SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-09-22 13:55:30

マーケット > レポート > 米国株決算速報 >  フラッシュ〜今週決算!テスラやアップル、アマゾン、マイクロソフト、ペイパルなどの注目点〜

アメリカNOW! フラッシュ〜今週決算!テスラやアップル、アマゾン、マイクロソフト、ペイパルなどの注目点〜

2021/7/26
エクイティ部 中川 潤一

米国株決算予定

今週はテスラやアップル、アマゾン ドットコム、マイクロソフト、ペイパル ホールディングスなどが決算発表を予定しています!

これまでに決算発表を行ったS&P500指数構成銘柄118社の動向をみると、売上高が市場予想を上回った企業は96社(81.4%)、調整後EPS(1株当たり利益)が市場予想を上回った企業は103社(87.3%)となっています(7/25時点、Bloombergのデータより、SBI証券調べ)。当社売買代金ランキング上位銘柄(2021/1/1〜2021/6/30)のうち、今週決算発表を予定しているのは以下の銘柄です。

テスラ(TSLA) 7/26 引け後
ベルリンやテキサスに建設中の新たな工場の進捗状況やそれら工場で生産される予定の車種についての新たな情報や、新型「4680」バッテリーセルの生産動向などについてアップデートがあるかどうかということがポイントとなりそうです。

また、保有するビットコインについて損失が計上されるかどうかということや、この7月から提供を開始したFSD(完全自動運転 対応機能)のサブスクリプション版の契約者数が示されるのかということのほか、FSDのベータ版のテスト状況、温室効果ガスの排出権(クレジット)取引による利益がどの程度計上されるのか、エネルギー事業の成長ペースはどのようになっているのか、新たな株式分割の可能性はあるのか、そして販売台数の見通しについてアップデートがあるかといった点なども注目されそうです。

アップル(AAPL) 7/27 引け後
今年投入される予定の新型iPhoneについてアップルが年内に最大9,000万台生産する計画であると一部で報じられていますが、経営陣が今後の見通しについてどのようなコメントを出すのかということが最も大きな注目ポイントとなりそうです。また、引き続きサービス関連の売上高の成長ペースについても注目が集まりそうです。

マイクロソフト(MSFT) 7/27 引け後
今回の決算発表でもこれまで通り、クラウドサービス「Azure(アジュール)」の売上高成長率がもっとも注目されそうです。6月以降株価が史上最高値を更新し続けているため市場の期待値は非常に高まっていると思われますが、そうした高い期待に応えられるような成長率を示せるかがポイントとなりそうです。

また、こちらもこれまで通りとなりますが、同社のクラウドサービスの動向は今後決算を発表するアマゾン ドットコム(AMZN)などのクラウドサービスの動向を占う上でも注目されそうです。

アルファベット A(GOOGL) 7/27 引け後
クラウド事業の動向のほか、ワクチン接種が広がるなか、広告事業の伸びがどの程度となったのかということがポイントとなりそうです。株価は年初来で50%を超える上昇となっているため(7/23時点)決算を控えハードルは上がっているように思われますので、そうした高いハードルを超えられるか注目したいと思います。

また、直近新型コロナの「デルタ変異株」の感染拡大が懸念されるなか旅行関連の広告支出などが再度落ち込む可能性もでてきているため、経営陣が今後の業績についてどのようなコメントを出すのかということも注目ポイントとなりそうです。

アドバンスト マイクロ デバイシズ(AMD) 7/27 引け後
競合するインテル(INTC)が7/22に発表した決算などからインテルがデータセンター市場でシェアを失っていることが示唆されるなか、AMDが引き続きシェアを拡大できたのかといった点がポイントとなりそうです。また、半導体不足問題について経営陣がどのようなコメントを出すのかということについても注目したいと思います。

テラドック ヘルス(TDOC) 7/27 引け後
直近2回ほどの決算発表をみると2回ともEPSが市場予想を下回ったことなどを受け、前回の決算発表翌日(4/29)は-8.3%、前々回の決算発表翌日(2/25)は-13.7%と連続で大幅安となっています。直近は新型コロナの「デルタ変異株」が広がりをみせてはいるものの、社会全体として経済活動が再開されるなか、それでも同社のビジネスに対する需要は強いということを示せるかどうかが焦点となりそうです。

