SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-09-22 02:23:02

マーケット > レポート > アメリカ NOW!今週の5銘柄 >  アメリカNOW! フラッシュ 〜主要企業の決算予定:アマゾン、マイクロソフト、インテル、ボーイング、ビザ、フェイスブックほか〜

アメリカNOW! フラッシュ 〜主要企業の決算予定:アマゾン、マイクロソフト、インテル、ボーイング、ビザ、フェイスブックほか〜

2019/4/23
投資情報部 榮 聡

米企業の1-3月期決算発表は3週目を迎えますが、4/18(木)時点でS&P500指数採用銘柄のうち15%が発表を終えています。発表が終わった企業の実績と今後発表する企業の予想をブレンドしたEPS増益率は前年同期比3.9%減と引き続き減益の予想です(FactSet集計)。

ただ、先々週末のこの数字は同4.3%減でしたので、発表企業の実績が予想を上回って、全体が上昇修正されたことになり勇気付けられる動きです。現在は企業業績の伸びが低調な一方、株価バリュエーションは高まっているため、そのような動きを確認することは、いつにも増して重要でしょう。

以下、当社顧客の保有上位銘柄について、決算の見通し、見どころなどをコメントしています。

コカ-コーラ(KO)
同社は製品のイノベーションへの投資や買収によって売上を押し上げようとしていますが、これらに係る費用増から19年は実質的に前年比横ばいのEPSが予想されています。1-3月期もこのような費用増を受けて、EPSは前年同期比2%減となる見込みです。

プロクター & ギャンブル(PG)
競合するジョンソン&ジョンソンのベビーケア部門、ロレアルのマス・コンシューマー部門の北米売上が前年同期比1%増と低調であったことから、製品イノベーションで優位に立つ同社は10-12月期に続いて市場シェアを拡大したと考えられます。会社は前回決算で通期のオーガニック売上成長率を2〜3%から2〜4%へ引き上げていますが、上限近くを達成する可能性も出てきていると見られます。

ベライゾン コミュニケーションズ(VZ)
1-3月期のコンセンサス予想は、ワイヤレス部門の増収が牽引して前年同期比1.2%の増収が見込まれています。後払い顧客の純増は20.6万人と予想されています。同社は4/3(水)に世界初の5G商用サービスを開始して5Gでの積極姿勢が目立っていますが、業績へのインパクトが出てくるのはまだ先の見通しです。

ボーイング(BA)
737MAXの墜落事故の影響で航空会社は同型機の納入を受け入れないため、1-3月期の業績は、売上、利益、マージンともにネガティブな影響が出る見通しです。コンセンサス予想では、減収・減益に落ち込むと見込まれています。737型機の生産台数を4月中旬より月52機から42機に引き下げたことは、当局による運航停止措置が長引くと同社が考えていることを示唆すると見られます。

AT&T(T)
投資家の注目は買収したコンテンツ事業の経営統合の実行に集まると見られます。通信サービスとコンテンツ制作企業の文化の違いは大きく、経営統合はたやすいことではないと考えられますが、最近HBOとタイムワーナーの経営陣の一部が辞任したため、特に動向に注目が集まっています。

ビザ A(V)
(1)米国の政府閉鎖、貿易摩擦による緊張、Brexitなど10-12月期のクロスボーダー収入の落ち込みに影響した要因はいずれも和らいだと見られること、(2)ビザブランド最大のカード発行者であるJPモルガンチェースのカード利用額は1-3月期に前年同期比10%伸びていたことなどから、1-3月期の売上は堅調に伸びたと推定されます。

ペイパル ホールディングス(PYPL)
世界景気の減速やイーベイの取引量の低下などが短期的なリスクとなっていますが、事業のコア部分についてはアカウント当たりの取引量増加が牽引して順調な拡大となっている見通しです。

