SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-11-29 06:10:42

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 > 長期金利の急低下は景気後退の前兆ではない

長期金利の急低下は景気後退の前兆ではない

長期金利の急低下は景気後退の前兆ではない

2021/11/24

1長期金利が急低下

先週米国の10年債利回りが2020年春以来最大の低下幅を記録しました。

その結果、10年債利回りから2年債利回りを引き算した長短金利差は11月15日の1.1%から11月19日には1.02%へ縮小しています。

1長短金利差縮小をどう捉える?

普通、長短金利差がゼロになるとそれは景気後退の予兆であるとされています。
長短金利差は好景気の後半局面にじりじり低下し始め、0%を割り込んだ後、半年から2年後に不況が来ると言われています。

ひるがえって今日の状況を見ると、金利差は未だ1.02%と余裕があります。だからこれがゼロになることを心配するには遠く及びません。

まだ金融引き締めすら始まっていない

今回はちょうどこの11月から債券買入れプログラムの縮小が始まったばかりです。来年の6月にテーパーが完了するまでは利上げは無いと思います。

FRBが全然利上げしていないのに、突然、景気が腰折れするというシナリオは過去に例がありません。

景気が大丈夫だと思われる理由

米国のGDPの7割は消費で占められています。すると消費が好調であれば米国経済は好調、消費がダメならGDPもダメという構図に他ならないのです。

それでは消費は何によって決まるのか? といえばそれは消費者が自分の雇用に安心感を持っているか? ということに大きく左右されます。

いま労働市場は好調であり、人々は職の不安におびえていません。

次に家計部門のバランスシートは健全です。銀行決算を見てもローンの焦付きは極めて低水準です。

つまり「職は安定している。フトコロも暖かい」わけで、今年のクリスマス商戦期間は好調が予想されるのです。

3それでは何故長期金利が低下した?

むしろ先週の長期金利の低下は中国経済の鈍化で様々なコモディティーに対する価格プレシャーが和らいだことが関係していると思います。

これに加えて欧州で新型コロナの陽性者数が再び増加に転じたというニュースに投資家が落胆したことも原因です。

これらは手のつけられないインフレが発生するリスクが大きく後退したことを意味すると私は解釈しています。

言い直せば先週の長期金利低下は悪い金利低下ではなく良い金利低下なのです。

港湾の積み下ろし作業の遅延にもかかわらず小売業者は在庫確保に成功

先週相次いで発表された小売各社の第3四半期決算ではクリスマス商戦期間に向けて仕入れがどうなっている? という点にアナリストたちの質問が集中しました。

結論を言えば、各社とも商品の仕入れは完了しており、サプライチェーンの乱れによる在庫戦略への悪影響を訴える業者は少なかったです。

むしろ逆に小売各社の現在の在庫水準は例年より高くなっています。

それは商品が無いことが原因の売り上げ不振が発生するリスクが低いことを示唆しています。

まとめ

先週の長期金利の低下は悪い兆候ではなくインフレ・リスクの後退を示唆するものです。長期金利の低下は株式バリュエーションにとっては強気材料ですので、ここは慌てることなく強気の姿勢を堅持すべきだと思います。

外国株式口座開設外国株式お取引

著者

広瀬 隆雄(ひろせたかお)

コンテクスチュアル・インベストメンツLLC マネージング・ディレクター

グローバル投資に精通している米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍中。
1982年 慶応大学法学部政治学科卒業。 三洋証券、SGウォーバーグ証券(現UBS証券)を経て、2003年からハンブレクト&クィスト証券(現JPモルガン証券)に在籍。

広瀬 隆雄

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

  • 【新トレーディングツールHYPER SBI 2】先行利用者を募集します

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.