SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-07-24 15:41:02

マーケット > レポート > 米国株決算速報 >  ディズニー(DIS)ストリーミング事業改善を突破口に株価反発へ!?

ディズニー(DIS)ストリーミング事業改善を突破口に株価反発へ!?

2023/11/9
デジタル営業部 谷 健一郎

お知らせ

ウォルト・ディズニー(DIS)は2023年11月時点で買・売建可能銘柄となっております

SBI証券 米国株式信用取引はこちら

アメリカNOW!フラッシュ 米国株決算速報

4Q(7-9月期)決算速報(現地11/8引け後発表)

銘柄情報

 世界的なエンターテインメント企業。パーク事業の印象が強い同社ですが、メディアやストリーミングなどを手がけるエンターテインメント事業が売上高の約45%を占めます。最近はストリーミング事業などリストラ動向が株価材料として注目されております。22年11月アイガー氏がCEOに再任、前四半期には26年までの任期延長を発表しました。

 

決算発表後の時間外取引(日本時間10:00時点):87.30ドル(+3.31%)

売上高:212.4億ドル、前年同期比+5.4%(予想214.3億ドル)×市場予想を下回った

調整後EPS:0.82ドル、前年同期は0.30ドル(予想0.69ドル)〇市場予想を上回った

引け後の時間外取引のチャート

決算のポイント

 

エンターテインメント 売上高:95.2 億ドル (予想 97.7 億ドル)×市場予想を下回った

スポーツ売上高:39.1 億ドル(予想38.9億ドル)〇市場予想を上回った

エクスペリアンス売上高:81.6 億ドル(予想82.0億ドル)×市場予想を下回った

 

ストリーミング・サービス加入者総数:2.247億人、前四半期は2.196億人(予想2.251億人)×市場予想をわずかに下回った

うちDisneyプラス加入者総数:1.502億人、前四半期は1.461億人(予想1.471億人)〇市場予想を上回った

Disneyプラス新規加入者:700万人(予想280万人)〇市場予想を大きく上回った

24年度のフリーキャッシュフローは2023年度と比較して大幅に増加、パンデミック前最後の水準に近づきつつある

ストリーミング事業は24年4Qの黒字化を期待する、ただし数字のブレも排除できない

コスト削減に引き続き取組む。削減目標を55億ドルから75億ドルに引き上げる

経営陣の主なコメント

 

4Qの調整後EPSは前年比で約3倍をうかがう利益規模だった。当社3事業、エンターテインメント、エクスペリエンス、スポーツで営業利益が前年同期と比較して大幅に増加した

リストラを徹底し、大幅な業務効率化を達成している。年初の目標より約20 億ドル増の約75 億ドルのコスト・カットを目標に掲げ取り組んでいる

重要なこととして新組織は会社の中心部に「創造性」を取り戻している。その成果として、Disneyプラス新規加入者は約700万人にのぼる。「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.1」はヒット、「リトル・マーメイド、エレメンタル」は劇場公開の人気もあり、Disneyプラスで最も視聴されているコンテンツの 1 つだ

広告付きDisneyプラス加入者は約200 万件増の合計520 万件と米国の新規加入者の50%以上が広告付きを選択。過去 6 か月間広告付きユーザー視聴時間は 約34%以上の増加となった

決算を受けたマーケットの反応

アイガーCEO主導のもと事業再構築が進み企業体質の改善が進んでいる模様。4Qに回復が期待されたDisneyプラスは新規加入者が約700万人、広告付きプランも好調な様子。ストリーミング事業の改革を突破口に、魅力的なコンテンツを活かした経営を実行しつつあるディズニー。21年から続く株価低迷も脱却が期待されます。

 

Bloombergがまとめたアナリストの目標株価平均:106.37ドル

アナリスト・レーティング:5段階評価の4.38

最低投資金額:12,700円(11/8終値、1ドル150円換算)

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

※本ページでご紹介している銘柄は、当社内売買代金ランキング上位20社(2023/4/1~2023/9/30)の銘柄となります。

※本資料の内容は作成時点のものであり、信頼できると判断した情報源からの情報に基づいて作成したものですが、正確性、完全性を保証するものではありません。本資料に記載の情報、意見等は予告なく変更される可能性があります。

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

株式会社クレディセゾン 第104回無担保社債(社債間限定同順位特約付)
お客さまサポート

よくあるお問合せ
・口座開設の流れ
・NISA関連のお問合せ
・パスワード関連のお問合せ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 投信サイトリニューアル

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.