SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-05-25 19:44:51

マーケット > レポート > 米国株決算速報 >  マイクロソフト、アルファベットが決算発表!市場センチメントが大きく改善!?〜

マイクロソフト、アルファベットが決算発表!市場センチメントが大きく改善!?〜

2024/4/26
デジタル営業部 谷 健一郎

お知らせ

複数企業が決算発表を行ったため、要点をまとめた決算速報をお送りいたします。

マイクロソフト(MSFT)、アルファベットC(GOOG)、アルファベットA(GOOGL)は2024年4月時点で買・売建可能銘柄となっております。

SBI証券 米国株式信用取引はこちら

当社では、マイクロソフト株、アルファベット株のブル・ベアETFを取扱っております。詳細はこちら

米国株決算予定

マイクロソフト(MSFT) 4/25 引け後

アメリカを代表するビッグ・テックの一角。クラウド・サービスのアジュール、Microsoft365などのソフトウェア、WindowsやSurface、ゲームなどの事業を展開。投資するオープンAI社の技術、「ChatGPT」などのAIテクノロジーを活用。新たな成長の果実を得つつある同社は、GAFAMの中でもAI収益化で先行しているようです。

 

決算発表後の時間外取引(日本時間10:00時点):416.55ドル(+4.4%)

売上高:618.6億ドル、前年同期比+17%(予想608.7億ドル)〇市場予想を上回った

EPS:2.94ドル、前年同期比+20%(予想2.83ドル)〇市場予想を上回った

 

【決算のポイント】

プロダクティビティ&ビジネスプロセス収入:195.7億ドル(予想195.4億ドル)△市場予想とほぼ一致した

インテリジェントクラウド収入:267.1億ドル(予想262.5億ドル)〇市場予想を上回った

パーソナルコンピューティング売上:155.8億ドル(予想150.7億ドル)〇市場予想を上回った

●マイクロソフト・クラウド売上:351.0億ドル(予想339.3億ドル)〇市場予想を上回った

調整後売上総利益率:70.1%(予想69.2%)〇市場予想を上回った

CAPEX(資本的支出):109.5億ドル(予想112.8億ドル)市場予想より少なかった

アジュール前年同期比成長率:31.0%(予想29.3%)〇市場予想を上回った

●売り上げ増にAIが占める割合は約7%、前期の6%から上昇

●アジュールの契約好調 コカ・コーラなど業界リーダー企業による10億ドル規模の複数年契約が成約

●「CoPilot」*はFortune500企業の約60%が使用

*Microsoft365 CopilotはOpeAIのGPT-4をベースとした大規模言語モデル(LLM)。LLMをTeams、Word、Excel、PowerPoint、Outlookなどの各Officeアプリケーションに組み込み、組織内のチームやメンバーの生産性の向上や業務効率化を改善するためのツール

 

【決算を受けたマーケットの反応】

生成AIを組入れたサービスが売上成長に貢献、またクラウド事業のアジュールも生成AI活用によりドライブ。「CoPilot」はFortune500企業の約60%が使用するなど、法人営業に強みを有する同社の特性ひかる。株価は引け後の取引で4.4%の上昇となった。

Bloombergがまとめたアナリストの目標株価平均:472.57ドル、

同、アナリスト・レーティングは5段階評価の4.82

最低投資金額:62,100円(4/25時点、1ドル155.50円換算)

 

◇ ◇ ◇   ◇ ◇ ◇   ◇ ◇ ◇

 

アルファベットA(GOOGL) 4/25 引け後

「Google検索」や「ユーチューブ」などを通じて広告を展開し、インターネット広告の分野で世界大手。

 

決算発表後の時間外取引(日本時間10:00時点):174.04ドル(+11.6%)

売上高:805.4億ドル、前年同期比+15%(予想790.4億ドル)〇市場予想を上回った

EPS:1.89ドル、前年同期比+61.5%(予想1.53ドル)〇市場予想を大きく上回った

 

【決算のポイント】

グーグル広告売上高:616.6億ドル(予想601.8億ドル)〇市場予想を上回った

YouTube広告売上高:80.9億ドル(予想77.3億ドル)〇市場予想を上回った

グーグル・サーチ&アザー広告売上高:461.6億ドル(予想449.8億ドル)〇市場予想を上回った

アザー・ベッツ売上高:4.95億ドル(予想3.72億ドル)〇市場予想を大きく上回った

グーグル・クラウド売上高:95.7億ドル(予想93.7億ドル)〇市場予想を上回った

●営業利益率:32%、前年同期は25%(予想28.6%)〇市場予想を上回った

●ピチャイCEOは、生成AIの開発には非常にコストがかかるが収益化についてもうまく対応できると確信、と語った

●経営陣は初めて現金配当を承認。四半期配当は0.20ドル

●700億ドル(約10.8兆円、同社時価総額比約3.58%)の自社株買い追加を承認

 

決算を受けたマーケットの反応】

●広告とクラウド事業好調。初めて配当を実施するなど株主還元策も好感し、引け後の取引で株価は11.6%急伸。史上最高値水準で取引されている。

Bloombergがまとめたアナリストの目標株価平均:169.75ドル

同、アナリスト・レーティングは5段階評価の4.62

最低投資金額:24,300円(4/25時点、1ドル155.5円換算)

 

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。


※本ページでご紹介している銘柄は、当社内売買代金ランキング上位20社(2023/7/1〜2023/12/29)の銘柄となります。

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
  • レバレッジ型・インバース型 ETF等(ETN含む)は、主に短期売買により利益を得ることを目的とした商品です。レバレッジ指標の上昇率・下落率は、2営業日以上の期間の場合、同期間の原指数の上昇率・下落率のレバレッジ倍(又はマイナスのレバレッジ倍)とは通常一致せず、それが長期にわたり継続することにより、期待した投資成果が得られないおそれがあります。
    上記の理由から、一般的に長期間の投資には向かず、比較的短期間の市況の値動きを捉えるための投資に向いている金融商品といえます。
    投資経験があまりない個人投資家の方が資産形成のためにこうしたETF等を投資対象とする際には、取引の仕組みや内容を十分理解し、取引に伴うリスク・コストを十分に認識することが重要です。レバレッジ型・インバース型 ETF等に係る商品の特性とリスクについてはこちら新しいウィンドウで開きます。のリーフレットをあわせてご確認ください。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

ソフトバンクグループ株式会社第63回無担保社債
お客さまサポート

よくあるお問合せ
・口座開設の流れ
・NISA関連のお問合せ
・パスワード関連のお問合せ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 【7/17(水)開催:日本株ファンドセミナー】お申し込み受付中!

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.