SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-12-01 18:45:18

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 > FOMCの結果と今後の政策金利の予想

FOMCの結果と今後の政策金利の予想

FOMCの結果と今後の政策金利の予想

2019/12/13

12月11日(水)、今年最後の連邦公開市場委員会(FOMC)が閉幕しました。そこで今日はFOMCの結果と今後の政策金利の予想について書きます。

広瀬の着眼点

1   FOMC

3   まとめ

1FOMC

まずFOMCですが現行の政策金利1.75%が維持されました。米国経済の現況に関しては、とても満足していることがシグナルされました。

連邦準備制度理事会は7・9・10月の3回のFOMCでそれぞれ0.25%利下げし、前回のFOMCの際に「利下げは打ち止めにする」というシグナルを出しました。それが出たばかりなので今回は大方の市場参加者が政策金利は現行のままで維持されるだろうと予想していました。そしてFOMCの結果もそれに一致するものでした。

声明文の中からは「経済の先行きに関する不確実性が残っている」という文言だけが削除されました。

FRBは量的引締め政策を続けていたのですが、これは7月に利下げの方針を打ち出した時に量的引締め政策をストップすることが発表され、現在、FRBのバランスシートは4兆ドルの規模を維持しています。

9月に起きた短期市場における金融ひっ迫感を是正するため、FRBは10月に600億ドル相当の短期トレジャリー・ビルを購入しました。なおこれはFRBの金融政策がきちんと米国の政策金利であるフェデラルファンズ・レートに反映されることを保証するための措置であり、新たな量的緩和政策(QE)ではありませんし、600億ドル相当の短期トレジャリー・ビルの購入はマクロ経済に対して与える影響はゼロだとFRBでは考えています。

21995年との類似点、相違点

さて、今回の記者会見でもパウエル議長は再び1995年の金利政策と現在の手綱さばきが似ている点に言及しました。

しかしこれまでのFOMC記者会見と今回の相違点として「なるほど現在の政策金利の手綱さばきは95年と似ている。しかし政策金利を現行のままで維持する期間は、ひょっとすると今回の方が長いかもしれない」と語り、95年、98年のケースでは結局、その後、利上げしたのと違うシナリオになるかもしれない可能性を示唆しました。

このコメントを市場参加者は好感しています。

今回のほうが政策金利を現行のまま据え置く期間が長くなるかもしれない理由として「今回は構造的に低インフレがガッチリと定着してしまっている。だから今回の方が利上げの緊急性は低い」ことが挙げられました。

ちなみに95年は株式を買うタイミングとしては絶好でした。

3まとめ

今年最後のFOMCはノー・サプライズでした。政策金利は現行の1.75%のままでとうぶん据え置かれるということが繰り返し説明されました。これは株式市場にとってプラスだと思います。1995年との類似性に関してですが、1995年は株式を買うのに絶好のタイミングでした。

今回もそうなるかもしれません。

外国株式口座開設外国株式お取引

著者

広瀬 隆雄(ひろせたかお)

コンテクスチュアル・インベストメンツLLC マネージング・ディレクター

グローバル投資に精通している米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍中。
1982年 慶応大学法学部政治学科卒業。 三洋証券、SGウォーバーグ証券(現UBS証券)を経て、2003年からハンブレクト&クィスト証券(現JPモルガン証券)に在籍。

広瀬 隆雄

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。

お客様サイトへログイン

  • オンラインセミナー
  • 不動産STO

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.