SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-18 08:20:45

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 >  ディフェンシブ株とシクリカル株

ディフェンシブ株とシクリカル株

ディフェンシブ株とシクリカル株

2019/2/13

みなさんはディフェンシブ株とかシクリカル株という言葉を聞いたことがあると思います。
今日はこれらについて書きたいと思います。

1ディフェンシブ株とシクリカル株

ディフェンシブ株とは「景気後退局面に強い株」を指し、シクリカル株とは「景気に業績が大きく左右される株」をさします。

今日はそれらの株の特徴と、投資するときの注意点などについて論じます。

<ディフェンシブ株>
ディフェンシブ(Defensive)とは「守備の」という意味です。もっと言えば「守りに強い」ということです。するとディフェンシブ株は「守りに強い株」ということになります。それは景気後退局面が到来したとき、比較的業績の悪化が少ないような業種を指します。

具体的にどのようなセクターがディフェンシブ株に相当するかといえば、日用品、食品、飲料、たばこなどになります。この他、電力会社のような公益事業もディフェンシブな性格を備えていると思います。

さて、ディフェンシブ株への投資タイミングですが、(これから景気が悪くなるのでは?)ということが心配される局面にディフェンシブ株に投資するのが良いと一般に考えられています。

<シクリカル株>
シクリカル(Cyclical)とは「サイクルの」という意味です。もっと言えば「景気サイクルに左右される」ということです。
するとシクリカル株は景気後退局面では業績の落ち込みが激しく、逆に景気拡大局面では業績の伸長が著しいです。

具体的にどのようなセクターがシクリカル株に相当するかといえば、鉄鋼、自動車、工業、素材などになります。

さて、シクリカル株への投資タイミングですが、(これから景気が良くなるのでは?)という局面にシクリカル株に投資するのが良いと一般に考えられています。

2ディフェンシブ株のむずかしさ

ディフェンシブ株は業績が景気に左右されにくいので安心感があります。そのような理由で初心者に好まれます。

しかしそんなディフェンシブ株も「ノー・リスク」というわけではありません。

まず日用品、食品、飲料、たばこなどの企業は、ほとんど成長していないケースが多いです。たばこに関しては、年々出荷ボリュームが−4%と下がっており、「緩慢な死」に向けてゆっくりと進んでいるという風にも言えるでしょう。

だから「単にBUY & HOLDしておけば、いつかは必ず儲かる」と考えるのは投資家の傲慢だと思います。

またこのセクターに属する企業の中には海外売上比率が高い企業も散見されます。その場合、為替がちょっとドル高に振れると決算がコンセンサス予想を下回るというケースも多々見られます。

デフレ・プレッシャーがきつい場合、値上げにより成長を達成することが困難になります。実際、スーパーマーケットで販売されることが多いこれらの商品は、近年、ずっと値下げ圧力に晒されてきました。

これらのことを総合すれば、投資家にとってディフェンシブ株が魅力的に映る局面とは、景気が明らかに暗転し、株式市場の急落が懸念されるような局面だけだと言っても過言ではないと思います。

<シクリカル株のむずかしさ>

シクリカル株の中には株価収益率(PER)でとても割安に取引されている銘柄が散見されます。

しかしシクリカル株が割安に取引されている時は、一般にリスクが高い時でもあります。

シクリカル株は一般に損益分岐点が高い企業が多いです。損益分岐点とは、ある一定の売上高以上に売上が伸びれば、それを超えた部分に関しては全部企業の利益になるという境目を指します。

鉄鋼業や自動車産業は巨大な装置を必要とします。そのような装置に対する先行投資が嵩むため、売上高が少ないうちは赤字を垂れ流します。

しかし好況で売上高が伸びる局面で、損益分岐点を超えて売上が伸びた場合は、逆に今度は面白いように儲かるのです。

往々にしてシクリカル株が異常なほど低いPERで取引されているときというのは、そのような利益のピークである場合が多いです。

だから割安だと思って買ったら、ちょっと景気に陰りが見えた拍子に業績が急転直下悪化するということは良くあることです。

その観点から言えば、シクリカル株を買うべき局面とは、その株が一番割安に見えている時では無く、業績がボロボロの時だという風な主張もできるわけです。

しかしシクリカル株の多くは装置産業であり、多大な設備を必要とする関係で、負債も多いです。そのような借金まみれの会社を、赤字を垂れ流している局面で買うのはたいへん勇気が要ります。

このことからも、たんに「シクリカル株は、これから景気が好転しそうなときに買え!」と言われても、「言うは易く行うは難し」で、実際には極めて難易度が高いことがお分かり頂けると思います。

2ポートフォリオの組み方

以上の説明からも分かるとおり単に景気後退局面にディフェンシブ株を買い、景気拡大局面にシクリカル株を買ったところで、まんまと儲けることが出来る保証は無いことがお分かり頂けたと思います。

つまりそれらはいずれも「理論」の話なのであって、実際にやってみるとそんなに簡単には行かないということです。

したがって景気後退局面に他の株を全部売り、すべてをディフェンシブ株にぶち込む、あるいは景気拡大局面に他の株を全部売り、すべてをシクリカル株にぶち込むという極端なやり方は避けるべきでしょう。

とりわけ注意を要するのはディフェンシブ株とシクリカル株に共通する「欠点」としてグロースの要素に欠けるということです。だから悪いタイミングでこれらの銘柄を仕込んだらそのミスを挽回しにくいのです。

<まとめ>
景気に陰りがみえればディフェンシブ株を、景気が強くなりそうであればシクリカル株を買うというのがセオリー通りのやり方になります。

しかしディフェンシブ株やシクリカル株はBUY & HOLDに向きません。

だから買うタイミングはしっかり見極める必要があります。

またポートフォリオをディフェンシブ株一色にするとか、シクリカル株一色にするというやり方は危険極まりないと思います。

ちょっとメリハリをつけてみる程度のキモチでこれらの銘柄に投資するのがいちばん良いと思います。

外国株式口座開設外国株式お取引

著者

広瀬 隆雄(ひろせたかお)

コンテクスチュアル・インベストメンツLLC マネージング・ディレクター

グローバル投資に精通している米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍中。
1982年 慶応大学法学部政治学科卒業。 三洋証券、SGウォーバーグ証券(現UBS証券)を経て、2003年からハンブレクト&クィスト証券(現JPモルガン証券)に在籍。

広瀬 隆雄

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.