SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-17 05:16:22

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 >  モメンタム投資に要求される「強いメンタル」

モメンタム投資に要求される「強いメンタル」

モメンタム投資に要求される
「強いメンタル」

2017/06/30

モメンタム投資とは、現在の株価のトレンドが、今後も継続することを想定した投資手法です。モメンタムとは「勢い」を指します。トレンドとは、「傾向」という意味です。

1 「テクニカル分析の聖書」が説く、トレンドの重要性

アメリカの機関投資家が、「テクニカル分析の聖書」と位置付けている『先物市場のテクニカル分析』(ジョンJ.マーフィー)という本があります。その本は「テクニカル分析で最も大事なことは、トレンドという概念を、しっかりおさえておくことだ」と主張しています。またウォール街の格言に「トレンドはフレンド(ともだち)だ」というのがあります。トレンドが重要な理由は、ひとたびトレンドが形成されると、そのトレンドが崩れるより、継続する確率の方が高いからです。

株式投資はオッズ(確率)のゲームです。それはつまり、勝つこともあれば、負けることもあることを意味します。しかし少しでも「そうなる確率が高い」方へ繰り返し賭けることで、勝率をUPすることができるのです。上に述べたように、トレンドが形成されれば、それが持続する確率の方が高いわけだから、そちらに賭けた方が勝率は良くなります。

2 トレンドラインの引き方と、その信頼性

それではトレンドラインをどう引くか? ということですが、直近の安値①を起点に、次の安値②を直線で結んだものがトレンドラインです。

ここで重要な点は、単に二つの安値を結んだ線だと、その信頼性は低いということです。株価がトレンドラインに近づくことを「トレンドラインを試しに行っている」と表現します。③は、トレンドラインを試しに行き、ちゃんとそこで反発した例です。このように何度もトレンドラインを試し、トレンドラインを死守できた回数が多くなるほど、(そのトレンドラインの信頼性は高くなった)と解釈します。モメンタム投資家は、最低でも二回、トレンドラインを試し、それを死守した銘柄に投資します。そしてトレンドラインを割り込むことが無い限り、その銘柄を持ち続けるのです。

次に「売り時」としては④のようにトレンドラインを割り込んでしまったのを見届けて、そこで売るわけです。

3 モメンタム投資に要求される「強いメンタル」とは?

さて、ここまで書いてくると、読者のみなさんは(なんだ、モメンタム投資って、カンタンだな)と思うでしょう。
そうです。モメンタム投資のコンセプト(概念)自体は、あっけないほどシンプルです。
しかし、実際にモメンタム投資をやると、この「トレンドラインを下に破った瞬間に、売る」ということが、なかなか実行出来ません。
プロはトレンドラインが破られたら、すぐその銘柄から降ります。
これに対して、個人投資家の多くは、この大事な瞬間に迷いが出てしまい、売りタイミングを逃すことが多いです。つまりモメンタム投資にとって最大の敵は、(ま、いいか?)という投資家本人の心の弱さなのです。

アメリカで大きな富を築いた歴代のヘッジファンド・マネージャーには、スティーブン・コーエン、ラジ・ラジャナトナン、ジェフ・ヴィニックなどが居ます。彼らは、いずれもモメンタム投資で成功しました。
彼らは、上の④のような局面では、すぐに持ち株を処分しました。
個人投資家が(ま、いいか?)と迷っている間に、ヘッジファンドから怒涛の売り注文がやってくるのです。
あなたは、そのような圧倒的な売り圧力に立ち向かう愚行を犯していませんか?

よく「メンタル(精神)を鍛える」と言った場合、「売らずに耐える」ことだと勘違いしている人がいます。
それはバリュー投資にはあてはまるかもしれません。しかしモメンタム投資にはあてはまりません。
モメンタム投資は、そもそもトレンドラインに惚れて投資するスタイルなのですから、トレンドラインを割り込んだ株は、「買い理由」を喪失した銘柄に他なりません。
このような局面で、アタマを咄嗟に切り替えて、損切りできる精神力の強さこそがモメンタム投資に要求される、「強いメンタル」なのです。

外国株式口座開設外国株式お取引

著者

広瀬 隆雄(ひろせたかお)

コンテクスチュアル・インベストメンツLLC マネージング・ディレクター

グローバル投資に精通している米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍中。
1982年 慶応大学法学部政治学科卒業。 三洋証券、SGウォーバーグ証券(現UBS証券)を経て、2003年からハンブレクト&クィスト証券(現JPモルガン証券)に在籍。

広瀬 隆雄

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.