SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-12-01 19:07:08

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 > 新型コロナワクチンが承認されても長期金利は急騰していない

新型コロナワクチンが承認されても長期金利は急騰していない

新型コロナワクチンが承認されても
長期金利は急騰していない

2020/12/14

1新型コロナワクチンの承認が目前に迫っている

米国食品医薬品局(FDA)は先日「ファイザーのワクチンは承認に必要な要件をすべてクリアしている」と発表しました。

これを受けて12月10日、医学界の識者たちに新型コロナワクチンのデータを吟味してもらい、その内容を討議する会合を持ちます(レポート執筆時)。政府機関の関係者だけでなく第三者の意見も聞いたうえでワクチンを承認するかどうか慎重に検討するわけです。

すでに英国やカナダでは同じワクチンが承認されていることからアメリカもこのワクチンを承認することは確実視されています(レポート執筆時)。

2長期金利は余り動いていない

ワクチンが承認されると景気に対する楽観的な見方が台頭し長期金利が上昇するのでは? という観測がありました。しかし10年債利回りの動きは落ち着いています。これは私にとってやや意外な展開でした。

このことは株式バリュエーション、とりわけグロース株にとってはホッと胸を撫で下ろす展開です。

なぜならべらぼうに高いバリュエーションで取引されているグロース株ほど、突発的な金利上昇に脆いからです。

長期金利が急騰してないのは景気暗転のため

新型コロナワクチンが承認されることが濃厚になっているにもかかわらず長期金利が急騰していない理由は現在米国で新型コロナが再び猛威を振るっており1日の死者数が初めて3000人を突破したことによります。

ワクチンが承認されても一般庶民にそれが回ってくるのは2021年の5月頃になると言われています。

その間にもう一度景気は暗転することが懸念されています。

実際、そのようなスローダウンは既に非農業部門雇用者数などにも表れています。

全員参加型の相場に

長期金利が低位で安定しているということになると最近循環物色で矛先が向かっている景気循環株に加えて近年の相場を牽引してきたグロース株ももう一度見直される可能性があります。つまり「全員参加型の相場」になる可能性があるわけです。12月と1月は季節的に米国株式が堅調であることが知られていることもあり目先はマーケットに対して強気のスタンスを崩すべきでないと思います。

3連邦公開市場委員会

12月15・16日に開催される次の連邦公開市場委員会(FOMC)では、現在、連邦準備制度理事会(FRB)が実施している毎月1200億ドルのペースでの資産買い入れプログラムを手直しする必要があるか討議されます。

FRBは今後の資産買い入れプログラムの変更を経済指標とリンクさせることを検討中です。

FOMC参加メンバーの多くがそろそろ市場に対して資産買い入れプログラムの変更に関するガイダンスを出した方がいいと感じています。

その反面、FRBは9月に政策金利決定フレームワークの手直しを行ったばかりです。

そこでは「インフレ率が瞬間風速で2%を超えても鷹揚に構え、慌てて利上げはしない。一定の期間を通じて、インフレ率が大体2%に収まれば良い。」という新しい、リラックスした考え方が打ち出されました。

この新しい政策金利決定フレームワークと、いま問題になっている資産買い入れプログラムの手直しに関する市場へのコミュニケーションは首尾一貫したものでなければなりません。

FOMCメンバーの中には、足下の経済の見通しがとても不透明なので、いまの段階で変更を発表するべきでないという考え方の人も居ます。

州政府や中小企業に対する一連の緊急融資プログラムは年内で終了します。だからFRBは市場に対するメッセージを改変しないほうがいいという意見もあります。

今後の選択肢として:

現在FRBが購入している債券のデュレーションをもっと長くする
債券買い入れプログラムの規模自体を拡大する
期間延長をハッキリと市場にコミュニケートする

などが検討されています。

いずれにせよ今回のFOMCでの基本メッセージは「とうぶん緩和的スタンスを維持します」というものになると思われます。

まとめ

長期金利が上昇していないことは株式の投資家にとって嬉しいサプライズです。12月・1月は例年、株式市場が堅調な時期として知られています。12月15・16日に開催されるFOMCでもFRBは緩和スタンスを維持すると見られるため今は株式に対し積極姿勢を堅持すべきだと思います。

外国株式口座開設外国株式お取引

著者

広瀬 隆雄(ひろせたかお)

コンテクスチュアル・インベストメンツLLC マネージング・ディレクター

グローバル投資に精通している米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍中。
1982年 慶応大学法学部政治学科卒業。 三洋証券、SGウォーバーグ証券(現UBS証券)を経て、2003年からハンブレクト&クィスト証券(現JPモルガン証券)に在籍。

広瀬 隆雄

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。

お客様サイトへログイン

  • オンラインセミナー
  • 不動産STO

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.