SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-11-13 13:21:57

マーケット > レポート > アメリカ NOW!今週の5銘柄 >  今週の5銘柄 〜最高値更新の米国市場!アップル、メルクほかの好決算銘柄をご紹介〜

アメリカNOW! 今週の5銘柄 〜最高値更新の米国市場!アップル、メルクほかの好決算銘柄をご紹介〜

2019/11/5
投資情報部 榮 聡

先週はFOMC(米公開市場委員会)を無難に消化してS&P500指数は史上最高値を更新、さらに米中の景気指標改善を受けて一段高となりました。今週は決算発表がピークを越え、米中通商協議の行方と経済指標が注目されます。

今回も先週発表の好決算銘柄から注目できるものとして、アップル(AAPL)メルク(MRK)クォルボ(QRVO)フォーティネット(FTNT)ムーディーズ(MCO)を選んで今週の5銘柄といたします。

図表1 S&P500指数の一目均衡表(日足、3ヵ月)

※当社WEBサイトを通じてSBI証券が作成

図表2 業種別指数騰落率・個別銘柄騰落率

S&P500業種指数騰落 1週 1ヵ月 3ヵ月
エネルギー 3.4% 6.5% 1.2%
資本財・サービス 3.0% 7.2% 7.1%
金融 1.9% 6.9% 6.4%
素材 1.8% 5.7% 3.9%
ヘルスケア 1.6% 4.8% 3.9%
情報技術 1.3% 5.6% 7.7%
S&P500 1.3% 4.3% 5.0%
通信サービス 0.7% 4.2% 4.2%
一般消費財・サービス 0.3% 2.1% 2.6%
公益事業 -0.1% -2.4% 5.2%
不動産 -0.7% -1.7% 2.5%
生活必需品 -0.7% -1.3% 2.0%
騰落率上位(1週) 騰落率
ゼネラル・エレクトリック(GE) 20.5%
クラフト・ハインツ 17.5%
ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス 6.9%
アッヴィ 5.9%
ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS) 5.8%
騰落率下位(1週) 騰落率
プロクター・アンド・ギャンブル(P&G) -3.6%
ペイパル・ホールディングス -3.6%
コムキャスト -3.4%
コルゲート・パルモリーブ -2.9%
エクセロン -2.5%

注:個別銘柄の騰落率上位、下位はS&P100指数が母集団です。11/4(月)終値までの騰落率によります。
銘柄名はBloombergの表記により、当社WEBサイトの表記と異なる場合があります。
※BloombergデータをもとにSBI証券が作成

先週の米国株式市場

10/28(月)は米中協議進展への期待から上昇、10/30(水)のFOMC(米連邦公開市場委員会)結果発表は無難に消化して史上最高値を更新しました。10/31(木)は米中協議に中国側から慎重な見方が出たこと、また、米中景気指標の悪化も嫌気されて反落しましたが、11/1(金)には中国の10月財新製造業PMIが4ヵ月連続で改善し、10月の米雇用統計で非農業部門雇用者数が予想を上回り、米ISM製造業景気指数が前月から改善したことを受けて一段高に進みました。S&P500指数は週間で1.5%の上昇、景気への懸念から下落した10月初から4週連続の上昇となっています。

業種指数騰落率では、「エネルギー」「資本財・サービス」「金融」「素材」など景気敏感業種が上昇する一方、「公益事業」「不動産」「生活必需品」など配当利回りが高い業種が下落、「グロース/ディフェンシブからバリューへ」の物色シフトが鮮明となっています。個別には、これまで業績悪化や会計方針に関する当局からの照会など悪材料が重なっていた、ゼネラルエレクトリック(GE)クラフトハインツ(KHC)に決算を経て見直し買いが入っています。

経済指標では、10月の米雇用統計で非農業部門雇用者数は前月比12.8万人増で市場予想の同8.5万人増を上回りました。GMのストライキの影響で自動車産業が同4.2万人減となったのを一時要因と考えると水準もまずまずで、9月分も13.6万人増から18.0万人増に上方修正されており、米国の雇用は引き続き堅調と判断できそうです。

