治に躍起になっているという風にも言えるでしょう。それは市場に対して、やや慌てている印象を与えてしまっていると指摘されても仕方無いと思います。

なおFRBの金利政策はじわじわと累積的に効いているものであり、1回や2回の利上げでインフレを完全に抑え込めるという風には考えない方がいいです。

3金利政策が実体経済に与える影響

利上げは債券市場がそれを織り込むのと、実際にそれが実行に移された時、実体経済がどう反応するかは大違いです。予期せぬ副作用が経済を混乱させることもあるのはリーマンショックのエピソードを思い出せば十分理解できると思います。

そんなわけで今は(いつ不意のニュースで虚を突かれるか?)びくびくしながら徐行運転せざるを得ない局面です。

こういう場面では株式もぐずぐずした展開にならざるを得ません。しかし株価が下がると消費者は意気消沈し、急に貧乏になった気がするので、消費も減退します。それはインフレ抑制という観点からは歓迎すべきことなのです。

たんなる株安を通り越して景気が後退しはじめたら……そのときはもうFRBは金融を引き締める必要は無く、むしろ緩和に転じるでしょう。

もちろんそれはずっと先の話であり、いまからそれを見越して出動するというのはちょっと気が早いです。

しかし株安という事自体に景気の過熱を冷やし、究極的には物価も押し下げるというポジティブな側面が内包されていることを我々は忘れるべきではないのです。

外国株式口座開設外国株式お取引

著者

広瀬 隆雄(ひろせたかお)

コンテクスチュアル・インベストメンツLLC マネージング・ディレクター

グローバル投資に精通している米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍中。
1982年 慶応大学法学部政治学科卒業。 三洋証券、SGウォーバーグ証券(現UBS証券)を経て、2003年からハンブレクト&クィスト証券(現JPモルガン証券)に在籍。

広瀬 隆雄

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

  • オンラインセミナー
  • 【6/1〜条件3日達成でキャッシュバック上限撤廃!】新・日計り信用取引キャンペーン

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.