SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-09-20 17:36:41

マーケット > レポート > 米国株決算速報 >  フラッシュ〜決算速報:フェイスブック A(FB)-3.45%〜

アメリカNOW! フラッシュ〜決算速報:フェイスブック A(FB)-3.45%〜

2021/7/29
エクイティ部 中川 潤一

アメリカNOW!フラッシュ 米国株決算速報

決算速報(現地7/28引け後発表)

銘柄情報

決算発表後の時間外取引(日本時間9:00時点):360.40ドル(-3.45%)

売上高:290.8億ドル(予想278.6億ドル)〇市場予想を上回った

EPS:3.61ドル(予想3.02ドル)〇市場予想を上回った

月間アクティブユーザー数(MAU):29.0億人(予想29.0億人)△市場予想通り

経営陣が今後の業績について慎重な見通しを示したことや、月間アクティブユーザー数が市場予想を上回らなかったことなどを受け株価は時間外取引で売りに押されました。

引け後の時間外取引のチャート

決算のポイント

 

4-6月期の売上高とEPSは共に市場予想を上回りました。

MAUは市場予想通りとなりました。

経営陣は今後の業績見通しついて、引き続き慎重な見方を示しました。

経営陣は「メタバース(インターネット上の仮想世界)」への取り組みが今後重要になってくると強調しました。

経営陣の主なコメント

 

アップルによるトラッキング規制などの導入受け)引き続きターゲティング広告は逆風に直面している。

もっとも、トラッキング規制の影響は当社の想定の範囲内。

当社はビデオ関連で多くの良いサービスを提供しており、今後は人々がそれらサービスからチップなどを通じて収益を上げられるようにする必要がある。

「Facebook Watch(動画サービス)」は急速に成長している。

eコマースについてはまだまだやることが沢山ある。

7-9月期や10-12月期は前年同期比での成長ペースが鈍化する。

前年のそれらの四半期は新型コロナのパンデミック初期段階で当社サービスへの需要が急速に高まった時期で、その時期と比較した場合の成長率は低くなる。

将来的に人々はフェイスブックをSNSの企業ではなくメタバースの企業と考えるようになるだろう。

メタバースのクオリティは人々が本当にその空間にいると感じたり、本当に誰かほかの人と一緒にいると感じられるかどうかだ。

アバター(仮想世界で利用するキャラクターの姿)やデジタルオブジェクトの作成が、今後自己表現の上で重要になってくるだろう。

当社はコミュニティを育てメタバースを利用できる人を増やすことに注力している。

将来的にはデジタルの経済圏ができるだろう。

メタバースへの投資は10億ドル単位となり「非常に大きなもの」となるが、これにはVR(仮想現実)やARの投資も含まれている。

メッセージングの統合はメタバースの構想に合致する。

次に投入するハードウェアは「AR(拡張現実)グラス」だ。

ARグラスは「Ray-Ban」とのパートナシップで開発する。

決算を受けたマーケットの反応

決算発表直後から売りに押され、時間外取引で株価は一時は5%を超える下落率となりました。

売りが一巡した後はやや値を戻したものの、マーケットは年後半に成長が減速するという見通しや、MAUが市場予想を上回らなかったことなどを嫌気し、経営陣が示した「メタバース」についての構想などは現時点でそれほど材料視していないようです。

Bloombergがまとめたアナリストの目標株価平均:392.91ドル(7/28時点)

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

※本ページでご紹介している銘柄は、当社内売買代金ランキング上位30社(2021/1/1〜2021/6/30)の銘柄となります。

※本資料の内容は作成時点のものであり、信頼できると判断した情報源からの情報に基づいて作成したものですが、正確性、完全性を保証するものではありません。本資料に記載の情報、意見等は予告なく変更される可能性があります。

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

  • 意外と簡単に達成できる!?SBI証券の大口優遇プログラム

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.