また、10月の米ISM製造業景気指数は市場予想の48.9を下回る48.3となったものの、前月の47.8を上回りました。ISM同様に企業景況感を測るマークイットの各国製造業PMIが底入れの傾向となっていることから、市場の一部には製造業の景況感が底入れするのではとの期待が台頭していますが、この見方を強化する動きと言えそうです。

FOMCの結果発表では市場予想通り0.25%の利下げとなった一方、12月分については様子見が示唆されました。12月は利下げの休止が優勢と想定していた市場に対してネガティブな反応はありませんでした。

今週の米国株式市場

7-9月期の決算発表はピークアウトして、今週は目立った重要イベントもありません。市場の注目は米中通商協議の進捗および経済指標に移るとみられます。日本の休日にあたった11/4(月)は、米中が第1段階の通商合意に月内に署名する可能性があるとの見方から主要3指数が揃って史上最高値を更新しました。

S&P500指数は、来期予想EPS181.57ポイント(Bloomberg集計値)をベースに、予想PERは17.0倍まで上昇してきました。11/4(月)には十字足が出て目先は利食いで反落となりやすいとみられるものの、中期的に米中通商協議が順調なら17.5倍の3,180ポイント辺り、さらに、製造業の底入れ機運が高まってくるようなら、一時的には18.0倍の3,270ポイント辺りまで買われる可能性がありそうです。

7-9月期決算は、通常よりも好調となっています。Bloombergの集計によるS&P500指数採用企業のEPSは前年同期比1.4%減、市場予想を4.8%上回っています。市場予想比で3〜4%上回るのが通常ペースですので、これを上回っていることになります。また、FactSetによる11/1(金)時点の集計では、発表済と発表予定の決算を混合したEPSは前年同期比2.7%減で、先々週末の同3.7%減から改善しています。

一方、トランプ大統領の弾劾調査の行方はリスク要因と考えられます。米下院は10/31(木)に弾劾調査を公開すると決議したことから、調査後に弾劾裁判の実施を可決する可能性が高まったと考えられます。上院での裁判で有罪となる可能性は低いものの、手続きが進む間は相場の不安定要因となりそうです。

経済指標では、11/6(水)に米国の10月ISM非製造業景気指数(前月の52.6から53.5に改善の予想)、11/8(金)に中国の10月貿易統計(輸出は前年比3.5%減、輸入は同8.0%減の予想)、11/8(金)(日本時間11/9(土))に米国の11月ミシガン大学消費者マインド(前月と同じ95.5の予想)などの発表が予定されています。

企業決算では、エマソンエレクトリック、スクエア、クアルコム、ウォルトディズニー、ブッキングホールディングスなどの発表が予定されています。

今週の5銘柄

マークイットおよび提携先の各国製造業PMIに下げ止まりの兆しが出ているため、市場には世界の成長率鈍化を主導してきた製造業が底入れするのではとの期待が高まっているようです。

同指数がピークをつけて悪化に転じたのは、中国が17年8月、ユーロ圏が17年12月、日本が18年1月と既に悪化が続いた期間が1年半以上となっています。米中貿易摩擦がかく乱要因となっていますが、通常の景気サイクルからは底入れしても不思議でないタイミングに差し掛かっています。

関税率の引き上げは、生産地の変更、生産計画の変更・様子見、設備投資の抑制などに繋がって一時的に生産を下押すものの、最終的な需要に対する下押しはさほど大きくないと考えられることから、時間の経過とともにマイナスの影響は小さくなり、本来の景気循環の動きが表面化するとみられます。

このため、「グロース/ディフェンシブからバリュー/シクリカル」への物色シフトは、上記のようなファンダメンタルズ面からのサポートを受けて継続する可能性が高まっていると考えられるでしょう。引き続き物色の変化を意識して銘柄選択を行うことが有効となりそうです。

今回も先週決算を発表した主要企業から、注目できるものとして、アップル(AAPL)、メルク(MRK)、クォルボ(QRVO)、フォーティネット(FTNT)、ムーディーズ(MCO) を選んでご紹介いたします。

