SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-10-17 18:04:35

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 > 米国の経済再開 うつむき加減な側面も 新学期セールの結果次第ではテーパーリングの開始遅延も

米国の経済再開 うつむき加減な側面も 新学期セールの結果次第ではテーパーリングの開始遅延も

米国の経済再開 うつむき加減な側面も 新学期セールの結果次第ではテーパーリングの開始遅延も

2021/7/12

1経済再開は好調だが

米国はいま経済再開の真っ最中です。全体としては順調です。一例として先月の連邦準備制度理事会(FOMC)で18名のFRBメンバーが示した今年のGDP成長のコンセンサスは+7%となっています。これは足下の景気にFRBメンバーが自信を持っていることをあらわしています。

7月2日に発表された非農業部門雇用者数も85万人と事前予想の70万人を上回りました。レストランをはじめとするサービス業の雇用が強かったです。

1債券市場は別のストーリーを語りかけてきている

これらの好材料とウラハラに、市場が我々に語りかけてくるのは、うつむき加減なストーリーです。

一例として10年債利回りはFOMCのあった6月16日に1.58%だったのが、現在は1.28%まで下がっています。このように債券利回りが低下しているということは、債券価格は逆に上昇している、つまり債券が買われていることを意味します。

普通、債券は景気が悪くなると市場参加者が予想しているとき人気化します。上に述べた力強い経済再開の様子に照らすと違和感を禁じ得ません。

いま10年債利回りから2年債利回りを引き算した「差」を示すと、下のチャートのようになります。

現在の数値は1.11です。5月12日に1.53をつけたのがピークで、それ以降下落に転じています。

普通、10年債利回り−2年債利回りが「0」以下になるとリセッション(景気後退)が到来するシグナルとなります。今はまだそれには遠いですが、これまでの上昇トレンドが過去の景気拡大局面のピークよりずっと低い位置で止まってしまい、反落し始めていることが読み取れます。

それは何を意味するか? と言えば、景気は皆が騒ぐほど強くなく、FRBはテーパーリングを開始するにあたって慎重に事を運び、もし景気が弱々しいようならテーパーリングを見合わせるべきなのです。

3なぜ景気は思ったより強くない?

なぜ景気は思ったより強くないのでしょうか? その一因は新型コロナワクチンの接種が、国民の55%が注射を終えた段階で足踏みしており、捗らなくなってしまったことにあります。南部の州を中心にワクチン接種を嫌がる市民も多く、集団免疫の達成がおぼつかなくなっています。

そのことは米国経済が100%の力を発揮できないことを意味し、80%くらいの、不完全燃焼的な経済再開にならざるを得ないことを示唆しています。健康に対する不安が完全に払しょくされない以上、消費者のキモチは完全に晴れることはありません。

もうひとつ懸念すべき現象として社員が会社に戻りたがらないということも報告されています。去年、外出禁止令が出て在宅勤務を余儀なくされたわけですが、そのとき「家から仕事しても何とか回る」ということがわかったので、わざわざ出社したくないと考える社員が増えたのです。

社員証カードの入館データを管理しているセキュリティー会社の集計によるとマンハッタンの企業に勤める社員の4割弱しか会社に戻って来てないそうです。

社員が会社に出てこないもうひとつの理由は今夏休みで子供が家に居るということが関係しています。子供を預かる施設が足らないなどの理由で、家を空けて働きに出られない親も居るわけです。

ちなみに米国の小中学校は去年の新型コロナ以降、ずっとホーム・スクーリングに切り替えているところが多く、学校での授業再開は米国の新学期である8月下旬から9月になります。

アメリカの家庭は、この新学期の前に子供の洋服や文房具を買うことが多いです。いわゆる新学期セールが7月半ばから始まります。その様子を観察すれば、学校再開とともに米国経済が力強く成長するのか、それとも予想外に元気のない展開になるのかをある程度占うことが出来るはずです。

いずれにせよ8月下旬にワイオミング州ジャクソンホールで開催されるFRBの経済シンポジウムでテーパーリング、すなわち債券買い入れプログラムの縮小が発表されるというシナリオが、ここへきてやや不透明になっていることに留意する必要があると思います。

外国株式口座開設外国株式お取引

著者

広瀬 隆雄(ひろせたかお)

コンテクスチュアル・インベストメンツLLC マネージング・ディレクター

グローバル投資に精通している米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍中。
1982年 慶応大学法学部政治学科卒業。 三洋証券、SGウォーバーグ証券(現UBS証券)を経て、2003年からハンブレクト&クィスト証券(現JPモルガン証券)に在籍。

広瀬 隆雄

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

  • 現物取引をされている方必見!信用取引デビュー&おかえりキャンペーン

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.