SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2022-05-26 01:42:43

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 > ウクライナでの戦争が欧州経済に与えた影響について

ウクライナでの戦争が欧州経済に与えた影響について

ウクライナでの戦争が
欧州経済に与えた影響について

2022/4/26

2月24日にロシアがウクライナに攻め込み、コモディティ価格が急騰するとともに500万人の難民がウクライナ周辺国へなだれ込みました。

今日はこの戦争が欧州経済に与える影響について考えてみたいと思います。

国際通貨基金(IMF)は「世界経済見通し(WEO)」と呼ばれるレポートを出しているのですがその予想データは1年に4回アップデートされます。直近では2022年4月、つまり開戦後の予想が先週発表されました。そのひとつ前の予想数字は2022年1月、つまり開戦前の予想です。

それによるとユーロ圏先進国のGDP予想は下のチャートのようになっています。

なお「ユーロ圏先進国」とはオーストリア、ベルギー、キプロス、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペインを指します。北欧諸国はここでは含まれていません。

次に欧州新興国のGDP予想は下のようになっています。

欧州新興国とはハンガリー、ポーランド、ベラルーシ、モルドバ、ロシア、ウクライナ、ブルガリア、クロアチア、ルーマニア、アルバニア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、コソボ、モンテネグロ、北マケドニア、セルビア、トルコを指します。

こちらの方が落ち込みが激しいです。

その理由は、まずウクライナ(戦争前の予想2022年+3.5%は開戦後−35%に)、ロシア(戦争前の予想2022年+2.8%は開戦後−8.5%に)という戦争当事国が含まれているからです。

加えてポーランド(戦争前の予想2022年+4.6%は開戦後+3.7%に)、ルーマニア(戦争前の予想2022年+4.8%は開戦後+2.2%に)など難民が沢山流入している国々はその負担にあえいでいるからです。

もうひとつの理由は戦争が物価の上昇に一層拍車をかけていることによります。

ユーロ圏先進国のインフレ予想のチャートは下の通りです。

インフレは市民生活を圧迫し食品やエネルギーなど生活に必要な項目への支出増がぜいたく品や娯楽支出などその他の消費を圧迫することが予想されます。

欧州新興国のインフレ予想チャートは下の通りです。

欧州新興国のインフレは戦争でとても酷くなると予想されていることがわかります。中でもトルコは戦争前の2022年予想+27.5%が開戦後は+60.5%のハイパー・インフレとなる見込みです。これはウクライナの小麦が戦争で出荷できなくなり、もっぱら小麦の輸入をウクライナに頼っているトルコが大打撃を受けたことが関係しています。

以上をまとめるとウクライナでの戦争で欧州の経済の見通しは暗転し、インフレは悪化することが予想されています。とりわけ欧州新興国は戦争の影響を大きく受けました。

ユーロはドルに対し弱含んでいます。

最後にこのような状況が米国株投資に与える影響ですが、目先は上に示したように欧州はネガティブな影響を受けているので消去法で米国へと投資資金が向かいやすい状況だと言えます。

外国株式口座開設外国株式お取引

著者

広瀬 隆雄(ひろせたかお)

コンテクスチュアル・インベストメンツLLC マネージング・ディレクター

グローバル投資に精通している米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍中。
1982年 慶応大学法学部政治学科卒業。 三洋証券、SGウォーバーグ証券(現UBS証券)を経て、2003年からハンブレクト&クィスト証券(現JPモルガン証券)に在籍。

広瀬 隆雄

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

  • オンラインセミナー
  • 【HYPER SBI 2で取引すればさらにお得!?】日計り信用取引キャンペーン

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

入金・出金・振替

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.