フェイスブック A(FB)
1-3月期は売上がさらに鈍化するうえ、サイト監視や規制のリスクに対応するためのコストが嵩んでEPSも減益への転換が見込まれています。「Facebook」のチーフ・プロダクト・マネージャーの交代や傘下の各社が直接ザッカーバーグCEOにレポーティングする体制に改められ、会社の体制でも個人情報保護の重視へ舵を切ったことがうかがえます。

アマゾン ドットコム(AMZN)
1-3月期はドル高による海外売上の目減り、プライム会員収入の減速、海外ネット通販の鈍化などから、売上の伸びが10-12月期から低下する見通しです。一方、広告収入の増加、クラウド事業の伸び、「フルフィルメント by Amazon」の増加などからEPSの高い伸びは続くと見込まれています。同社は17年の先行投資が実を結んで18年には営業利益率が5.3%と、17年の2.3%から大幅に改善しましたが、その勢いが続くと想定されます。

スリーエム(MMM)
1-3月期は、ドル高による売上の目減りに加え、部門別にはインダストリアルで軟調な自動車販売の影響が想定されるほか、地域別には中国の活動低下を受けてアジア太平洋地域の減収が大きくなると見込まれています。これを受けてEPSも前年同期比減益が予想されています。

アルトリア グループ(MO)
タバコの出荷本数は一桁台半ばの減少となることが見込まれ、価格の引き上げ分があっても減収が予想されています。また、フィリップモリスインターナショナルによる「IQOS」を投入するための投資を行っているため(FDAによる承認が必要ですが)、EPSは前年同期比減少が予想されています。

インテル(INTC)
19年1-3月期のガイダンスは、売上が160億ドル(前年同期比0%)、調整後EPSは0.87ドル(同5%減)で、コンセンサスのEPS予想はガイダンスより強めとなっています。データセンター向けが前年同期比一桁台前半のマイナス、PC向けが一桁台前半のプラスが想定されています。なお、4/16(火)にアップルとクアルコムの訴訟和解を受けて、5Gスマホの無線通信モデム事業から退出することを発表しています。

マイクロソフト(MSFT)
為替の影響を除いて前年同期比18%伸びた10-12月期から売上の伸びは低下すると見込まれるものの、「Office365」「Azure」など主要サービスの需要は好調で、売上は順調に拡大したと見られます。パソコン向けCPUの供給不足は、同社の収益には大きな影響を与えていないと見られます。

エクソン モービル(XOM)
1-3月期の原油価格(WTI価格)平均価格は前年同期比13%低下していることを主因に、減収減益が予想されています。同社は北米での精製マージン縮小で下流部門の利益が10-12月期比低下するとのプロフィットウォーニングを4月に出していますが、期中に原油価格の上昇が続いたため、下流部門の利益減は上流部門の利益増である程度カバーされると期待されます。

図表1:主要企業の四半期決算発表予定(4/23〜4/26)

発表予定
日時
(日本時間)

コード

銘柄

予想
売上高
(億ドル)

予想
EPS
(ドル)

予想
売上高
増加率

予想
EPS
増加率

売上高
増加率
(前回)

EPS
増加率
(前回)

通期
予想
EPS
(ドル)

株価
(4/11)
(ドル)

アナリスト
目標株価
(4/11)
(ドル)

04/23

寄り前

KO

コカ・コーラ

79.0

0.46

3.6

-1.9

-6.1

10.3

2.10

47.48

50.31

04/23

寄り前

PG

プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)

