SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-11-13 13:16:39

マーケット > レポート > アメリカ NOW!今週の5銘柄 >  フラッシュ〜決算速報:スクエアやウーバー テクノロジーズ、アリババ グループなど〜

アメリカNOW! フラッシュ〜決算速報:スクエアやウーバー テクノロジーズ、アリババ グループなど〜

2019/11/8
商品開発部 中川 潤一

米国株保有人数ランキング(当社内、2019/9/30(月)時点)上位30社のうち、現地11/1(金)〜11/7(木)に決算発表を行った以下の企業について速報をお伝えします。

阿里巴巴集団(アリババ グループ)ADR(BABA)
エクソン モービル(XOM)
アッヴィ(ABBV)
ウエストパック バンキング ADR(WBK)
バークシャー ハサウェイ B(BRKB)
スクエア(SQ)
ウーバー テクノロジーズ(UBER)

今回はウーバー テクノロジーズ(UBER)が失望的な決算を発表しています。

阿里巴巴集団(アリババ グループ)ADR(BABA) 11/1寄り前発表 当日:-0.12%

【中国のGDP成長率が減速するなかでも、売上高とEPSが市場予想を上回った】

 売上高:1,190.2億人民元(予想1,166.9億人民元) 〇市場予想を上回った
調整後EPS:13.10人民元(予想10.66人民元) 〇市場予想を上回った

・中国経済が減速するなかでも、利用者の好みを反映した「ターゲット広告」などが奏功し、売上高は前年同期比39.8%増と好調な伸びとなりました。

・クラウド部門の売上高は前年同期比64%増の92.9億人民元となりました。

・経営陣のコメントでは、以下のようなものがありました。
「アリババは新市場にも進出していく」、「当社は積極的な投資を行う能力がある」、「ライブストリーミングなど、来年以降マネタイズ(収益化)できるものが多くある」、「ただ、あまりに収益を追いすぎて、顧客の購買体験などを損ないたくはない」

・Bloombergがまとめたアナリストの目標株価平均は224.83ドル(11/7時点)

エクソン モービル(XOM) 11/1寄り前発表 当日:+3.00%

【EPSが市場予想を上回り、株価は上昇】

 売上高:650.5億ドル(予想649.7億ドル) 〇市場予想を上回った
EPS:0.75ドル(予想0.67ドル) 〇市場予想を上回った

・EPSが市場予想を上回ったことで株価は上昇しましたが、市場関係者の間では、決算発表前に複数のアナリストが前もって予想値を引き下げていたことが背景にあり、見かけほど前向きな内容ではないとの声も出ているようです。

・経営陣のコメントでは、以下のようなものがありました。
「長期的な成長戦略の実行状況はとても順調だ」、「(南米のガイアナ沖で発見した大型の油田鉱区)ガイアナの採掘状況は計画を上回るペースで、確認されている埋蔵量もさらに増加している」、「M&Aについては詳細な検討を行っている」

・Bloombergがまとめたアナリストの目標株価平均は78.66ドル(11/7時点)

アッヴィ(ABBV) 11/1寄り前発表 当日:+2.77%

【アクティビスト(物言う投資家)の主張に対応する、3ヵ年計画を発表】

 売上高:84.8億ドル(予想83.8億ドル) 〇市場予想を上回った
調整後EPS:2.33ドル(予想2.30ドル) 〇市場予想を上回った

・リウマチ治療薬「ヒュミラ」の売上高は前年同期比3.7%減の49.4億ドルとなりました。より安価なバイオシミラー(バイオ医薬品の後発医薬品)が販売されている米国外の市場で苦戦し、米国外の売上高は同33.5%減となっています。

・抗がん剤の「イムブルビカ(一般名:イブルチニブ)」は売上高が前年同期比29.3%増の12.6億ドルとなりました。

・2019/12通期については、一時損益を除く調整後EPS見通しを従来予想の8.82〜8.92ドルから8.90〜8.92ドルへと下限を引き上げました。

・増配の発表があり、1株当たりの配当が従来の1.07ドルから1.18ドルへと引き上げられました(2020/1/14配当落ち)。

・経営陣のコメントでは、以下のようなものがありました。
「今四半期も素晴らしいものとなった」、「尋常性乾癬の治療薬『スキリージ(リサンキズマブ)』は今後大きく伸びる」、「経口JAK阻害薬『リンヴォーク(ウパダシチニブ)』の初期段階のトレンドは『とても好ましい』状況だ」、「アイルランドの同業大手アラガン(AGN)の買収は予定通りに進んでいる」

