SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-21 10:37:12

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 > 今月末の連邦公開市場委員会でいよいよ利下げ局面が始まる

今月末の連邦公開市場委員会でいよいよ利下げ局面が始まる

今月末の連邦公開市場委員会でいよいよ利下げ局面が始まる

2019/7/29

7月30・31日の両日に渡りワシントンDCで米国の政策金利を討議する連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されます。
本日は米国のマーケット環境について3つの着眼点からご説明いたします。

1FOMCの予想

7月30・31日の両日に渡りワシントンDCで米国の政策金利を討議する連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されます。

米国の政策金利はフェデラルファンズ・レート(略してFFレート)です。現行のFFレートは2.5%です。

今回のミーティングでは0.25%の利下げによりFFレートが2.25%になると市場参加者の多くが予想しています。

FFレートには先物があり、それはデリバティブ取引所CMEに上場されています。その取引価格から逆算し、市場関係者がどのくらいの確率で利下げを織り込んでいるのかを計算する方法があります。下のチャートがそれです。

これを見ると直近(2019年7月25日)では78.6%の確率でFFレートが2.25%になることが織り込まれていることがわかります。

これはかなり強いコンセンサスだと言えるでしょう。

「予防は治療に勝る」
このように市場参加者の多くが0.25%の利下げを予想している最大の理由は、前回のFOMCでジェローム・パウエル議長が「予防は治療に勝る」と語り、経済が悪くなる前に機先を制するカタチで利下げに踏み切ることをほのめかしたからです。

この場合、予防の意味を込めた利下げなのだから、利下げ幅は0.25%でじゅうぶんだという考えが投資家の間にあるのです。

2慌てているオーラを出さないよう気をつける必要がある

もし一気に0.50%、あるいは1.00%利下げしなければいけないようなケースでは、それはもう予防ではありません。その場合、連邦準備制度理事会(FRB)が慌てているという印象を投資家に与えてしまうリスクがあります。

従って、0.25%という小さな利下げ幅の方が0.50%より好感されると思います。

実際、過去の利下げ局面を見ると今回と同じ「予防的な利下げ」だった1995年のケースが0.25%刻みでした。そのときの株式市場のパフォーマンスは良かったです。

これに対して、それ以外の利下げ局面では「つるべ落とし」に政策金利が下がっているのが上のチャートから読み取れます。

1990年、2000年、2007年のケースでは、いずれも株式市場は急落しました。だからザックリした利下げは、かえって株式市場にとってはマイナスだということを覚えておいてください。

2ソフトランディング→再加速がメインシナリオ

1995年のケースに戻ると、あのときは政策金利が6%から5.25%まで下がりました。つまり利下げ幅は極めて小さかったのです。その後、米国の経済はいわゆるソフトランディングし、再び勢いづきました。

米国経済の現状を見ると、景気にはそれほどかげりは見えていません。中国や欧州はスローダウンが著しいけれど、それはアメリカには未だ波及していないのです。

したがって今予防的な利下げを行えば、景気は短い調整の後、再び勢いを取り戻す可能性が高いと思います。

外国株式口座開設外国株式お取引

著者

広瀬 隆雄(ひろせたかお)

コンテクスチュアル・インベストメンツLLC マネージング・ディレクター

グローバル投資に精通している米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍中。
1982年 慶応大学法学部政治学科卒業。 三洋証券、SGウォーバーグ証券(現UBS証券)を経て、2003年からハンブレクト&クィスト証券(現JPモルガン証券)に在籍。

広瀬 隆雄

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • NYダウ取引はくりっく株365!
  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.