SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-10-18 09:48:56

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 >  2018年の投資戦略

2018年の投資戦略

2018年の投資戦略

2017/12/22

今回は今年最後のレポートになります。そこで私が考えている2018年の投資戦略について書きます。

広瀬の着眼点

1   金利

1 金利

私は株式のリターンを決める最も重要な要因は金利であると考えています。

一般に市中金利と株式は競争関係にあります。

もっとわかりやすい言い方をすれば、安全な銀行預金に魅力的な利子がつくのであれば、わざわざリスクを冒してまで株を買う必要など無いということです。

2017年はトランプ大統領が当選したとあって年初、金利が急激に上昇しました。しかしその後10年債利回りは横ばいから、むしろ下がり気味になっています。

これは株式にとって支援的な金利環境であり、そのせいで米国を代表する株価指数であるS&P500指数の株価収益率は17倍台から年末には18.1倍までマルチプル・エクスパンション(=PERが上昇すること)を起こしました。

しかし2018年は税制改革法案の成立により米国の景気が良くなると思われるので、10年債利回りは現在の2.4%台から2.65%くらいまで上昇すると私は見込んでいます。すると2018年は2017年とは逆にマルチプル・コントラクション(=PERが下落すること)が起きるリスクがあるのです。私は2018年のS&P500のPERは17.9倍を見込んでいます。

2 企業収益

2018年のS&P500のコンセンサス一株当たり利益(EPS)は、現在、146.17ドルです。

しかし税制改革法案はEPSを押し上げる効果があるので、たぶん2018年のEPSは148.25前後まで増えると予想します。

すると148.25 × 17.9 = 2,653.7 がS&P500指数のターゲットになるというわけです。これは現在の水準と殆ど変りません。

つまり2018年の米国株式は、今年に比べて、ほぼ横ばいを想定しているのです。

2 セクター戦略

ウォール街のストラテジストのアンケートを見ると、2018年の有望セクターとして金融セクターと工業セクターを挙げるストラテジストが多いです。しかしストラテジストの人気が集中するセクターは例年パフォーマンスが冴えないことを考えると、むしろこれらのセクターは避けるべきかもしれません。

逆にそれらのストラテジストが避けるべきセクターとして挙げたのは、不動産、消費安定、ヘルスケアでした。

これらのストラテジストの意見を見ると、景気が強くなるというシナリオを完全に織り込んでいることがわかります。

私も今回の税制改革法案が米国経済にプラスの影響を与えるという考え方には異存はありません。

しかしその景気浮揚効果は一過性のものであり、2018年後半に行くに従い、米国連邦準備制度理事会(FRB)は利上げのペースを落とす必要すら出てくると予想しています。

そのシナリオでは、むしろウォール街のストラテジストたちが避けている、不動産、消費安定、ヘルスケアなどの方が、パフォーマンスが良くなると思います。

外国株式口座開設外国株式お取引

著者

広瀬 隆雄(ひろせたかお)

コンテクスチュアル・インベストメンツLLC マネージング・ディレクター

グローバル投資に精通している米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍中。
1982年 慶応大学法学部政治学科卒業。 三洋証券、SGウォーバーグ証券(現UBS証券)を経て、2003年からハンブレクト&クィスト証券(現JPモルガン証券)に在籍。

広瀬 隆雄

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBBO-X
  • FIGS

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.