・Bloombergがまとめたアナリストの目標株価平均は93.18ドル(11/7時点)

ウエストパック バンキング ADR(WBK) 11/3発表 翌取引日:-3.82%

【25億豪ドル規模の株式の売り出しと、減配を発表】

・25億豪ドル規模の株式の売り出しと、0.94豪ドルから0.80豪ドルへの減配が発表されたことを受け、株価は下落しました。

・調達した資金は当局の新たな規制水準に対応するために用いられるとしています。

・経営陣のコメントでは、以下のようなものがありました。
「2019/9期は失望的な1年だった」、「経済の成長率や金利水準が低いなかで、業績は大きく落ち込んだ」

※カバーしているアナリストの数が少ないため、目標株価や市場予想は記載しておりません。

バークシャー ハサウェイ B(BRKB) 11/2発表 翌取引日:+1.00%

【営業利益は14%増加し、手元キャッシュは過去最高の1,280億ドルに】

・過去最大の買収となった鉄道会社BNSFの業績が過去最高となったことや、株式投資利益などが寄与する形で、営業利益は過去最高の78.6億ドルとなりました。

・手元キャッシュは過去最高の1,280億ドルに達し、引き続きキャッシュが積みあがっている状況となっています。

※カバーしているアナリストの数が少ないため、目標株価や市場予想は記載しておりません。

スクエア(SQ) 11/6引け後発表 時間外取引:+1.30%

【調整後EPSが市場予想を上回り、調整後EPSの通期見通しも下限が引き上げられた】

 調整後売上高:6.0億ドル(予想6.0億ドル) △市場予想通り
調整後EPS:0.25ドル(予想0.20ドル) 〇市場予想を上回った

・調整後EPSの通期見通しは従来予想の0.74〜0.78ドルから0.76〜0.78ドルに引き上げられました。

・送金アプリ「Cash(キャッシュ)」について、単元未満の株式が購入できるサービスを提供するとしたほか、仮想通貨ビットコインの影響を除いたベースの純売上高が前年同期比115%増の1.6億ドルになったとしている。

・経営陣のコメントでは、以下のようなものがありました。
「フードデリバリーサービス『Caviar』売却資金は事業の投資に向ける」、「成長は新機能や、製品間のギャップから生じる」

・Bloombergがまとめたアナリストの目標株価平均は70.53ドル(11/7時点)

ウーバー テクノロジーズ(UBER) 11/4引け後発表 時間外取引:-5.50%

【グロスブッキングと月間アクティブユーザー数が市場予想を下回り、株価は急落】

 調整後売上高:35.3億ドル(予想33.9億ドル) 〇市場予想を上回った
EPS:-0.68ドル(予想-0.85ドル) 〇市場予想よりも良好

・グロスブッキング(配車需要の指標)は165億ドルとなり、市場予想の167億ドルを下回りました。

・月間アクティブユーザー数は1億300万人となり、こちらも市場予想の1億700万人を下回りました。

・市場関係者はグロスブッキングと月間アクティブユーザー数の動向をもっとも重要視しているとされ、それらが両方とも市場予想を下回ったことで、株価は時間外取引で急落しました。

・11/6にロックアップ期間が終了し、大量の株式が市場で売買が可能になるため、市場はその点についても懸念しているとの声が聞かれました。

・経営陣のコメントでは、以下のようなものがありました。
「投資を控えめにして、2021年には調整後損益が黒字化する見通し」、「投資は自らの資金で行えるものに限る」

・Bloombergがまとめたアナリストの目標株価平均は45.52ドル(11/7時点)

※Bloombergのデータ、各種報道を基にSBI証券が作成

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 夜間PTS取引で現金が当たる!
  • SBI証券のFXが選ばれる4つの理由とは?
  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.