SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-19 18:15:49

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 >  ADR(米国預託証券)を利用し世界に投資しよう!

ADR(米国預託証券)を利用し世界に投資しよう!

ADR(米国預託証券)を利用し世界に投資しよう!

2017/09/15

ADRはAmerican Depositary Receiptの頭文字をとったもので、米国預託証券と訳されます。

1 ADRとは?どんな銘柄がある?

ADRはAmerican Depositary Receiptの頭文字をとったもので、米国預託証券と訳されます。早い話、アメリカの取引所に上場されている、アメリカ以外の国の個別株だと思ってください。取引はドル建てで、米国株とまったく同じ感覚でトレードできます。

具体的に、どんな銘柄が上場されているのでしょうか? 下は代表的なADRのサンプルです。

国名

銘柄名

コード

事業内容

中国

アリババ・グループ

BABA

インターネット関連事業

中国

バイドゥ

BIDU

インターネット関連事業

中国

Cトリップ・ドットコム

CTRP

インターネット関連事業

中国

ニュー・オリエンタル・エデュケーション&テクノロジー

EDU

教育事業

中国

JDドットコム

JD

インターネット関連事業

中国

ウェイボー

WB

インターネット関連事業

中国

ワイワイ

YY

インターネット関連事業

インド

HDFCバンク

HDB

銀行

インド

インフォシス・テクノロジーズ

INFY

アウトソーシング

インド

タタ・モーターズ

TTM

自動車メーカー

インド

ベダンタ

VEDL

鉱業

ブラジル

アムベブ

ABEV

ビール

ブラジル

ブラスケム

BAK

化学

ブラジル

バンコ・ブラデスコ

BBD

銀行

ブラジル

バンコ・サンタンデール・ブラジル

BSBR

銀行

ブラジル

エンブラエル

ERJ

航空機製造

ブラジル

フィブリア・セルロース

FBR

製紙業

メキシコ

グルポ・フィナンシエロ・サンタンデール・メキシコ

BSMX

銀行

南ア

アングロ・ゴールド・アシャンテ

AU

産金会社

南ア

ゴールド・フィールズ

GFI

産金会社

南ア

ハーモニー・ゴールド・マイニング

HMY

産金会社

南ア

サソル

SSL

化学

英国

ディアジオ

DEO

アルコール飲料

英国

スミス&ネヒュー

SNN

医療機器

英国

ユニリーバ

UL

日用品

2 なぜADRを発行する?

さて、中国やインドにも株式市場は存在します。すると上のリストにあるような企業は、なぜわざわざADRをアメリカで発行するのでしょうか?

まずアメリカの投資家は世界で最も大きな運用資産を持っています。したがって多額の資金調達をする場合、本国市場よりアメリカでADRを出したほうが有利です。

つぎに本国の投資家だけでなくアメリカの投資家に自社の株を保有してもらうことで株主の分散を図ることができます。

さらにアメリカに株式を上場することで、取引先企業への信用をUPすることが出来ます。加えて一般消費者への認知度を向上することもできます。さらにアメリカで人材を採用するとき、優秀な人材を採用しやすくなります。

またインターネットのようなセクターでは、アメリカにその業界に詳しい投資家が集中している関係で、アメリカで上場した方が有利な値段で資金調達することができます。

3 投資家がADRに投資するメリット

次に投資家目線でADRに投資するメリットを考えてみましょう。

まずADRを出している企業はその国を代表する優良企業が多いです。

次にADRを出している企業は情報開示が充実しています。

米国でADRを上場し、資金調達する場合は、アメリカの証券取引委員会(SEC)の審査を受ける必要があります。これはハードルが高いだけに、それをクリアした企業には安心感があります。

最後にアメリカで上場すると株主権利の擁護などの点で厳しい注文が付けられます。
今年は米国以外の世界の市場のパフォーマンスが総じて良いです。新興国も好調です。わけても中国のインターネット企業は株式市場における存在感をどんどん増しています。中国のインターネット企業の多くは、中国や香港ではなく、米国に上場しています。

これらのことから、主に中国株に投資している投資家でも、最近は中国本土市場や香港市場に加えて、米国の中国株ADRにも投資せざるを得なくなりつつあります。

インドはモディ政権が経済改革に取り組んでいます。近年はGDP成長率で中国をしのぐ勢いで成長しています。現在のインドの法律では外国の個人投資家が直接インド株に投資することは出来ません。許されているのはETF(上場型投信)かADRのみです。

ブラジルは汚職事件で政治がごたごたし、長期に渡って低迷してきましたが、ようやくティメル大統領の汚職疑惑が鎮静化し、経済改革に集中できる環境が整いました。ティメル政権は大胆な経済改革、民営化プログラムを打ち出しており、株式市場は出直る様相を見せています。

外国株式口座開設外国株式お取引

著者

広瀬 隆雄(ひろせたかお)

コンテクスチュアル・インベストメンツLLC マネージング・ディレクター

グローバル投資に精通している米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍中。
1982年 慶応大学法学部政治学科卒業。 三洋証券、SGウォーバーグ証券(現UBS証券)を経て、2003年からハンブレクト&クィスト証券(現JPモルガン証券)に在籍。

広瀬 隆雄

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • NYダウ取引はくりっく株365!
  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.