図表3 先週発表の好決算銘柄(S&P500指数採用企業対象)

    直近実績 直近実績の
前年同期比
予想乖離 前四半期の
前年同期比
アップル(AAPL) 売上(億ドル) 640 2% 2% 1%
EPS(ドル) 3.03 4% 7% -7%
メルク(MRK) 売上(億ドル) 124 15% 6% 12%
EPS(ドル) 1.51 27% 22% 23%
クォルボ(QRVO) 売上(億ドル) 8 -9% 7% 12%
EPS(ドル) 1.52 -13% 17% 42%
フォーティネット(FTNT) 売上(億ドル) 5 21% 3% 18%
EPS(ドル) 0.67 37% 19% 41%
ムーディーズ(MCO) 売上(億ドル) 12 15% 5% 3%
EPS(ドル) 2.15 27% 8% 1%

※BloombergデータをもとにSBI証券が作成

今週の注目銘柄

買付 チャート 銘柄 株価
(11/4)
予想PER
(倍)
ポイント
買付チャートアップル(AAPL)257.50ドル19.9

【年末商戦シーズンを含む10-12月の売上高見通しが好調】

・7-9月期決算は、前年同期比2%増収、同4%増益、市場予想比では売上が2%、EPSが7%上回りました。iPhone売上は前年同期比9%減となったものの、サービス部門の牽引で市場予想を上回りました。10-12月期の売上高見通しは855億〜895億ドルとなり、中央値は市場予想の865.1億ドルを上回りました。年末商戦シーズンの売上高見通しが市場予想を上回ったことで、「iPhone」の販売減速を巡る市場の懸念が薄らいだとみられます。

・経営陣からは、「年末商戦を含め、10-12月期についてとても楽観的だ」「中国市場での販売トレンドには改善がみられる」「ウェアラブル端末の動向は素晴らしい」「米中貿易問題を巡る状況は良くなってきているように思う」など先行きを楽観するコメントが目立っています。

買付チャートメルク(MRK)83.90ドル15.1

【がん免疫治療薬キイトルーダの好調が続く】

・7-9月期決算は、前年同期比15%増収、同27%増益、売上は市場予想を6%、EPSは市場予想を22%と大幅に上回りました。主力のがん免疫治療薬キイトルーダが前年同期比62%増となったほか、子宮頸がん予防ワクチンのガーダシルが同27%増となって売上を牽引しています。通期業績ガイダンスの中央値は売上で2%、調整後EPSで5%引き上げられています。

・キイトルーダの売上は7-9月期に30.7億ドル、売上構成比で25%に達しています。売上拡大の背景として、非小細胞肺がん(NSCLC)への適応拡大による売上モメンタムが強かったほか、腎細胞がんへやメラノーマ治療の補助剤としての適応拡大が牽引したとしています。ガーダシルの伸びを主因に中国売上が前年同期比84%増となっていることも注目できるでしょう。

買付チャートクォルボ(QRVO)101.51ドル18.0

【7-9月期の減収減益から10-12月期は増収へ】

・7-9月期決算は、前年同期比9%減収、同13%減益となったものの、売上は市場予想を7%、EPSは市場予想を17%上回りました。10-12月期のガイダンスは売上が840〜860百万ドルで市場予想の761百万ドルを中央値で12%上回り、調整後EPSは1.67ドルで市場予想の1.35ドルを24%上回りました。売上は前年同期比増収に転じる見通しです。これを受けて11/1(金)の株価は20%上昇しています。

・同社はスマホや通信インフラなどに無線通信用の半導体を供給している企業で、アップルのサプライヤーとしても注目を集めることが多い企業です。足もとでは韓国や中国のスマホメーカーでの採用が増えているほか、中期的には5G(次世代移動通信システム)によって無線通信が活躍する場が広がることから成長が期待されています。

