SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-09-20 18:00:06

マーケット > レポート > 米国株決算速報 >  フラッシュ〜決算速報:アマゾン ドットコム(AMZN)-7.44%〜

アメリカNOW! フラッシュ〜決算速報:アマゾン ドットコム(AMZN)-7.44%〜

2021/7/30
エクイティ部 中川 潤一

アメリカNOW!フラッシュ 米国株決算速報

Andrei - stock.adobe.com

決算速報(現地7/29引け後発表)

銘柄情報

決算発表後の時間外取引(日本時間9:00時点):3,331.97ドル(-7.44%)

売上高:1,130.8億ドル(予想1,150.6億ドル)×市場予想を下回った

EPS:15.12ドル(予想12.28ドル)〇市場予想を上回った

「AWS」純売上高:148.1億ドル(予想141.8億ドル)〇市場予想を上回った

オンライン販売の純売上高:531.6億ドル(予想567.1億ドル)×市場予想を下回った

 

7-9月期売上高見通し:1,060億〜1,120億ドル(予想1,187.0億ドル)×市場予想を下回った

7-9月期営業利益見通し:25億〜60億ドル(予想81.1億ドル)×市場予想を下回った

4-6月期の売上高や7-9月期の売上高見通しが市場予想を下回ったことや、経営陣から慎重なコメントが出たことで株価は時間外取引で大幅安となりました。

引け後の時間外取引のチャート

決算のポイント

 

4-6月期の売上高が市場予想を下回り、7-9月期の売上高見通しも市場予想を下回りました。

売上高が市場予想を下回ったことで、新型コロナのパンデミックにより加速したオンライン販売事業の成長ペースが減速していることが示唆されました。

経営陣からもしばらく成長ペースが減速する可能性があるとのコメントが出ました。

AWSや広告収入を中心とする「その他」事業などは堅調でした。

経営陣の主なコメント

 

前年同期比での比較は、「今後数四半期は」これまでよりも減速するだろう。

前年同期比での比較だけでなく、(新型コロナのパンデミックで急速に成長した)前年も含めた2年間の平均成長率でみてほしい。

昨年新型コロナのパンデミック下で需要が高まりすぎて販売する商品を制限したことがあったが、そういったことが再び起きないように対応能力を強化している。

アンディ・ジャシー氏が新たにCEOになったことで、彼の「前向きで楽観的かつ先を見据えたユニークな姿勢」も同時にもたらされるだろうが、「顧客の体験に対して高い基準を設けることや、創造性、失敗を恐れない気持ち」など従来から社内や社外で知られていた文化は保たれる。

決算を受けたマーケットの反応

決算発表直後から時間外取引で株価は急落し、関連銘柄の下げも誘発しながら、その後も徐々に下げ幅を拡大する展開となりました。

一部マーケット関係者からは「大型ハイテク銘柄は市場予想をかろうじて上回ってもネガティブとされるのに、下回った場合はどうなることか」といった声も聞かれましたが、マーケットはAWS事業が好調だったことなどはあまり材料視せずに、4-6月期の売上高に加えて7-9月期の売上高見通しまでもが市場予想を下回ったことを嫌気しているようです。

また、アマゾンがeコマース業界などで大きな市場シェアを持っていることなどから、そのアマゾンの業績が減速していることで「新型コロナによって押し上げられた需要がいよいよ勢いを落としてきたのではないか」という懸念が広がり、幅広い銘柄に売りが出ています。それほど長く続くことはないかもしれませんが、今回のアマゾンの失望的な決算発表は同社だけではなくマーケット全体の重しとなるかもしれません。

Bloombergがまとめたアナリストの目標株価平均:4277.34ドル(7/29時点)

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

※本ページでご紹介している銘柄は、当社内売買代金ランキング上位30社(2021/1/1〜2021/6/30)の銘柄となります。

※本資料の内容は作成時点のものであり、信頼できると判断した情報源からの情報に基づいて作成したものですが、正確性、完全性を保証するものではありません。本資料に記載の情報、意見等は予告なく変更される可能性があります。

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

  • 意外と簡単に達成できる!?SBI証券の大口優遇プログラム

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.