163.6

1.03

0.5

3.2

0.3

5.0

4.44

106.05

100.72

04/23

寄り前

LMT

ロッキード・マーチン

125.1

4.34

7.5

8.0

-4.8

2.1

19.59

314.26

341.86

04/23

寄り前

NEE

ネクステラ・エナジー

42.8

2.01

10.7

3.8

9.5

19.2

8.39

189.36

194.56

04/23

寄り前

UTX

ユナイテッド・テクノロジーズ

179.9

1.71

18.0

-3.3

15.1

21.9

7.88

137.00

142.86

04/23

20:30

VZ

ベライゾン・コミュニケーションズ

321.5

1.17

1.2

-0.3

1.0

30.2

4.66

58.04

59.60

04/23

-

TXN

テキサス・インスツルメンツ

34.8

1.13

-8.0

-6.8

-0.9

16.5

5.10

115.51

109.08

04/24

寄り前

BA

ボーイング

232.6

3.29

-0.5

-9.7

11.7

79.1

17.55

380.07

427.71

04/24

寄り前

BIIB

バイオジェン

33.9

6.84

8.2

13.0

6.6

32.9

28.77

226.39

258.28

04/24

寄り前

GD

ゼネラル・ダイナミクス

88.4

2.43

17.3

-8.5

25.4

22.8

11.71

176.85

200.75

04/24

20:00

T

AT&T

451.2

0.86

18.6

0.7

15.2

10.3

3.59

32.03

34.52

04/24

20:30

CAT

キャタピラー

134.0

2.82

4.2

0.1

11.2

18.1

12.21

143.36

149.46

04/25

早朝

FB

フェイスブック

149.7

1.63

25.1

-3.6

30.4

7.7

8.78

178.28

197.74

04/25

早朝

PYPL

ペイパル・ホールディングス

41.3

0.68

12.0

18.9

12.9

25.5

2.88

107.36

106.55

04/25

早朝

V

ビザ

54.6

1.24

7.6

11.8

13.3

20.4

5.32

160.16

167.47

04/25

05:09

MSFT

マイクロソフト

298.5

1.00

11.3

4.8

12.3

15.0

4.44

123.37

130.77

04/25

寄り前

ABBV

アッヴィ

77.7

2.06

-2.1

9.9

7.3

28.4

8.69

77.57

91.63

04/25

20:00

RTN

レイセオン

65.6

2.47

4.8

12.4

8.5

51.0

11.59

182.49

207.25

04/25

20:00

UPS

ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)

177.8

1.42

3.9

-8.5

5.4

16.2

7.55

114.15

117.22

04/25

22:00

MO

アルトリア・グループ

45.9

0.92

-1.8

-3.1

1.5

4.4

4.21

54.37

59.65

04/25

22:15

F

フォード・モーター

375.0

0.26

-3.9

-38.6

0.5

-23.1

1.20

9.55

9.39

04/25

-

BMY

ブリストル・マイヤーズ スクイブ

58.0

1.09

11.8

15.9

9.6

38.2

4.16

45.52

59.08

04/25

-

CMCSA

コムキャスト

272.0

0.67

19.4

8.1

27.1

30.6

2.88

42.43

45.38

04/25

-

MMM

3M

80.2

2.49

-3.1

-0.6

-0.6

10.0

10.53

218.88

207.69

04/26

早朝

INTC

インテル

160.3

0.87

-0.2

0.0

9.4

18.5

4.52

58.49

55.22

04/26

早朝

SBUX

スターバックス

63.2

0.56

4.7

6.0

9.2

29.3

2.72

76.06

73.31

04/26

05:01

AMZN

アマゾン・ドット・コム

597.0

4.67

17.0

42.7

19.7

180.9

36.02

1,861.69

2133.29

04/26

05:05

COF

キャピタル・ワン・ファイナンシャル

70.3

2.72

1.8

2.6

0.0

15.4

11.03

88.11

101.05

04/26

19:55

CL

コルゲート・パルモリーブ

38.6

0.66

-3.5

-10.4

-2.1

-1.3

2.83

69.35

66.06

04/26

-

CVX

シェブロン

374.3

1.28

-0.9

-32.5

12.6

212.2

7.10

119.86

140.90

04/26

-

XOM

エクソンモービル

651.1

0.72

-4.5

-34.0

8.1

60.2

4.35

81.13

86.24

注:S&P100指数の採用企業です。「目標株価」は、アナリストの目標株価の平均値です。
※BloombergデータをもとにSBI証券が作成

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!
  • 【ドル/円0.3銭】マイナー6通貨ペア スプレッド縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.