SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-24 05:23:32

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 > 【海外ETF】最もポピュラーなETF

【海外ETF】最もポピュラーなETF

2016/04/04

最もポピュラーなETF

下記は時価総額が最も大きいETFのリストです。

コード

銘柄

時価総額(百万ドル)

平均出来高(百万株)

SPY

SPDR S&P500ETFトラスト

178.2

146.2

IVV

iシェアーズ・コアS&P500 ETF

70.7

5.1

EFA

iシェアーズMSCI EAFE ETF

58.2

29.1

VTI

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF

57.9

4.2

VOO

バンガードS&P500ETF

43.5

3

QQQ

PシェアーズQQQナスダック100

37.5

42.8

VWO

バンガードFTSEエマージング・マーケッツETF

35.3

21.5

AGG

iシェアーズ・コア米国総合債券市場ETF

34.1

3.1

GLD

SPDRゴールドシェア

33.1

10.9

VEA

バンガードFTSE先進国(除く北米)ETF

30.8

11.2

IWF

iShares Russell1000 Growth

29.5

3

  • (出典:ETFdb.comのデータからコンテクスチュアル・インベストメンツが作成)

皆さんが初めてETFに投資する場合、上記に掲げたような、ポピュラーなETFから投資することをお勧めします。

ポピュラーなETFから入ることのメリット

その理由は、前回説明した通りETFは「何事につけても、受け身な商品」という点にあります。

いまあるETFのベンチマークと、ETF取引価格の間にズレが生じている場合を考えてみましょう。

これが放置されたままだと、ETF価格が投資家のイメージ通りに動かないという問題が起きます。

それではなぜズレがそのまま残ってしまうか? といえば、それはそのETFの売買が閑散としていてサヤ取り業者がサクサクとアービトラージ(裁定取引)を行えないことが原因である場合が多いです。

我々がETFに投資する際、はじめのうちは最もポピュラーなETFに投資対象を限定することで、そのような「過疎化した」ETFを買ってしまう間違いを防ぐことが出来ます。

出来高の少ない、「過疎化した」ETFを買うと、とんでもない「あばら家」みたいな、問題だらけのETFを掴んでしまうリスクがあります。

「過疎化した」ETFを買ってはいけない理由

それでは具体的に「過疎化した」ETFが抱えるリスクを列挙すると

1.ベンチマークとETF価格との間のズレが放置される
2.ETFをトレードする際、Bid/Ask (売り/買い)に開きがありすぎ、サクサクとトレードできない
3.純資産が小さすぎるETFは清算されるリスクがある

などが挙げられます。
実際、これまでに300銘柄以上のETFが清算されています。
もちろん、ETFが清算された場合、投資家はそのETFを清算後、残った純資産に応じたキャッシュを受け取ることになるので、自分の投資資金が全損するわけではありません。
でもその場合、もう一度、投資をやり直さなければいけなくなるので、これは無駄骨です。だからはじめから清算されるリスクの低いETFを選ぶ方が良いのです。

清算されるリスクがあるETFの見きわめ方

それでは清算されるリスクがあるETFの見きわめ方ですが、

1.時価総額の小さいETFは気を付けろ!
2.出来高が少ないETFは気を付けろ!
3.投資対象が余りにも狭いETFは気を付けろ!

という点です。

日本の取引所でトレードされているETFについて

ここで私としては少し書き辛いことを書きます。

私は「米国に上場されているETFと、日本に上場されているETFを、是非、記事の中で比較してください!」というリクエストを、しばしば受けます。

しかし下のグラフに見るように、日本で上場されているETFの取引は、活発ではありません。

ETF取引額 (%、2015年、NYSE、エリック・バルチュナスのデータからコンテクスチュアル・インベストメンツが作成)

これは個人投資家の皆さんに対する啓蒙(けいもう)の努力が不足しているため、ETFの良さが広く知られていないことが原因だと思います。
この点は、私も猛反省しています。

しかし、上に述べたようにETFのトレードが活発でないことは、「百害あって一利なし」ですから、そのような過疎化したETFを薦めるわけにはいかないのです!

どうせETFを買うなら最も清算リスクが少ない米国市場で買うべきだということは、上のグラフを見れば一目瞭然です。

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • NYダウ取引はくりっく株365!
  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.