SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-21 02:22:51

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 >  利下げと株式市場

利下げと株式市場

利下げと株式市場

2019/6/28

本日は利下げと株式市場について3つの着眼点からご説明いたします。

1連邦公開市場委員会で次回の利下げが示唆された

6月19日に終了した連邦公開市場委員会(FOMC)では政策金利の変更はありませんでした。しかし次回の会合で利下げされることが強く示唆されました。

連邦公開市場委員会はアメリカの政策金利であるフェデラルファンズ・レートをどうする? ということをメンバーが討議する会合です。1年に8回開催されます。

現在のフェデラルファンズ・レート(略してFFレートと呼ばれます)は2.5%です。

次回(7月30・31日)のミーティングで利下げすることは、ジェローム・パウエルFRB議長から次のような方法でマーケットに対してシグナルされました。

すなわちパウエル議長は「予防は治療に勝るAn ounce of prevention is worth
a pound of cure.」とコメントしたのです。

1オンスは28.35グラムです。1ポンドは453.6グラムです。するとポンドはグラムの16倍ということになります。だから早めに予防のために利下げすれば、後で苦労しなくて済むということを言っているのです。

FRB議長が記者会見でこのようなコメントをすることは異例です。そのことからも市場関係者はパウエル議長が次のFOMCで利下げに踏み切ることに強い決意を持っていると感じ取りました。

2利下げと株式市場

私が常日頃繰り返し言っているように市中金利と株式バリュエーションはシーソーの関係にあります。つまり金利が下がると株式は上昇するのです。

この一般原則は大体のケースにあてはまるのだけれど、唯一、例外があります。

それは長期に渡る景気拡大局面の後、最初の利下げが行われた場合に限って「利下げは買いとは限らない!」のです。

実際、前回そのような利下げがあったのはリーマンショックの前の2007年ですがそのときの初回の利下げで買い出動すれば損していたはずです。

同様にドットコムバブルが崩壊した2000年の利下げのときも初回の利下げで買い出動したら損していました。

なぜ「利下げは買い!」という法則があてはまらないのでしょうか? それは景気の暗転が中央銀行や投資家が予期していたより遥かに急速かつ深刻な場合、一回の利下げでそれを立て直すことは無理だからです。

しかし予防的に利下げしたことが功を奏して景気がすぐに調子を取り戻し、ほどなく景気拡大が再開された例もあります。それは1995年のときの利下げです。あのときは今回同様、予防的にFRBが利下げしました。

2利下げ幅に注目

1995年の利下げでは、毎回0.25%刻みで、合計3回の利下げが実施され、その後、景気は調子を取り戻しました。

これと対照的に2000年と2007年は0.50%ないしはそれより大きな利下げ幅で、慌てた利下げが繰り返されました。そのような大胆な利下げも景気を救うことは出来なかったのです。

さて、来る7月のFOMCでは上に述べたような理由から利下げ幅に注目して頂きたいと思います。もし0.25%なら整然としたペースで粛々と予防的利下げが行われていると判断して良いでしょう。

もし0.50%なら(すこし慌てているな)と考えて間違いありません。

その場合は「FRBが後手に回っている!」という批判が市場参加者から噴出することも覚悟する必要があります。

これは株のみならず住宅価格や絵画のオークションにも当てはまることですが、およそ資産価格というものは投資家のコンフィデンス、すなわち信頼感に左右されます。何かの拍子に信頼感が失われると、投資家は浮足立つのです。

それを防ぐためにもFRBはハチャメチャな挙動を取らず、粛々とあらかじめ市場に対してコミュニケーションした自分の意図を行動に移して行くことが望ましいです。

外国株式口座開設外国株式お取引

著者

広瀬 隆雄(ひろせたかお)

コンテクスチュアル・インベストメンツLLC マネージング・ディレクター

グローバル投資に精通している米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍中。
1982年 慶応大学法学部政治学科卒業。 三洋証券、SGウォーバーグ証券(現UBS証券)を経て、2003年からハンブレクト&クィスト証券(現JPモルガン証券)に在籍。

広瀬 隆雄

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • NYダウ取引はくりっく株365!
  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.