ペイパル ホールディングス(PYPL) 7/28 引け後
前回の決算発表では新型コロナの感染拡大に伴う在宅勤務が縮小されるなかでも堅調な総取扱高や新規アクティブアカウント数が示されました。経営陣は前回の決算発表で「店舗の営業が再開され、レストランがオープンし、各種イベントが始まったとしても、人々はそれらについてデジタルで支払いを行うだろう」といったコメントを出していましたが、今回の決算発表でもそうした見方を裏付けるような堅調な業績が示されるかがポイントとなりそうです。

また、直近ビットコイン価格が一時3万ドルを割り込む水準まで下落しましたが、そうしたことが同社の暗号資産(仮想通貨)関連事業にどのような影響を与えているのかという点についても注目が集まるかもしれません。

フェイスブック A(FB) 7/28 引け後
前回の決算発表では売上高、EPSが市場予想を大きく上回り、広告需要が堅調であることが示されました。今回の決算発表でも引き続きこうした堅調な決算が示されるかが注目点となりそうです。また、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)への取り組みや、eコマース関連の取り組み状況などのほか、バイデン大統領が「フェイスブックは新型コロナの誤った情報の拡散を十分に防いでいない」、「人命を奪っている」などと発言したことに対して何らかのコメントが出されるかといったことなども注目点となるかもしれません。

アマゾン ドットコム(AMZN) 7/29 引け後
クラウドサービス「AWS」の動向が今回も注目ポイントの1つとなりそうですが、コロナ下で加速したオンライン販売事業の成長ペースが保たれているかという点も注目ポイントになりそうです。また、ジェフ・ベゾス氏がこの7月にCEOから退任しアンディ・ジャシー氏が正式にCEOに就任したことで、同社の経営方針に何らかの変化があるのかどうかということもマーケット関係者の間で注目されそうです。そのほかでは、G20が新たな国際課税ルールで合意したことなどについて何らかのコメントがだされるかどうかということについても注目したいと思います。

エクソン モービル(XOM) 7/29 引け後
原油価格が上昇しているなか、今期については堅調な業績が示されそうです。好調な業績を背景に債務の返済を進めることが可能となり、格下げ懸念も当面の間は払しょくすることができそうですが、今後も配当を維持し続けていけるのかなどといった点については不透明なところもあり、経営陣が今後についてどのような見通しを示すかという点が注目ポイントとなるかもしれません。

主要企業の四半期決算発表予定(7/26〜8/6)

