SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2020-07-04 18:22:30

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 > イールドカーブ・コントロールは必要?

イールドカーブ・コントロールは必要?

イールドカーブ・コントロールは
必要?

2020/6/23

1連邦公開市場委員会でも話題になったイールドカーブ・コントロール

6月10日に終了した連邦公開市場委員会(FOMC)では現行の政策金利0〜0.25%が維持されました。量的緩和政策に関しても変更はありませんでした。

今回のFOMC記者会見では長期での金利政策のイメージをどう市場参加者に伝達するか? というフォーワード・ガイダンスの在り方、ひいてはイールドカーブ・コントロールに関してFOMCメンバーが協議したことが説明されました。

そこでイールドカーブ・コントロールについて今日は少し説明したいと思います。

2イールドカーブとは?

イールドカーブとは利回り曲線を指し、債券の利回りを償還期限の長さに応じて、短いものから長いものへとずらりと横一線にならべ、その利回りの点を線でつなげたものです。

下は米国財務省証券(トレジャリー)の利回り曲線です。チャートの左端は3ヵ月物、つまり短期債で、そこから画面の右側へ行くほどデュレーションの長い債券を配置しています。

過去のイールドカーブをずっと並べてゆくと立体的な曲面が出来ます。それが下のグラフです。

イールドカーブ・コントロールとは?

イールドカーブ・コントロールとはこの山の高さを米国連邦準備制度理事会(FRB)が直接市場で米国債を購入することで調整しようとするオペを指します。

いま仮にFRBが「向こう2年間に渡って現行の政策金利0〜0.25%は動かしません!」と言ったケースを考えてください。その場合、もし2年債の利回りが1%だったとしたら市場参加者はFRBの言っていることをちゃんと聞いていないことを意味します。なぜなら2年後の政策金利も今と同じ0〜0.25%なのだから市場参加者が織り込んでいる利回りが1%なら、それは利回りが高すぎるからです。

この場合、FRBは言葉で市場参加者を説得しようとするのではなく、自ら市場で2年債を買いまくり、力づくに2年債の利回りを0.25%の水準まで持って行くことも出来るわけです。このような「有言実行」がイールドカーブ・コントロールなのです。

そのように聞くとイールドカーブ・コントロールは強引かつコストのかかるプログラムのように思われます。しかし実際にはイールドカーブ・コントロールは効果絶大であるばかりか、結局「安上がり」につくことが知られています。

その理由はFRBが本気で市場介入に乗り出すのであれば民間の金融機関や投資家がそれに逆らって相場を張ったところで中央銀行に勝てるわけがないので、皆、戦うまでもなくFRBにひれ伏してしまうからです。

3現在のところイールドカーブ・コントロールは必要ない

さて、もう一度上の現在のイールドカーブのチャートを見て頂きたいのですが、現在、3年物の金利も0.25%以下に収まっています。

FRBが「とうぶん現行の金利を動かす考えは無い」と主張したとき、せいぜいそれは2から3年先のことを言っています。すると市場は既にFRBの意を汲んで3年先の金利も十分低くなっているわけです。

すでにFRBが演出したい金利構造が市場で実現されている以上、いまFRBが動く必要はありません。

外国株式口座開設外国株式お取引

著者

広瀬 隆雄(ひろせたかお)

コンテクスチュアル・インベストメンツLLC マネージング・ディレクター

グローバル投資に精通している米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍中。
1982年 慶応大学法学部政治学科卒業。 三洋証券、SGウォーバーグ証券(現UBS証券)を経て、2003年からハンブレクト&クィスト証券(現JPモルガン証券)に在籍。

広瀬 隆雄

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBI証券の3つの無料化
  • FX 勝負の低スプレッド!
  • 条件達成でプレミアムニュースを無料で体験!?

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.