SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2022-01-25 14:45:13

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 > 市場平均(PER21倍)を下回る割安株に分散投資することで大きな失敗を未然に防ぐ

市場平均(PER21倍)を下回る割安株に分散投資することで大きな失敗を未然に防ぐ

市場平均(PER21倍)を下回る割安株に分散投資することで大きな失敗を
未然に防ぐ

2022/1/13

年初からいきなり苦しい相場が続いています。こういう展開になっている理由は簡単です。思いもよらないしつこいインフレを退治するためにアメリカの中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)が断固とした金融引き締めの方針を打ち出したからです。

もう米国株には投資できないのでしょうか?

私はそういう風には全然考えていません。なるほど、今年は株価指数は上がらないかも知れません。でも株価指数が上がらないということと、だから投資できる株が無いということは、全く別です。

実は投資できる銘柄はよりどりみどり一杯転がっています。

それを説明するにはちょっと近年の米国株式市場の歩みを振り返ってみる必要があると思います。

2008年のリーマンショックの後、連邦準備制度理事会はゼロ金利政策を敷きました。さらに債券買入プログラムを始動しゼロ金利に輪をかけた一層踏み込んだ緩和を行いました。つまり流動性で市場をじゃぶじゃぶにしたのです。

これと似たことは2020年に新型コロナが流行し始めた時にも起こりました。この時も連邦準備制度理事会はゼロ金利政策を敷き、債券買入プログラムを開始しました。

これらの度重なる極端な緩和政策にすっかり慣れ切った投資家は、だんだん横着な投資態度を取るようになりました。足下の業績をしっかり調べることもせず、エキサイティングな投資テーマやストーリーにコロリと乗せられる格好で、赤字会社の株を喜んで買い上がるというようなことが常態化しました。

普通だと上場会社としての体を成してないような未熟な企業でも、SPAC(特別買収目的会社)という方法を利用して裏口上場が横行しました。それらの上場は悉く失敗に終わったと言えるでしょう。

今、インフレ退治が社会の大問題になり、中央銀行による引締めが待ったなしとなった以上、上に書いてきたような横着な投資態度は、もはや通用しなくなったと諦めるのが賢明です。

それでは我々はどうすれば良いのでしょうか?

私は今年は株価指数が上昇するのは望み薄だと考えているのですが、それと同時に株価指数より高い投資リターンを出すことも実は簡単だと考えています。つまり上に書いたような横着な投資態度を改め、基本に忠実な、当たり前の投資を実行するだけで楽々勝てるという読みです。

具体的には今株式市場が苦戦しているのは長年の横着な投資態度がもたらした身から出た錆が原因なのだから、それの逆をやれば問題にズブズブと嵌まり込んでしまうことを避けることができます。

つまりチャラチャラしたテーマ株、ストーリー株を避け、割安株をていねいに自分で選別してゆけば良いのです。

現在の米国株の市場平均株価収益率(PER)は21倍ですから、この際、「PERで21以上の銘柄は買わない」と決めてしまえば良いのです。

実はアメリカの多くのヘッジファンドはこのシンプルな解決法に気付いており、実施し始めています。だからバリュー株がグロース株を大幅にアウトパフォームし始めているのです。

このようなことは1970年代にニフティフィフティ相場が崩壊した時にも見られた現象ですし、2000年にドットコム・バブルが弾けた時もバリュー株を買っておけば簡単に指数をアウトパフォームできました。

石油、銀行、通信、ヘルスケアなどセクターを分散して5から10銘柄ほどPER21倍以下の銘柄を買い揃えるだけで、ちゃんとした、そして指数に勝てるポートフォリオを、あなたも構築することが可能です。是非試してみてください。

外国株式口座開設外国株式お取引

著者

広瀬 隆雄(ひろせたかお)

コンテクスチュアル・インベストメンツLLC マネージング・ディレクター

グローバル投資に精通している米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍中。
1982年 慶応大学法学部政治学科卒業。 三洋証券、SGウォーバーグ証券(現UBS証券)を経て、2003年からハンブレクト&クィスト証券(現JPモルガン証券)に在籍。

広瀬 隆雄

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。

お客様サイトへログイン

  • オンラインセミナー
  • 2022年新春 iDeCoスタートダッシュWキャンペーン

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.