SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-17 09:58:09

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 > 【外国株式】景気サイクルとセクター・ローテーション

【外国株式】景気サイクルとセクター・ローテーション

2016/12/05

ドナルド・トランプの当選で加速が予想される米国経済

11月8日に実施された米国大統領選挙で共和党のドナルド・トランプが勝ちました。

トランプは手始めに税制改革に取り組むことをシグナルしています。トランプ案が法案として成立すれば、5兆ドルもの減税になると言われています。

これとは別にトランプは1兆ドルに及ぶインフラストラクチャ投資を打ち出しています。

これらの政策は、米国のGDP成長率を加速させる効果があると言われています。

また減税は連邦政府の歳入の減少を招き、信用格付けの下落懸念も手伝って米国財務省証券(=アメリカの国債)の価格は下落、金利は上昇する雲行きになっています。実際、7月を境に米国の10年債利回りは上昇に転じています。

米国10年債利回り(%、セントルイスFRBのデータからコンテクスチュアル・インベストメンツが作成)

このようなことを背景に、とりわけトランプが勝利した11月第2週以降、米国の株式市場では人気のセクターが、それまでの公共株、消費安定株、ネット株などから、工業株、素材株、金融株などへと移りつつあります。
そこで今日は、景気とセクター・ローテーションの概念について説明したいと思います。

セクターの人気は景気と金利に影響される

株式市場でどのセクターが人気になるか? ということは、1)景気の強弱と、2)金利の方向によって大きく影響されることが知られています。

それを図示すると、下のようになります。

景気が弱い時

景気が弱いとき、投資家は「守り」に入ります。その場合、電力会社に代表される公共株は、業績が景気に左右されませんし、配当があるので、ダウンサイド・リスクが少ないと判断されます。だから公共株が人気になります。

同様に食品、飲料、日用品などの消費安定株も不況に強いと考えられていることから、そういう局面では人気化しやすいです。

デフレ局面で好まれる株

ヘルスケアに対する需要は、景気とは全く無関係です。従ってヘルスケア株も選好されます。とりわけデフレの局面では、バイオテクノロジー株のような、製品の価格設定が景気と無関係なセクターが投資家から歓迎されます。

景気が少し上向けば

次に景気が最悪期から徐々に回復に向かう局面では、ハイテク株などに物色の矛先が向かいます。ここ数年の米国の株式市場は、ちょうどそのような局面だったと言えます。

まだ景気全体としては弱々しいため、経済そのものが成長していなくても自分のちからで独自に成長を出してゆける、ネット企業などの成長ストーリーが好まれるわけです。

デフレからインフレに変わる時

さらに景気が強くなると、今度はデフレではなくインフレの圧力がかかりはじめます。そのような局面ではコモディティ価格の上昇により恩恵をこうむるような、素材、工業株などが人気化します。

また景気が強くなる局面では、長短金利差が拡大する傾向が見られ、それは銀行の収益拡大に寄与します。だからこの局面では金融セクターも人気化します。

消費循環株とは、自動車のような高額商品、ジュエリーのような高級品などを指します。景気が良くなっている局面で、そういう商売は繁盛します。

いま投資家がすべきこと

現在の米国株が置かれた状況は、ハイテク株などの人気に陰りが出始め、それよりも画面の少し右側、すなわち金融株、消費循環株、工業株、エネルギー株、素材株などへ物色が移っている局面です。

ですから皆さんがポートフォリオを組み立てる場合、なるべくこれから人気化すると思われるこれらのセクターの銘柄を沢山組み入れることを心掛けてください。


今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.