発表予定
(現地時間)
ティッカー 銘柄名 予想売上高
(億ドル)
予想EPS
(ドル)
株価(7/23)
(ドル)
目標株価
(ドル)
07/26 寄り前 LMT ロッキード・マーチン 169.6 6.53 380.77 429.64
07/26 引け後 TSLA テスラ 113.7 0.97 643.38 624.06
07/27 寄り前 GE ゼネラル・エレクトリック(GE) 180.9 0.04 12.71 14.55
07/27 寄り前 MMM 3M 85.7 2.27 200.49 198.69
07/27 寄り前 RTX レイセオン・テクノロジーズ 158.3 0.93 85.81 97.11
07/27 寄り前 UPS ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS) 232.1 2.83 211.64 217.90
07/27 引け後 AAPL アップル 737.8 1.01 148.56 157.72
07/27 引け後 AMD アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD) 36.1 0.54 92.15 102.35
07/27 引け後 GOOG アルファベット C 461.2 22.36 2,756.32 2,746.50
07/27 引け後 GOOGL アルファベット A 461.2 22.36 2,660.30 2,845.71
07/27 引け後 MDLZ モンデリーズ・インターナショナル 64.3 0.65 64.89 69.05
07/27 引け後 MSFT マイクロソフト 442.7 1.92 289.67 305.88
07/27 引け後 SBUX スターバックス 73.0 0.78 125.97 124.58
07/27 引け後 TDOC テラドック・ヘルス 5.0 -0.48 151.59 224.66
07/27 引け後 V ビザ 58.6 1.35 249.02 272.53
07/28 寄り前 BA ボーイング 165.4 -0.79 221.52 270.42
07/28 寄り前 BMY ブリストル マイヤーズ スクイブ 113.1 1.89 68.34 75.18
07/28 寄り前 GD ゼネラル・ダイナミクス 93.1 2.54 191.86 204.48
07/28 寄り前 MCD マクドナルド 55.7 2.11 242.96 257.72
07/28 寄り前 PFE ファイザー 187.9 0.99 41.68 42.92
07/28 寄り前 TMO サーモフィッシャーサイエンティフィック 87.2 5.46 532.26 553.63
07/28 引け後 F フォード・モーター 242.2 -0.05 13.82 15.62
07/28 引け後 FB フェイスブック 278.6 3.56 369.79 391.85
07/28 引け後 PYPL ペイパル・ホールディングス 62.7 1.12 308.53 323.57
07/28 引け後 QCOM クアルコム 75.7 1.69 144.88 171.27
07/29 寄り前 AMT アメリカン・タワー 22.1 1.28 285.26 290.83
07/29 寄り前 CMCSA コムキャスト 271.5 0.66 58.36 64.13
07/29 寄り前 MA マスターカード 43.8 1.75 393.26 432.76
07/29 寄り前 MO アルトリア・グループ 53.4 1.17 47.49 53.13
07/29 寄り前 MRK メルク 112.0 1.32 77.54 91.90
07/29 寄り前 SO サザン 50.1 0.80 63.86 67.08
07/29 引け後 AMZN アマゾン・ドット・コム 1150.4 15.61 3,656.64 4,260.54
07/29 引け後 GILD ギリアド・サイエンシズ 60.6 1.75 69.02 75.39
07/29 引け後 TMUS TモバイルUS 193.7 0.50 144.00 166.00
07/30 寄り前 ABBV アッヴィ 136.5 3.08 118.19 123.55
07/30 寄り前 CAT キャタピラー 122.1 2.40 209.53 241.45
07/30 寄り前 CHTR チャーター・コミュニケーションズ 125.9 4.81 726.81 748.43
07/30 寄り前 CL コルゲート・パルモリーブ 42.4 0.80 83.28 83.55
07/30 寄り前 CVX シェブロン 367.0 1.60 98.86 122.36
07/30 寄り前 LIN Linde PLC 73.9 2.53 298.81 333.37
07/30 寄り前 PG プロクター・アンド・ギャンブル(P&G) 184.6 1.09 139.79 147.69
07/30 寄り前 XOM エクソンモービル 631.4 1.00 57.04 66.48
08/02 引け後 SPG サイモン・プロパティー・グループ 11.9 1.14 124.15 140.67
08/03 寄り前 COP コノコフィリップス 100.7 1.11 55.34 74.58
08/03 寄り前 DD デュポン・ド・ヌムール 40.0 0.95 74.22 91.14
08/03 寄り前 LLY イーライリリー 66.0 1.88 244.15 242.50
08/03 引け後 AMGN アムジェン 64.7 4.10 247.72 251.04
08/04 寄り前 CVS CVSヘルス 701.2 2.06 83.27 95.95
08/04 寄り前 EMR エマソン・エレクトリック 45.9 0.98 98.48 104.95
08/04 寄り前 EXC エクセロン 71.6 0.67 46.52 50.35
08/04 寄り前 GM ゼネラル・モーターズ(GM) 316.9 1.88 54.94 74.45
08/04 寄り前 KHC クラフト・ハインツ 65.7 0.72 39.22 42.58
08/04 引け後 BKNG ブッキング・ホールディングス 18.9 -2.42 2,202.57 2,499.20
08/04 引け後 MET メットライフ 159.1 1.67 57.63 69.13
08/05 寄り前 DUK デューク・エナジー 57.5 1.09 104.47 105.61
08/05 寄り前 MRNA モデルナ 42.7 5.82 348.83 197.85
08/05 寄り前 PLUG プラグ・パワー 1.1 -0.07 26.81 42.71
08/05 引け後 AIG アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG) 107.0 1.20 47.31 55.07
08/05 引け後 SQ スクエア 50.7 0.31 264.00 276.37

※Bloombergのデータを基にSBI証券が作成。
※上記「主要企業」とはS&P100指数に採用されている企業に当社内売買代金上位銘柄30社(2021/1/1〜2021/6/30)を加えたものを指します。「予想EPS」は多くの場合一時損益を除いた調整後EPSです。予想売上高・予想EPSについて、一部ADR銘柄などはユーロや人民元ベースのものがあります。「目標株価」は、Bloombergが集計した各アナリストの目標株価の平均値です。「銘柄名」はBloombergのデータを用いて表示しているため、当社WEBサイト上の表記と異なることがあります(銘柄検索の際は「ティッカー」をご利用ください)。Bloomberg上にデータがないものなどは「-」と表示しています。
※決算予定日はあくまで作成日時点の予定・推定日であり、予告なく変更される場合があります。

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

  • 2021年 自民党総裁選&衆議院総選挙特集

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.