SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2022-06-28 05:03:47

マーケット > レポート > 米国株決算速報 >  フラッシュ〜今週決算! 小売り大手が発表、ホームデポ、ウォルマートなどの注目点〜

アメリカNOW! フラッシュ〜今週決算! 小売り大手が発表、ホームデポ、ウォルマートなどの注目点〜

2022/5/16
マーケティング部 谷 健一郎

米国株決算予定

今週は小売り大手企業が決算を発表。ホームデポ、ウォルマートに加えネットワーク機器のシスコシステムズなども決算発表を予定しております。

これまでに決算発表を行ったS&P500指数構成銘柄457社の動向をみると、売上高が市場予想を上回った企業は306社(67.0%)、調整後EPS(1株当たり利益)が市場予想を上回った企業は348社(76.1%)となっています(5/13時点、Bloombergのデータより、SBI証券調べ)。当社売買代金ランキング上位銘柄(2021/10/1〜2022/3/31)のうち、今週決算発表を予定しているのは以下の銘柄です。

ホーム デポ(HD) 5/17  寄り前

ホームデポは住宅向けリノベーションなどを手掛ける米国大手企業です。前回発表の11-1月期決算は既存店売上高が+8.1%、売上高が前年同期比+11%の357.2億ドル、調整後EPSが3.21ドル。23/1月期通期の見通しは売上高が若干の伸び。既存店売上高の伸びは若干のプラス、EPSは1桁台前半の成長としておりました。コロナによる巣ごもりが住宅補修需要にプラスに働きました。2-4月決算のポイントとしては金利上昇が住宅販売や同社の事業に影響を及ぼすか、インフレやサプライチェーン問題による粗利益率の動向などに注目が集まりそうです。

ウォルマート(WMT) 5/17  寄り前

ウォルマートは世界最大の小売企業です。前回発表の11-1月期決算は売上高が前年同期比+0.5%の1529億ドル、調整後EPSは同、+10%の1.53ドルでした。23/1月期通期は、売上高が(日英事業分離影響除く)約4%増、調整後EPSは5〜6%増、米国既存店売上高は3%強の伸びとの見通しです。2-4月決算のポイントとしてはインフレによる利益率の低下や、消費者心理に陰りが見られる中売上高の伸びを維持できるか、またEコマース事業やデジタル戦略の進捗なども確認ポイントとなりそうです。

ドクシミティー(DOCS) 5/17 引け後

ドクシミティーは医療関係者向けのSNSプラットフォームを運用する企業です。前回発表の10-12月期決算は売上高が0.98億ドル、調整後EBITDA(利払い・税引き・償却前利益)は0.47億ドルでした。1-3月期売上高見通しは0.890億〜0.900億ドル、調整後EBITDA見通しは0.340億〜0.350億ドルとなっております。小型のグロース株である同社株は先週前半、急落し上場来安値を更新。その後反動から急反発しました。乱高下を続けるマーケットですがグロース株はやはり市場予想を上回る成長が常に期待されます。売上高の伸びに加えて医師の登録数、契約メーカー数の伸びなどにも注目が集まりそうです。

◇ ◇ ◇

ロウズ カンパニーズ(LOW) 5/18 寄り前

ロウズは米国のホームセンター大手でカナダ、メキシコにも店舗を展開しております。前回発表の11-1月期決算で売上高は前年比+5.0%と213億ドル、調整後EPSは+34%の1.78ドルでした。22/1月期通期の売上予想は、前年比+1.8%の980億ドルを見込んでおります。コロナによる巣ごもりは同社事業にプラスの影響を与え21/1月期通期は過去最高益を達成、Eコマースにも注力し大きく成長しました。2-4月期の決算発表では経済正常化の中、同社の勢いが継続しているか注目を集めそうです。

ターゲット(TGT 5/18 寄り前

ターゲットは米国のディスカウントストア大手です。前回発表の11-1月期は売上高が前年同期比+11%の310億ドル、調整後EPSは同、+19.5%の3.19ドル。主にEコマースがコロナ感染拡大による恩恵を受けました。2-4月期の決算発表で今期の成長力に注目が集まりそうです。前年同期比でバーが高くなっていることには注意が必要です。

シスコシステムズ(CSCO) 5/18 引け後

シスコシステムズは通信業者などにルーター、ワイヤレス(LAN)製品、IoT関連製品などを提供する企業です。前回発表の11-1月期決算は売上高が前年同期比+6%の127億ドル、調整後EPSは同、+6%増の0.84ドルでした。事業全体で底堅い需要が続き、製品受注総数が3四半期連続で30%超増加しました。2-4月期は売上高で前年同期比3〜5%増、調整後EPSで0.85〜0.87ドルを見込んでおります。決算のポイントとしてはハイパースケーラーなどクラウド事業が好調ななか恩恵がどの程度か。一方では半導体供給などサプライチェーン問題が年後半にむけ重石となるかなどに注目が集まりそうです。

◇ ◇ ◇

主要企業の四半期決算発表予定(5/16〜6/3)

発表予定
(現地時間)
ティッカー 銘柄名 予想売上高
(億ドル)
予想EPS
(ドル)
株価(5/13)
(ドル)
目標株価
(ドル)
05/17 寄り前 HD ホーム・デポ 368.1 3.71 296.03 367.15
05/17 寄り前 WMT ウォルマート 1,392.3 1.48 148.05 165.00
05/17 引け後 DOCS ドクシミティー 0.9 0.14 31.82 67.43
05/18 寄り前 LOW ロウズ カンパニーズ 238.1 3.23 194.00 260.16
05/18 寄り前 TGT ターゲット 244.0 3.09 219.73 273.88
05/18 引け後 CSCO シスコシステムズ 133.5 0.86 49.56 62.65
05/25 引け後 NVDA エヌビディア 81.0 1.30 177.06 324.50
05/26 寄り前 BABA 阿里巴巴集団(アリババ グループ)ADR 295.7 1.10 87.99 162.24
05/26 寄り前 MDT メドトロニック 84.5 1.57 102.67 122.96
05/26 引け後 COST コストコホールセール 511.2 3.04 497.27 599.54
05/31 引け後 CRM セールスフォース 73.8 0.95 166.91 293.59
06/02 引け後 AVGO ブロードコム 79.1 8.73 588.24 688.61
06/02 引け後 CRWD クラウド ストライク ホールディングス A 4.6 0.23 156.29 265.03

※Bloombergのデータを基にSBI証券が作成。
※上記「主要企業」とはS&P100指数に採用されている企業に当社内売買代金上位銘柄30社(2021/10/1〜2022/3/31)を加えたものを指します。「予想EPS」は多くの場合一時損益を除いた調整後EPSです。予想売上高・予想EPSについて、一部ADR銘柄などはユーロや人民元ベースのものがあります。「目標株価」は、Bloombergが集計した各アナリストの目標株価の平均値です。「銘柄名」はBloombergのデータを用いて表示しているため、当社WEBサイト上の表記と異なることがあります(銘柄検索の際は「ティッカー」をご利用ください)。Bloomberg上にデータがないものなどは「-」と表示しています。

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

  • オンラインセミナー
  • 【6/1〜条件3日達成でキャッシュバック上限撤廃!】新・日計り信用取引キャンペーン

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.