買付チャートフォーティネット(FTNT)91.89ドル34.7

【サイバーセキュリティ業界の平均を上回る売上の伸び】

・7-9月期決算は、前年同期比21%増収、同37%増益で、売上は市場予想を3%、EPSは市場予想を19%上回って好調でした。10-12月期のガイダンスは売上が595〜610百万ドル、EPSは0.69〜0.71ドルと市場予想並みでしたが、通期のガイダンスを売上・EPSとも従来のガイダンスから1%引き上げています。

・総合的なサイバーセキュリティーソリューションをグローバルに提供する世界的大手の一角です。セキュリティ関連機器の出荷では世界最大とされ、36万社の顧客を保有しています。サイバー攻撃の増加を背景に高成長が続いており、業界平均を上回る売上成長が続いています。アナリストの目標株価平均は97.56ドルです。

買付チャートムーディーズ(MCO)218.00ドル24.3

【債券発行の拡大から恩恵】

・7-9月期決算は、前年同期比15%増収、同27%増益で、売上は市場予想を5%、EPSは市場予想を8%上回って好調でした。7-9月期は長期金利が底入れして企業や公的部門の債券発行が高水準となったためにムーディーズ・インベスター・サービス部門が前年同期比16%の増収となったほか、ムーディーズ・アナリティックス部門が同13%増収と引き続き高い成長が維持されました。

・信用格付けのグローバル市場をS&Pグローバル社と複占する企業で、債券市場の拡大とともに成長が見込まれます。信用格付けを核に、データ・分析ツール、信用リスクの定量評価 、リスクスコア・ソフトウエア、与信ポートフォリオ・マネジメント・ソリューション、 証券プライシング・ソフトウエア、評価モデルなどの製品・サービスも提供しています。

注:予想PERはBloomberg集計のコンセンサス予想EPSによります。アップルは20年9月期、クォルボは20年3月期、その他は20年12月期です。
※会社資料、BloombergデータをもとにSBI証券が作成

主要イベントの予定

  経済指標・イベント 企業決算・イベント
4(月) ・日本の祝日(振替休日) ウエストパック銀行、アンダーアーマー
5(火) ・米製造業受注(9月)
・ユーロ圏生産者物価指数(9月)
・米貿易統計(9月)
ウーバーテクノロジーズ、エマソンエレクトリック
マリオットインターナショナル、タペストリー
6(水) ・米求人労働異動調査(9月)
・米ISM非製造業景気指数(10月)
・ユーロ圏小売売上高(9月)
CVSヘルス
7(木)   スクエアクアルコム
エクスペディアグループ、モンスタービバレッジ
8(金) ・米消費者信用残高(9月)
・中国貿易統計(10月)
ウォルトディズニー、アクティビジョンブリザード
ブッキングホールディングス
9(土) ・ミシガン大学消費者マインド(11月、速報値)
・中国生産者・消費者物価指数(10月)
・中国資金調達総額(10月、15日までに発表)
 
11(月) ・コア機械受注(9月) ・アリババグループのセール「独身の日」
12(火) ・日本工作機械受注(10月)
・ドイツZEW調査(11月)
・米NFIB中小企業楽観指数(10月)
DRホートン
13(水) ・ユーロ圏鉱工業生産(9月)
・米消費者物価指数(10月)
 
14(木) ・日本実質GDP(7-9月期)
・中国鉱工業生産・小売売上高・固定資産投資(10月)

・中国調査失業率(10月)
・ユーロ圏実質GDP(7-9月期)
・米生産者物価指数(10月)
シスコシステムズナショナルグリッド
ウォルマート
15(金) ・中国新築住宅価格(10月)
・ユーロ圏貿易統計(9月)
・米ニューヨーク連銀製造業景気指数(11月)
・米輸入物価指数(10月)
・米小売売上高(10月)
米鉱工業生産(10月)
エヌビディア、アプライドマテリアルズ

注:日付は日本時間によります。企業決算の赤字でのハイライトは、当社顧客保有数の1〜30位、青字のハイライトは31〜50位を示します。
※Bloombergデータ、各種報道をもとにSBI証券が作成

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 夜間PTS取引で現金が当たる!
  • SBI証券のFXが選ばれる4つの理由とは?
  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.