SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-21 13:42:15

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 > 【外国株式】2017年の投資戦略

【外国株式】2017年の投資戦略

2016/12/19

2017年の投資戦略

今回は今年最後のレポートになります。そこで私が考えている2017年の投資戦略について書きます。

金利

私は株式のリターンを決める最も重要な要因は金利だと考えています。

一般に市中金利と株式は競争関係にあると言えます。

もっとわかりやすい言い方をすれば、安全な銀行預金に魅力的な利子がつくのであれば、わざわざリスクを冒して株を買う必要などないということです。

アメリカは35年に渡って債券の強気相場が続いてきました。1981年9月に15.41%していた10年債利回りは、2016年7月に1.37%まで下がりました。これは今迄ずっと株式にはフォローの風が吹いていたということを意味します。

しかしドナルド・トランプが大統領に当選してからは債券が売られており、金利は上昇に転じています。現在の10年債利回りは2.59%です。来年、もしこれが3.0%を超えて上昇するならば、35年に渡って続いた長期の金利低下のトレンドが終焉することになります。

金利がだんだん下がっているとき、株式投資をするのはカンタンです。しかし金利上昇局面では株式投資の難易度は各段に上がります。

だから来年はひょっとすると金利上昇というアゲンストの風が吹く中で投資を進めなければいけないということです。

企業業績

もちろん、過去に金利上昇局面でも株が騰がった例は幾らでもあります。ただ、その場合はちゃんと景気が拡大し、それに呼応して企業業績も伸びる必要があるのです。

従って、来年の株価の動きを占う上で、業績がこれまでより一層、重要になります。

来年のS&P500の一株当たり利益(EPS)のコンセンサスは132.69です。

S&P500利益(ドル、ボトムアップ方式、ファクトセットのデータからコンテクスチュアル・インベストメンツが作成)

すると12月16日のS&P500指数の引け値が2,258.07ですから株価収益率(PER)は:

2,258.07 ÷ 132.69 = 17.02

つまり17倍ということになります。過去10年の平均PERは15倍でしたので、この17倍という数字は「割高」と言えます。

そこで気がかりな点がひとつあります。それはトランプ当選以降、急激なドル高に振れているということです。

S&P500指数に採用されている企業の売上高の31%は米国外で発生しています。するとドル高は利益成長を殺ぐ要因になるのです。

とりわけハイテク企業の売上高の58%は海外となっています。

だから2017年のS&P500指数のEPSが、現在の予想数字132.69を下回ってしまうリスクも大きいと思います。

市場はトランプ大統領誕生を好感しているが……

さて、市場参加者はトランプ大統領誕生を好感しています。これは彼が税制改革を公約に掲げているからです。今回の税制改革では裕福層を中心に10年間で5兆ドルもの減税になると言われています。

株式市場の参加者は減税が大好きです。

しかし来年、トランプが大統領に就任した後、議会がまず税制改革に取り組むという保証はありません。もし他の議案が優先されたら、減税は2018年以降までお預けになるリスクもあるのです。

加えてウォール街は共和党大統領を好む傾向がありますが、過去のトラックレコードを見る限り、共和党大統領の1年目のNY市場のパフォーマンスは芳しくありません。

共和党大統領が就任した年のダウ工業株価平均指数(%、『ストックトレーダーズ・アルマナック』のデータからコンテクスチュアル・インベストメンツが作成)

アイゼンハワー大統領以降の共和党大統領の1年目の平均パフォーマンスは−1.2%でした。

比較のために民主党の場合はどうだったか? というと+13.4%となっています。

民主党大統領が就任した年のダウ工業株価平均指数(%、『ストックトレーダーズ・アルマナック』のデータからコンテクスチュアル・インベストメンツが作成)

これらのことから、2017年の米国株式市場は皆が考えているほどカンタンには儲けさせてくれないと思います。

セクター戦略

ただマーケット全体に余り期待が持てないからと言って、どの株を買っても儲からないということではないと思います。

私が考える2017年にオーバーウエイトしたいセクターは:

銀行
素材
工業
消費関連

などです。逆にアンダーウエイトしたいセクターは:

REIT
公共株
テクノロジー
ヘルスケア
消費安定株

です。


今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • NYダウ取引はくりっく株365!
  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.