SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-17 05:40:40

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 > 【外国株式】レイバー・デー明けの米国株式市場を占う

【外国株式】レイバー・デー明けの米国株式市場を占う

2016/09/06

レイバー・デー明けの相場に注目

米国株式市場では「レイバー・デー明けはセンチメントが変わりやすいので気を付けろ!」ということが言われます。

レイバー・デーとは、「労働者の日」の意味で、今年は9月5日(月)です。この日は休日です。

なぜレイバー・デーは重要なのでしょうか?

それはアメリカの学校の新年度と関係しています。

日本の場合、新年度は桜の咲く4月1日からですが、アメリカの学校は9月からスタートします。その関係で、アメリカ人は子供の頃から9月になると新年度入りとなり(さあ、今年もがんばるぞ!)とフレッシュな気分になるというわけです。

レイバー・デーの3連休は、夏休み最後の連休であり、アメリカ人は家族でバーベキューをしたりして過ごします。それが終わると会社員は腕まくりして仕事に取り組みます。

株式市場との絡みで言えば、レイバー・デー明けは、夏の間、待機状態にあった新規株式公開(IPO)や公募増資などのディールが、一斉に動き始めます。このため9月は株の供給が増え、需給関係が崩れやすいです。

これを読んでいる読者の皆さんに是非、やっていただきたい事は、これまでの人気セクターや投資テーマが、9月を境にガラッと変わってしまうかどうか? に注意を払ってくださいということです。

一例として「暗黒の木曜日」のあった1929年は9月から異変が生じました。

またリーマン・ショックのあった2008年は、春先にベア・スターンズがJPモルガンに救済買収されるなど、不穏なムードがありましたが、本当にガラッとムードが暗転したのはレイバー・デー明けからでした。

2008年のS&P500指数(セントルイスFRBのデータからコンテクスチュアル・インベストメンツが作成)

もちろん、私は「レイバー・デー明けに、市場の急落が来る」と言いたいのではありません。ただ例年、9月はアメリカ株が1年のうちで最もパフォーマンスが悪い月として知られていることは、しっかりおさえておく必要があると思います。

金利政策が焦点

株価を決める2つの代表的な要因は企業業績と金利です。このうち企業業績については先月までに第2四半期決算が出揃い、S&P500採用銘柄の70%が一株当たり利益(EPS)でアナリストのコンセンサス予想を上回る決算を発表しました。これはリーマン・ショック以降で最高でした。

すると我々が次に注目しなければいけないのは、金利ということになります。

8月の下旬にワイオミング州ジャクソンホールで開催されたシンポジウムでは、イエレン議長が今年中に利上げをしたい意向をもっていることがシグナルされました。

但し、利上げの決断をするには、まず経済指標がしっかりしていることが前提になります。

先週の雇用統計

その意味では先週金曜日に発表された8月の雇用統計は、誠に微妙な数字であり、利上げの決め手にはならなかったと思います。

具体的には非農業部門雇用者数は予想18万人に対し、15万1千人にとどまりました。

非農業部門雇用者数(千人、米国労働省統計局のデータからコンテクスチュアル・インベストメンツが作成)

先物市場の参加者は、9月21日(水)に実施予定の次の連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ確率を21%と見ています。言い直せば12月まで利上げはお預けということです。

これは一見すると株式にとってプラスのように思えます。しかし私は、かならずしも良いニュースではないと考えます。

その理由は、不確実性が12月まで持ち越されるからです。株式の投資家は不確実性を嫌います。だから(利上げする必要があるのなら、むしろ早くそれを済ませて欲しい!)のです。

一方、平均時給は8月も3セント(前年同期比で+2.4%)上昇しました。

平均時給(ドル、前月比、労働省統計局のデータからコンテクスチュアル・インベストメンツが作成)

つまり12月まで利上げを先送りしている間に、連邦準備制度理事会(FRB)が「後手に回る」リスクがあるのです。

イエレン議長は歴代のFRB議長の中でもとりわけコンセンサスを重視する人です。ジャクソンホール・シンポジウムに先がけて、苦心してコンセンサスを利上げの方向へ持って行きました。

しかし先週金曜日の非農業部門雇用者数の結果が中途半端な数字だったせいで、利上げのチャンスを失してしまった観があります。

このことが株式市場にどのような影響を与えるかを見極めたいと思います。


今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.