SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-19 23:45:20

マーケット > レポート > アメリカ NOW!今週の5銘柄 >  フラッシュ 〜主要企業の決算予定:アップル、ボーイング、マクドナルド、フェイスブック、マイクロソフト、アマゾンドットコムほか〜

アメリカNOW!フラッシュ 〜主要企業の決算予定:アップル、ボーイング、マクドナルド、フェイスブック、マイクロソフト、アマゾンドットコムほか〜

2019/1/29
投資情報部 榮 聡

1/28(月)の米国株式市場は、エヌビディアの売上下方修正、キャタピラーの利益未達を主因に下落しました。年初のアップルのプロフィットウォーニング後にはやや沈静化していた企業業績に対する警戒が再び高まったと見られます。今週はS&P500指数採用企業のうち120社が発表を予定するピーク週で、引き続き注意してみていく必要がありそうです。

エヌビディア(NVDA)は2/14(木)に発表する11-1月期決算の売上見通しを下方修正しました。ガイダンスの27.0億ドル(前年同期比7%減)から22.0億ドル(前年同期比24%減)とする大幅なもので、1/28(月)に同社株価は138.01ドルへ前日比13.8%の下落となっています。

下方修正の要因は、主力のゲームPC向けGPU(グラフィックプロセッサー)で、仮想通貨マイニング向け需要減を要因とする流通在庫の調整は想定していたものの、同社GPUに対する消費者の最終需要の減少が想定以上となり、特に中国の需要減の影響が大きいとしています。

また、データセンター向けでは、四半期末にかけて顧客企業のスタンスが慎重となり、計上を見込んでいた複数の案件が契約に至らなかったとしています。

キャタピラー(CAT)の10-12月期EPSは前年同期比17%増の2.55ドルでしたが、市場予想の2.98ドルを大幅に下回り、19年12月ガイダンスが、市場予想の12.73ドルに対して11.75〜12.75ドルにとどまったために失望されました。

尚、10-12月期決算の発表は、1/25(金)までにS&P500指数構成企業の22%が発表を終え、EPSの増加率(発表済の実績と今後の予想の混合)は前年同期比10.9%増(FACTSET社の1/25(金)時点の集計)の予想で推移しており、全体としてはまずまず堅調です。

図表1は来週初にかけて発表予定の主要企業(S&P100指数採用企業)のコンセンサス業績予想です。決算が発表された際のチェックに使っていただけるでしょう。

以下、当社顧客の保有上位銘柄について、決算の見通し、見どころなどをコメントしています。

ファイザー(PFE)
同社の19年の利益増を支えるのは「イブランス」と「エリキュース」ですが、「エリキュース」のモメンタムは強いものの、「イブランス」の処方箋枚数が足もとで弱く、10-12月期決算で市場予想をショートする可能性があると見られています。年初来の株価の弱さはこの懸念を織り込むものと見られます。

ベライゾン コミュニケーションズ(VZ)
同社は1/8(火)に10-12月期の消費者向けワイヤレス部門の後払い契約数の純増が120万人(うち電話契約が65万人)であったことを発表しており、10-12月期の業績は堅調と見られます。決算説明会の注目は、昨年10月からサービスを始めた「5Gホーム」と、今年後半のサービス開始を計画する本格的な「5G」になると見込まれます。

スリーエム(MMM)
7-9月期のオーガニック売上成長率が前年同期比1.3%増まで急低下して失望されましたが、産業機器の市場を広く反映するテキサスインスツルメンツの業績推移を見ると、10-12月期もさほど改善していないだろうことは想定されます。同社が11月に開催したインベスターデーでは、19年から23年にかけての目標をオーガニック売上成長率は3〜5%、EPSの成長率は8〜11%として、中長期の成長見通しは維持されています。

アップル(AAPL)
1/2(水)に会社が10-12月期の売上見通しを引き下げ、これを受けて市場コンセンサスはiPhoneの販売台数は前年同期比8%減、全社の売上は同5%減と予想しています。決算の注目点は1-3月期の売上ガイダンスで、足もとの弱さがいつ頃まで続くのかになるでしょう。尚、10-12月期より、(1)製造原価を製品とサービスに分けて開示する(つまり、製品とサービスの利益率が明らかになる)、(2)iPhone、iPad、Macなどの販売台数は開示しない、と開示内容が変更されます。

ボーイング(BA)
1/8(火)発表の18年12月期の民間航空機納入は806機とガイダンスの810〜815機をやや下回ったものの、受注は狭胴の737MAXを中心に900機近くを確保して好調でした。また、1/10(木)には、ブラジルの小型旅客機メーカーエンブラエルの買収提案に対してブラジル政府が承認したこともプラスです。

マクドナルド(MCD)
デリバリーの拡大、「未来志向型店舗」へのアップグレード、各種メニューの梃入れの施策から米国ファーストフード業界でのシェアが拡大しており、既存店売上も堅調と予想されています。一方、店舗のアップグレード費用、人件費、材料費などが利益率の圧迫要因と見られます。

AT&T(T)
ワイヤレスの後払い契約数が7-9月期の23万件の純減から、10-12月期に31万件の純増に改善していることから、決算は市場予想に対して順調と想定されます。

クアルコム(QCOM)
同社19年9月期業績は、アップルとの特許訴訟、iPhoneのチップセットのシェア喪失の一方、300億ドルの自社株買いの可能性などから、引き続きボラティリティの高い状況が続くと想定されます。アップルとの特許訴訟では、昨年12月に中国とドイツでクアルコムに有利な判決が出ており、アップルとの和解に漕ぎつける可能性が期待されます。

