SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-02-21 10:44:33

マーケット > レポート > 米国株決算速報 >  米株決算予定〜生成AI関連で注目のパランティア、アーム、肥満治療薬のイーライリリーが決算発表!〜

米株決算予定〜生成AI関連で注目のパランティア、アーム、肥満治療薬のイーライリリーが決算発表!〜

2024/2/5
デジタル営業部 谷 健一郎

お知らせ

10-12月期の決算予定レポートです。

決算予定レポートには『目標株価との乖離率』、『決算発表時の予想株価変動率』を記載! 

●『決算発表時の予想株価変動率』は、決算発表当日の予想株価変動率をオプション動向から算出

●決算当日に株価が大きく動くのか、小幅に留まるかボラティリティを予想します(上昇/下落の別は示さず)

決算発表を跨ぐか、ポジションをクローズするのか!? 決算発表での値動き予想や投資判断にお役立ていただければ幸いです

米国株決算予定

今週はパランティア、アームなど生成AI関連銘柄が決算発表を行います。また肥満治療薬が注目を集めるイーライリリー。最近では時価総額でテスラを上回ったことなどが話題となりました。テック系の銘柄に人気が集中しがちななか、ヘルスケア・セクターで高い株価上昇率を示す同社決算からも目が離せません。

NYダウ指数、S&P500指数は2/2にも史上最高値を更新して取引を終了。メタ・プラットフォームズ(META)が好決算に加えて、大規模自社株買いや初の配当実施を発表。市場のリード役となりました。CNNが発表する投資家のセンチメントを分析する「恐怖/強欲指数(Fear&Greed Index)」は67/100。株式市場に対する市場参加者の物色意欲は高そうです。

これまでに決算発表を行ったS&P500指数構成銘柄230社の動向をみると、売上高が市場予想を上回った企業は122社(53.0%)、調整後EPS(1株当たり利益)が市場予想を上回った企業は180社(78.3%)となっています(2/2時点、Bloombergのデータより、SBI証券調べ)。

パランティア(PLTR) 2/5 引け後

2003年に創業したビッグデータ分析などのソフトウェアを提供する企業。米国のテロ対策当局や国防総省でも使用されている「Palantir Gotham(ゴッサム)」、組織のデータを一元的に扱うためのオペレーティングシステムを提供する「Palantir Foundry(ファウンドリー)」のプラットフォームを擁します。またAIを活用した新サービス「AIP(Palantir Artificial Intelligence Platform)」。3本目の柱に成長するかサービス内容を見極めたいところです。

11/5発表の3Q決算では4四半期連続でGAAP黒字を達成。顧客基盤も米国を中心に拡大しており黒字体質が定着した模様。S&P500指数採用を目標に掲げるパランティア。今回の決算発表ではイスラエルとパレスチナ紛争やロシア、ウクライナ侵攻など緊張が継続するなか各国政府向けの契約動向や、前回決算発表で民間の大企業向け採用数の増加が注目を集めたAIP(Palantir Artificial Intelligence Platform)、黒字体質の定着といったところが注目を集めそうです。

◇ ◇ ◇

イーライリリー(LLY) 2/6 寄り前

医薬品製造事業を展開する世界的大手企業。糖尿病治療薬のマンジャロやゼップバウンドが肥満治療薬として売上高拡大を牽引。将来、世界的に需要が拡大するとの期待から投資家の熱い視線を集めます。

11/2発表の3Q決算発表では主力の糖尿病治療薬「マンジャロ」の販売好調が寄与、売上高が市場予想を上回りました。マンジャロの売上高は、前四半期比44%増の14.1億ドル。市場予想は12.6億ドルと好調でした。今回の決算発表では肥満治療薬の売上成長率、24年のガイダンス、パイプライン動向ではアルツハイマー型認知症治療薬の開発動向などが注目を集めそうです。

◇ ◇ ◇

アーム・ホールディング(ARM) 2/7 引け後

ソフトバンクグループの傘下で半導体設計の世界最大手企業。スマートフォン向け半導体設計では9割超のシェアを占めます。同社の売上高は主に半導体企業にライセンスを供与した際のライセンス収入、チップ出荷の際のロイヤルティー収入で構成されます。省電力設計に強味を有する同社。AI向けなど大量の電力を消費するチップ向けにシェア拡大が期待されます。

前回発表の2Q決算は7-9月期の実績値は市場予想を上回ったものの、10-12月期の会社見通しが市場予想を下回りました。ただ4Q(1-3月期)には極めて大きなライセンス契約を獲得できるものと発言、同社製品はAI向けなどを中心に引合い好調な模様です。今回の決算発表では売上高におけるスマホ向け以外の伸び、特にAI向けで市場を納得させる数字が示せるか、といったところが注目されそうです。

◇ ◇ ◇

主要企業の四半期決算発表予定(1/29〜2/15)

