SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-26 12:50:03

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 >  長短金利差「0」でマーケットや経済はどうなる?

長短金利差「0」でマーケットや経済はどうなる?

長短金利差「0」でマーケットや経済はどうなる?

2019/3/26

先週、米国の10年債利回りから三ヵ月物Tビル利回りを引き算した差が「0」以下になりました。普通、このように長短金利差が「0」以下になったときはリセッション(景気後退)の前兆だと言われます。
そこで今日はこの問題について解説します。

広瀬の着眼点

1利回りについて

一般に債券にはクーポンがあり、金利が付いています。つまり投資家から資金を預かる代わりに利子を払うわけです。通常なら償還期限が短い債券ほど利回りは低く、償還期限が長い債券ほど利回りが高いです。

しかし投資家が長期に渡ってインフレは低いと判断し、さらに(今のうちに安心な長期債を買うことで利回りを確保しておこう)と考えた場合、長期債の人気が高まりそれが高値まで買い進まれ、その結果として利回りが低下するという現象が起こる場合があります。

現在がまさしくそのような状態です。

みなさんに理解して頂きたいことは「債券価格が上昇すればするほど債券利回りは低下する」ということです。

2現在の状況

余りに長期債にばかり投資家の買いが集中したことで、長期債の利回りと短期債の利回りは全く同一になってしまいました。

下は米国の10年債利回りから三ヵ月物Tビル利回りを引き算した差のチャートです。

3月22日に10年債利回り−三ヵ月物Tビル利回りが−0.013になりました。

<過去の経験則>
そこで過去にこれがマイナスになった例を見ると、

という感じでした。なお1998年は一瞬金利差がマイナスになった後で持ち直し、再び2000年7月にマイナスに転じています。

従って1998年9月を基準に考えると株式のピークは23か月後、景気後退入りは30か月後ということになりますが、2000年7月を基準に考えると株式のピークは1か月後、景気後退入りは8か月後でした。

2見極めが必要

いずれにせよ今は10年債利回り−三ヵ月物Tビル利回りがしっかりマイナス圏にとどまり続けるかどうかを見届ける必要があるように思います。また1998年のように「瞬間風速」でマイナスになったけど、すぐプラスに戻る可能性もあるからです。

<株は「即、売り!」とは限らない>
もうひとつの考察として金利差がマイナスになったからといって、すぐ「株は売り!」にはなってないという点に注目したいと思います。言い換えればかなり長いリードタイムがあるということです。

外国株式口座開設外国株式お取引

著者

広瀬 隆雄(ひろせたかお)

コンテクスチュアル・インベストメンツLLC マネージング・ディレクター

グローバル投資に精通している米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍中。
1982年 慶応大学法学部政治学科卒業。 三洋証券、SGウォーバーグ証券(現UBS証券)を経て、2003年からハンブレクト&クィスト証券(現JPモルガン証券)に在籍。

広瀬 隆雄

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.