SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2020-03-30 14:27:15

マーケット > レポート > アメリカ NOW!今週の5銘柄/フラッシュ >  フラッシュ〜決算前にチェック!アマゾンやマイクロソフト、AMD、テスラなどの注目点〜

アメリカNOW! フラッシュ〜決算前にチェック!アマゾンやマイクロソフト、AMD、テスラなどの注目点〜

2020/1/27
商品開発部 中川 潤一

今週はアマゾンやマイクロソフト、AMD、テスラなど、多くの注目企業が決算発表を予定!

これまでに決算発表を行ったS&P500指数採用銘柄86社の動向をみると、売上高が市場予想を上回った企業は57社(66.3%)、調整後EPS(1株当たり利益)が市場予想を上回った企業は61社(70.9%)となっています(Bloombergのデータを基にSBI証券が作成、1/26時点)。当社売買代金ランキング上位銘柄(2019/7/1〜2019/12/31)のうち、今週決算発表を予定しているのは以下の銘柄です。

アップル(AAPL)1/28 引け後
年末商戦の動向が良好なものになったとの観測が広まり、アナリストの多くが目標株価を引き上げているなかで、市場予想を上回る業績を示せるかどうかが注目されます。また、「AirPods」などのウェアラブル端末のほか、サービス関連の売上動向についても注目です。

アドバンスト マイクロ デバイシズ(AMD)1/28 引け後
2019年の10月ごろから株価が右肩上がりとなり、アナリストの間で強気な見方が相次ぎ市場の期待値が高まるなか、データセンター関連などで市場の期待値に応える好調な業績が示されるかに注目したいと思います。また、CPUやGPUについてインテル(INTC)エヌビディア(NVDA)との競争をどう進めていくかなどについても、何らかのコメントがでるか注視していきたいと思います。

ザイリンクス(XLNX)1/28 引け後
米中通商問題の影響や、米国によるファーウェイの締め出しなどの影響を受け、10-12月期の業績はさえないものになると予想されています。そうしたなかで、米中通商協議「第1段階」の合意が実現したことや5Gの普及などを受け、今後の業績見通しについて前向きなコメントが示されるかどうかということが注目点となりそうです。

マスターカード A(MA)1/29 寄り前
前年同期比で比較する際のハードルが低いことや、カードの利用が米国を含め世界的に堅調であったとみられていることから、マーケットは売上高が前年同期比で15%以上伸びたと予想しているようです。一方、事業への投資が増加していることなどから、営業利益の伸びはやや緩やかなものとなりそうです。米中通商協議「第1段階」の合意が実現したことにより、中国市場への進出が加速するのかということなども注目点となりそうです。

AT&T(T)1/29 寄り前
携帯電話サービスの契約者数やテレビサービスの加入者数のほか、2020年5月にサービス開始予定となっている動画ストリーミングサービス「HBO Max」の動向が注目されそうです。

マクドナルド(MCD)1/29 寄り前
売上高全体の1/3以上を占める米国市場の既存店売上高の動向や、植物由来のパテを使用したハンバーガーの今後の展開などに注目が集まりそうです。

ボーイング(BA)1/29 寄り前
737MAXの運航停止が2020年半ばまでは少なくとも続くとみられているなかで、運航再開のさらなる遅れが発生しないのか、運航停止に伴う損失、キャッシュフローの動向などが注目点となりそうです。

マイクロソフト(MSFT)1/29 引け後
今回の決算発表でも、「Azure(アジュール)」などクラウド関連サービスの伸び率などが最も大きな注目点になると思われます。また、昨年米国防総省から獲得した最大100億ドル規模のクラウド契約についてアマゾン ドットコム(AMZN)が米政府を提訴している件について、何らかの言及があるかも注目したいと思います。

テスラ(TSLA)1/29 引け後
前回の決算発表以降株価が急騰するなか、7-9月期同様に10-12月期も黒字を計上できたのか、フリーキャッシュフローはプラスになったのかという点が焦点になりそうです。また、新型EV「モデルY」の納車タイミングや、上海の「ギガファクトリー3」の生産状況なども話題となりそうです。

フェイスブック A(FB)1/29 引け後
月間アクティブユーザー数の伸び率や、売上高、そして経費の伸び率などが注目点となりそうです。また、政治広告への対応姿勢や、フェイスブックが主導する仮想通貨「Libra(リブラ)」の状況などについても注目していきたいと思います。

サービスナウ(NOW)1/29 引け後
M&Aの影響などを除いた既存事業の売上高(オーガニックセールス)が引き続き堅調になるとみられるなか、2019年11月に新CEOに就任したビル・マクダーモット氏が今後どのように経営を行っていくのかということなどに注目したいと思います。

アルトリア グループ(MO)1/30 寄り前
米国などで電子たばこへの規制強化の動きが広がるなか、前回の決算では投資を行っているジュール・ラブズの株式評価額を修正し、45億ドルの評価損を計上しました。フレーバー(香料)付き電子たばこなどについての経営陣のコメントが最も大きな注目点となりそうです。

アマゾン ドットコム(AMZN)1/30 引け後
米国の国土が広大なことなどにより同国で展開が遅れていた「翌日配送サービス」の提供地域を拡大したことが収益性を悪化させるなかで、そうした将来への投資が売上高の押上げなどに繋がっているかどうかに注目したいと思います。また、引き続きクラウドサービス「アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)」の動向なども注目される見込みです。

