SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-18 13:47:22

マーケット > レポート > ブラジル経済〜利下げサイクルは継続か〜

ブラジル経済〜利下げサイクルは継続か〜

2012/5/29
当社商品企画部外国株式室長 兼 投資調査部グローバルストラテジスト 森永 康平

明日、ブラジルで定例会合(COPOM)があるが、市場の予想通り利下げを決定すると考える。しかし、利下げ幅は前回の75bpsから50bpsへ縮小させると予想する。前回の定例会合の議事録の中で「追加的な金融緩和については倹約的なものになるだろう」としており、追加緩和を示唆しているものの、過去の議事録において上記と同様な表現をした次の会合では利下げ幅を縮小している。

また、4月の消費者物価指数(IPCA)は前年比5.1%増と鈍化しているものの、瞬間風速を示す前月比ではむしろインフレ率は加速しており、同国におけるインフレ動向の見極めが非常に難しい事が分かる。依然としてインフレ懸念がくすぶる中で、追加緩和を推進することも難しいため、今回は利下げ幅を縮小するという予想に関しては、それなりの確度を持つことが出来るのではないだろうか。裏を返せば、今回も75bps下げるということになれば、市場ではサプライズ要因として注目されることになるだろう。

今月3日にブラジル政府が貯蓄預金の金利設定を変動金利へ変更したことや、マンデガ財務相がレアル安容認の発言を繰り返していることを勘案すると、今後もレアル建て資産は非常に厳しい環境が続くと想定されるが、同国特有の税構造やタイトな雇用環境を背景とする賃金上昇等を考えると、年後半から来年以降は再びインフレが加速する可能性は高く、再度、引き締め政策への転換を折り込む形で中期的には金利が上昇していく見通しを立てている。

図1:ブラジルのインフレ率と政策金利の推移

前年比ではインフレ鈍化は継続も、前月比では再加速

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

ご注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.