発表予定
(現地時間)
ティッカー 銘柄名 株価(2/2)
(ドル)
目標株価
(ドル)
目標株価
との乖離
決算発表時の
予想株価変動率
02/05 寄り前 CAT キャタピラー 315.09 286.50 -9.1% 4.87%
02/05 寄り前 MCD マクドナルド 297.05 325.22 9.5% 2.55%
02/05 引け後 PLTR パランティア・テクノロジーズ 17.02 15.80 -7.2% 12.72%
02/06 寄り前 LIN リンデ 407.09 452.27 11.1% 2.46%
02/06 寄り前 LLY イーライリリー 667.65 646.71 -3.1% 5.12%
02/06 引け後 AMGN アムジェン 323.19 301.02 -6.9% 3.05%
02/06 引け後 F フォード・モーター 12.14 12.59 3.7% 6.26%
02/06 引け後 GILD ギリアド・サイエンシズ 76.96 89.39 16.2% 3.34%
02/07 寄り前 CVS CVSヘルス 73.09 90.78 24.2% 4.42%
02/07 寄り前 EMR エマソン・エレクトリック 93.98 110.33 17.4% 3.41%
02/07 引け後 ARM アーム・ホールディングス 71.00 69.00 -2.8% 6.46%
02/07 引け後 DIS ウォルト・ディズニー・カンパニー 97.13 104.59 7.7% 5.36%
02/07 引け後 PYPL ペイパル・ホールディングス 62.42 72.79 16.6% 7.28%
02/08 寄り前 COP コノコフィリップス 110.63 134.68 21.7% 3.08%
02/08 寄り前 DUK デューク・エナジー 96.22 105.41 9.6% 1.00%
02/08 寄り前 PM フィリップ・モリス・インターナショナル 92.99 110.32 18.6% 2.38%
02/09 寄り前 PEP ペプシコ 170.97 188.25 10.1% 2.43%
02/13 寄り前 KO コカ・コーラ 60.54 65.63 8.4% 2.26%
02/13 引け後 AIG アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG) 69.63 76.34 9.6% 3.46%
02/14 寄り前 KHC クラフト・ハインツ 37.65 41.24 9.5% 3.77%
02/14 引け後 CSCO シスコシステムズ 50.18 53.32 6.3% 4.79%
02/15 寄り前 DE ディア 392.60 422.78 7.7% 4.39%
02/15 寄り前 SO サザン 68.65 74.72 8.8% 1.71%
02/15 引け後 COIN コインベース・グローバル 129.22 127.67 -1.2% 9.20%
02/20 寄り前 HD ホーム・デポ 357.23 346.81 -2.9% 3.48%
02/20 寄り前 MDT メドトロニック 87.63 92.00 5.0% 2.97%
02/20 寄り前 WMT ウォルマート 169.57 178.49 5.3% 3.74%
02/21 寄り前 EXC エクセロン 34.35 39.20 14.1% 1.63%
02/21 引け後 NVDA エヌビディア 661.60 665.35 0.6% 7.16%
02/22 引け後 BKNG ブッキング・ホールディングス 3,561.39 3,738.58 5.0% 4.37%
02/24 - BRK/B バークシャー・ハサウェイ 390.75 421.25 7.8% 1.36%
02/28 引け後 AI シースリーエーアイ 25.02 26.58 6.2% 14.02%
02/28 - TGT ターゲット 145.49 151.05 3.8% 1.60%

※Bloombergのデータを基にSBI証券が作成。
※上記「主要企業」とはS&P100指数に採用されている企業に当社内売買代金上位銘柄20社(2023/7/1〜2023/12/29)を加えたものを指します。
※「目標株価」は、Bloombergが集計した各アナリストの目標株価の平均値です。「銘柄名」はBloombergのデータを用いて表示しているため、当社WEBサイト上の表記と異なることがあります(銘柄検索の際は「ティッカー」をご利用ください)。Bloomberg上にデータがないものなどは「-」と表示しています。
※3Qレポート(23/10/16)より当社内売買代金上位銘柄を30社から20社に変更しました。
※23/4より表記項目を変更しました(予想売上高、予想EPSを除外、目標株価との乖離、決算発表時の予想株価変動率を追加)。
※目標株価との乖離は、ブルームバーグの平均目標株価と現在値の乖離率を表示しています。
※決算発表時の株価変動率は、決算発表日の予想株価変動率をオプションの動向から算出します。ただし変動率は上昇/下落の別は示しません。
※決算予定日はあくまで作成日時点の予定・推定日であり、予告なく変更される場合があります。

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

国内信用デビュー&おかえりキャンペーン

ご案内
・【よりスムーズな解決を実現!】お問い合わせ内容の事前入力サービス

よくあるお問合せ
・証券税制と確定申告について
・NISA関連のお問い合わせ
・パスワード関連のお問い合わせ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 【総額300万円!】NISAで新年お年玉キャンペーン

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.