SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-19 12:00:38

マーケット > レポート > 中国経済レポート >  中国証券市場:深セン総合指数、史上最高値更新

中国証券市場:深セン総合指数、史上最高値更新

2015/3/2 モーニングスター株式会社

本土市場では深セン総合指数の上昇が目立っている。

上海市場では昨年11月、上海・香港・ストックコネクトが開始された。上海総合指数は昨年7月下旬より反転上昇、11月22日の利下げ実施以降、急騰した。

昨年来、上海市場の好調が大きく注目されているが、深セン総合指数の方が、むしろ、足元の値動きは良い。

過去1年を振り返ってみても深セン総合指数は安定的な上昇トレンドを描いている。長期の動きでは、上海総合指数が2007年の高値と比べ、依然として、半値程度に留まっているのに対し、深セン総合指数は春節前最終取引日となった2月17日には、史上最高値を更新している。

両指数の動きに大きな違いがあるのは構成銘柄の質に違いがあるからだ。

上海総合指数の構成銘柄は、金融や素材など、従来産業のウエイトが大きい。一方、深セン総合指数では、中小企業板、創業板を含んでおり、新興企業のウエイトが大きい。そうした違いが株価形成に影響していると言えよう。

17日終値ベースの株価バリュエーションをみると、上海市場の市場平均PERは13.45倍であるのに対して深セン市場の市場平均PERは40.14倍に達している。深セン市場に対する人気度は随分と高いが、その背景には新興企業への期待がある。

中国は現在、人件費の上昇によって、付加価値の低い加工組立産業がアセアンやインドなどに移転する一方、人民元上昇により、高付加価値製品を製造する外資企業は本国や先進国に生産拠点を移し始めている。

中国は輸出産業において空洞化が始まっており、内需主導型経済への移行を迫られている。

内需主導型経済への移行に向けて、中国は全面的で全方位的な改革を進める一方で、イノベーションによる産業のレベルアップを進めている。

昨年6月のIPO再開以降、新規上場銘柄は中小企業板企業、創業板企業が主役となっている。新興企業の成長が今後の中国経済を支えることになる。そうした見方が深セン総合指数の上昇を支えている。

今回は香港上場の新興企業などに注目した。注目銘柄は、既に新興企業の範疇にはないが、モバイルインターネット革命の中核企業として今後も高成長が期待できる騰訊控股(00700)や聯想集団(00992)、ゲーム、セキュリティー、総合オフィスソフトなどの開発を手掛ける金山軟件(03888)、カメラモジュールを製造する舜宇光学(02382)、肝臓疾患薬を製造、抗がん剤の開発などを手掛ける中国生物製薬(01177)。

  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項

  • 本レポートに記載されております株価並びに関連の情報は、現地の情報提供元から得た情報を元に、モーニングスター株式会社が提供しています。本レポートで提供されている情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、本レポートに記載されている情報を利用して損害が生じた場合、当社、その関連会社及び情報提供者は一切の責任を負いません。
  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.