SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2020-08-04 02:34:48

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 > 大統領選挙まであと三ヵ月 過去の経験則を整理

大統領選挙まであと三ヵ月 過去の経験則を整理

大統領選挙まであと三ヵ月
過去の経験則を整理

2020/7/28

1大統領選挙まであと三ヵ月

今年の大統領選挙の本投票は11月3日です。すると8月3日が「残り90日」のカウントダウンが始まる日ということになります。

最後の90日の相場と大統領選挙

過去の経験則では大統領選挙までの最後の90日の期間でS&P500が下落すると現職大統領が敗北し、上昇すると現職大統領が勝つと言われています。

このことは1944年以降の大統領選挙の年のS&P500のパフォーマンスを示したチャートでも確認できます。現職大統領が敗北するシナリオ(灰色)では、8月に相場が天井を付け、10月まで下落していることがわかります。

もちろん今年がどうなるか? は未だわかりません。しかし形勢としてはトランプ大統領が不利だと思います。

2不況で勝った現職大統領はいない

その理由なのですが、大統領の任期の最後の2年で米国経済が不況に陥った場合、現職大統領で再選された人は過去にいないのです。

つまり有権者は「不景気は大統領のせいだ!」と考えるわけです。

今年の場合6月9日に全米経済研究所(NBER)が「アメリカは2月からリセッションに入った」と宣言しています。

NBERは超党派・非営利の研究機関でアメリカ経済が正式にリセッション入りしたかどうかを判定する組織です。

NBERは2020年2月が景気拡大のピークだったと判定する根拠として、雇用、生産をはじめとする幅広い景気指標を利用しました。そして新型コロナウイルスで自宅待機になった労働者は実際には働いてないにもかかわらずお給料は振り込まれていた等、特殊事情も判定の際に考慮に入れました。

なおNBERがリセッションと呼ぶ場合、経済活動が数か月下落することが大前提となります。しかしリセッションと判定する際には、たんに期間だけではなく、どのくらい急激に経済活動が緊縮したか?というような要因も考慮します。今回は2月に景気がピークをつけて未だ日が浅いのですが、それでも「リセッション入りした」と判定した理由は経済活動の緊縮がとりわけ急激だったからです。

有権者投票意向調査

実際、有権者投票意向調査の結果を見てもトランプ大統領は形勢不利です。

大統領選挙の結果を予測する賭け事(ベッティング)のサイトでも民主党のバイデン候補が勝つというシナリオに賭ける人が増えています。

3マーケットは悪いニュースをいち早く織り込む

さて、投資戦略なのですがマーケットは悪いニュースをいち早く織り込む習性があります。するともし今年トランプ大統領が負けるのであれば株式市場は9月・10月頃にギクシャクすることが予想されます。

言い直せば「今年、いちばん危ない局面が来る」というわけです。

逆にもしここからトランプ大統領が人気を盛り返すことに成功し、再選されるというシナリオになればマーケットは調整せず一本調子で上昇するということが考えられます。

どちらのシナリオになるかに注目したいと思います。

外国株式口座開設外国株式お取引

著者

広瀬 隆雄(ひろせたかお)

コンテクスチュアル・インベストメンツLLC マネージング・ディレクター

グローバル投資に精通している米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍中。
1982年 慶応大学法学部政治学科卒業。 三洋証券、SGウォーバーグ証券(現UBS証券)を経て、2003年からハンブレクト&クィスト証券(現JPモルガン証券)に在籍。

広瀬 隆雄

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBI証券の3つの無料化
  • FX 勝負の低スプレッド!
  • 条件達成でプレミアムニュースを無料で体験!?

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.