SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-01-25 22:51:01

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 > 今年のクリスマス商戦は「デジタル・クリスマス」にならざるを得ない

今年のクリスマス商戦は「デジタル・クリスマス」にならざるを得ない

今年のクリスマス商戦は「デジタル・クリスマス」にならざるを得ない

2020/11/25

1クリスマス商戦期間が到来

今週の木曜日はサンクスギビング・デー(感謝祭)です。その翌日の金曜日からクリスマス・イヴまでの期間をアメリカではクリスマス商戦期間と言います。例年、クリスマス商戦期間は1年間で一番小売店がたくさん売上げる時期であり、たいへん重要です。

ブラックフライデーは例年と違う様相に

特にサンクスギビング・デーの翌日の金曜日はブラックフライデーと呼ばれています。これは年初来ずっと赤字で操業してきた小売店が初めて通年ベースで黒字化する日であることからそのような名前がついています。

普通、ブラックフライデーにはドア・バスター(扉を蹴破って来店客がお店に殺到すること)と呼ばれる特売が行われます。年々、ドア・バスターの特売はエスカレートし、来店客で混雑する店内で死傷事故が起きたこともありました。

しかし今年は新型コロナでブラックフライデーは例年とはぜんぜん違う様子になることが予想されています。具体的には「三密」を避けるためにドア・バスターの特売をネットだけにしてしまう小売店も出ているのです。新型コロナを契機としてブラックフライデーの慣習そのものがなくなってしまうと予想するアナリストも居ます。

ブラックフライデーの週末の翌月曜日は近年、サイバー・マンデーと呼ばれ、ネット通販の特売が行われてきました。しかし今年はブラックフライデーの特売そのものをネットに移してしまう業者が相次いでいるのでサイバー・マンデーとの区別があいまいになることが予想されます。

いずれにせよ実店舗での販売の大部分が新型コロナでネットに移ってしまうと予想されるのでショッピングモールは閑散、一方、宅配の業者は大忙しとなると予想されています。

2消費者の懐具合

春に新型コロナで全米の多くの州が外出禁止令を出した際、失業した労働者を支援するために議会が景気刺激法案(CARES ACT)を成立させました。それに基づいて裕福層を除く国民ひとりひとりに13万円の見舞金が配られたとともに失業者に対しては通常の失業保険に上乗せするかたちで毎週6万円、一カ月で24万円の支援金が配られました。このため失業している人のほうが銀行の小切手口座の残高は働いている人より早いペースで現金が積み上がるという現象が起きました。下のチャートの6月、7月あたりを見ると失業者(青)のほうが小切手口座残高が高くなっていることがわかります。

米国民全体の貯蓄率自体もピーク時には33.6%に達しました。

つまり米国民は新型コロナで外出できなくなった機会に倹約につとめ貯金をしたのです。

新型コロナが再び猛威を振るい景気はダブルディップへ

いま政府からの支援金が切れて新型コロナの第三波が全米を襲っている関係でまたまたアメリカの景気は暗転する兆候を見せています。すでにクレジットカードの利用状況などのリアルタイム・データは消費者が不活発になっていることを示唆しています。

それにもかかわらず、今年のクリスマス商戦がそれなりに良い売上を記録すると予想されている理由は上に述べた貯金があるからです。

3まとめ

まとめると今年のクリスマス商戦は新型コロナを避けて「デジタル・クリスマス」にならざるを得ないと思います。そしてネット通販各社は空前の売上を上げることが予想されます。

しかしその一方で新型コロナワクチンの承認が近いとあって、それが承認されたあかつきには、市民は大挙して街に出ることが予想され、来年のネット通販各社の業績は、なまじ今年が良すぎた関係で前年比較がとても苦しくなることが予想されます。

外国株式口座開設外国株式お取引

著者

広瀬 隆雄(ひろせたかお)

コンテクスチュアル・インベストメンツLLC マネージング・ディレクター

グローバル投資に精通している米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍中。
1982年 慶応大学法学部政治学科卒業。 三洋証券、SGウォーバーグ証券(現UBS証券)を経て、2003年からハンブレクト&クィスト証券(現JPモルガン証券)に在籍。

広瀬 隆雄

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 1日の約定代金最大300万円まで手数料0円!これぞ業界NO.1!(2020/10/1〜)
  • SBI証券の3つの無料化
  • 条件達成でプレミアムニュースを無料で体験!?

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.