ビザ A(V)1/30 引け後
キャッシュレス化の流れが世界的に広まるなか、引き続き堅調な業績が示されると市場では予想されています。また、米中通商協議「第1段階」の合意が実現したことにより中国市場への進出が加速するのかということなどが注目点となるほか、直近53億ドルで買収することを発表したフィンテック分野のスタートアップ企業「Plaid」とのシナジー効果などにも注目したいと思います。

主要企業の四半期決算発表予定(1/27〜1/31)

発表予定
(現地時間)
ティッカー 銘柄名 予想売上高
(億ドル)
予想EPS
(ドル)
株価(1/24)
(ドル)
目標株価(1/26)
(ドル)
01/28 寄り前 LMT ロッキード・マーチン 152.8 5.02 432.50 429.20
01/28 寄り前 MMM 3M 81.1 2.10 178.15 171.65
01/28 寄り前 PFE ファイザー 125.7 0.57 39.82 43.00
01/28 寄り前 UTX ユナイテッド・テクノロジーズ 193.8 1.84 153.19 169.62
01/28 引け後 AAPL アップル 883.4 4.54 318.31 300.78
01/28 引け後 AMD アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD) 21.1 0.30 50.35 41.54
01/28 引け後 SBUX スターバックス 71.1 0.76 92.03 95.22
01/28 引け後 XLNX ザイリンクス 7.3 0.66 100.80 106.19
01/29 寄り前 BA ボーイング 217.5 1.28 323.05 347.52
01/29 寄り前 DOW Dow Inc 100.6 0.75 48.49 59.21
01/29 寄り前 GD ゼネラル・ダイナミクス 106.4 3.45 185.07 207.00
01/29 寄り前 GE ゼネラル・エレクトリック(GE) 252.9 0.17 11.71 11.54
01/29 寄り前 MA マスターカード 44.0 1.88 323.67 338.00
01/29 寄り前 MCD マクドナルド 53.0 1.96 211.24 224.93
01/29 寄り前 T AT&T 469.6 0.87 38.50 39.30
01/29 引け後 FB フェイスブック 208.9 2.86 217.94 241.56
01/29 引け後 MDLZ モンデリーズ・インターナショナル 68.4 0.60 55.09 60.76
01/29 引け後 MSFT マイクロソフト 357.0 1.32 165.04 176.37
01/29 引け後 NOW サービスナウ 9.4 0.87 309.39 321.32
01/29 引け後 PYPL ペイパル・ホールディングス 49.4 0.83 116.98 129.50
01/29 引け後 TSLA テスラ 70.5 1.78 564.82 378.71
01/30 寄り前 BIIB バイオジェン 35.3 7.97 278.14 311.13
01/30 寄り前 DD デュポン・ド・ヌムール 52.2 0.95 59.39 79.00
01/30 寄り前 DHR ダナハー 55.2 1.28 162.25 164.97
01/30 寄り前 KO コカ・コーラ 88.7 0.44 57.68 59.64
01/30 寄り前 LLY イーライリリー 59.2 1.52 139.07 140.54
01/30 寄り前 MO アルトリア・グループ 48.9 1.02 50.25 53.66
01/30 寄り前 RTN レイセオン 80.0 3.12 231.24 239.62
01/30 寄り前 TMO サーモフィッシャーサイエンティフィック 67.8 3.54 333.68 350.94
01/30 寄り前 UPS ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS) 206.6 2.10 116.66 126.74
01/30 寄り前 VZ ベライゾン・コミュニケーションズ 346.1 1.15 60.28 61.61
01/30 引け後 AMGN アムジェン 60.2 3.41 225.59 246.25
01/30 引け後 AMZN アマゾン・ドット・コム 861.1 7.03 1,861.64 2,228.56
01/30 引け後 V ビザ 60.7 1.46 205.00 218.95
01/31 寄り前 CAT キャタピラー 132.6 2.37 140.38 158.95
01/31 寄り前 CHTR チャーター・コミュニケーションズ 117.3 2.53 504.67 512.59
01/31 寄り前 CL コルゲート・パルモリーブ 39.3 0.73 70.30 71.53
01/31 寄り前 CVX シェブロン 391.7 1.45 111.85 136.04
01/31 寄り前 HON ハネウェルインターナショナル 96.0 2.04 177.13 191.00
01/31 寄り前 XOM エクソンモービル 651.8 0.44 66.32 76.41

※Bloombergのデータを基にSBI証券が作成。
※上記「主要企業」とはS&P100指数に採用されている企業に当社内売買代金上位銘柄30社(2019/7/1〜2019/12/31)を加えたものを指します。「予想EPS」は多くの場合一時損益を除いた調整後EPSです。予想売上高・予想EPSについて、一部ADR銘柄などはユーロや人民元ベースのものがあります。「目標株価」は、Bloombergが集計した各アナリストの目標株価の平均値です。「銘柄名」はBloombergのデータを用いて表示しているため、当社WEBサイト上の表記と異なることがあります(銘柄検索の際は「ティッカー」をご利用ください)。Bloomberg上にデータがないものなどは「-」と表示しています。決算予定日はあくまで作成日時点の予定・推定日であり、予告なく変更される場合があります。

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 第40回 SBI債
  • SBI証券の3つの無料化
  • 株主優待とダブルで楽しめる!?
  • 条件達成でプレミアムニュースを無料で体験!?

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.