ビザ A(V)
7-9月期決算で公表した19年9月期のガイダンスは、売上が前年度比10%台前半の伸び(為替による目減りを約1%ポイント含む)、調整後EPSが同10%台の半ばの伸び(為替による目減りを約1%ポイント含む)としました。その後の世界の成長率の鈍化や株価の下落による消費への影響を考えるとやや楽観的に見え、見直しとならないか注目されます。

フェイスブック A(FB)
10-12月期に関するガイダンスは非常に弱かったため、短期的な見通しは市場予想を上回る可能性がありそうです。同社の今年のテーマは、セキュリティ強化や仮想現実およびライブストーリーへの投資にかかる費用増の中、「メッセンジャー」とライブストーリーの収益化を進めることになる見通しです。

マイクロソフト(MSFT)
7-9月期決算では、企業向けクラウドプラットフォーム「Azure」が前年同期比76%増と牽引してインテリジェント・クラウド部門が同24%増となったのが好感されました。引き続きクラウド事業の伸びが注目されます。

ペイパル ホールディングス(PYPL)
10-12月期の売上ガイダンスは、口座数や利用頻度の拡大動向に比べて保守的と見られ、市場予想を上回る可能性がありそうです。また、個人間送金アプリ「Venmo」の収益化の進展に関してアップデートが注目されます。

ゼネラル エレクトリック(GE)
10-12月期も7-9月期同様に電力部門の不振を航空機部門とヘルスケア部門である程度カバーする構図が続くと見込まれます。産業機器大手ダナハーを優良企業に導いたカルプCEOの手腕に期待が高まる一方、減損損失の計上についてSEC(米証券取引委員会)や司法省が調査を行っていることや、株主訴訟を抱えていることなどが株価のリスクとなっています。

マスターカード A(MA)
米国の年末商戦の好調を受けて、同社の10-12月期決算も良好と期待されます。ここ数四半期は業績の成長率がビザを上回ることが多くなっていますが、19年12月期も同様となりそうか注目されます。

アルトリア グループ(MO)
昨年12月に電子たばこのJUULに128億ドルを投資、カナダの医療用大麻企業のクロノスグループ(CRON)の株式18億ドルを取得と、主力の紙巻たばこの市場縮小を補うための投資を加速しています。

アマゾン ドットコム(AMZN)
10-12月期は記録的となった米年末商戦の恩恵を受けて市場予想を上回る可能性が高い一方、ドル高、賃金の上昇、採用増などの影響で利益には下押し圧力がかかっていると見られます。1-3月期のコンセンサス予想は前年同期比20%の増収を要求しています。

エクソン モービル(XOM)
7-9月期には米国のパーミアン地域のシェールオイルの生産増が貢献して、これまで低調となっていた生産量の回復が好感されました。10-12月期もこのトレンドが継続しているか注目されるでしょう。

ギリアド サイエンス(GILD)
C型肝炎治療薬の売上減少の勢い徐々に和らぐ一方で、HIV治療薬が安定した拡大を示しています。10-12月期の売上は7-9月期比で引き続き減少となる見込みですが、四半期売上がいつ底入れするのか注目されます。

図表1:主要企業の四半期決算発表予定(1/29(火)〜2/4(月))

発表予定
日時
(日本時間)

コード

銘柄

予想
売上高
(億ドル)

予想
EPS
(ドル)

予想
売上高
増加率

予想
EPS
増加率

売上高
増加率
(前回)

EPS
増加率
(前回)

通期
予想
EPS
(ドル)

株価
(1/25)
(ドル)

アナリスト
目標株価
(1/25)
(ドル)

1/29

20:00

AGN

アラガン

39.9

4.16

-7.7

-14.4

-3.1

2.4

25.82

336.77

390.0

1/29

20:00

BIIB

バイオジェン

33.9

6.74

2.6

28.1

11.7

17.3

17.39

287.04

340.4

1/29

20:00

DHR

ダナハー

53.1

1.27

4.5

6.9

7.2

10.0

3.00

40.64

45.4

1/29

20:00

LMT

ロッキード・マーチン

137.0

4.39

-9.5

2.1

17.7

58.6

4.67

56.40

59.4

1/29

20:45

PFE

ファイザー       

139.7

0.64

2.0

2.9

1.0

16.4

9.95

195.90

202.5

1/29

21:00

VZ

ベライゾン・コミュニケーションズ

344.7

1.09

1.5

26.7

2.8

24.5

11.99

157.76

177.8

1/29

21:30

MMM

3M

78.8

2.28

-1.4

8.6

-0.2

10.6

15.19

364.20

414.7

1/30

06:00

AMGN

アムジェン

58.6

3.27

1.0

13.1

2.3

12.8

4.51

106.33

112.4

1/30

06:30

AAPL

アップル

840.4

4.17

-4.8

7.2

19.6

40.6

11.14

171.22

204.0

1/30

20:00

BA

ボーイング

270.2

4.61

6.5

50.6

3.4

31.6

7.75

184.00

196.3

1/30

20:00

GD

ゼネラル・ダイナミクス

103.6

2.98

25.2

19.4

20.0

14.9

3.51

30.66

35.1

1/30

20:00

MCD

マクドナルド

51.7

1.88

-3.2

10.2

-6.7

19.4

3.95

51.30

68.4

1/30

20:00

T

AT&T

484.9

0.86

16.4

10.3

15.3

21.6

5.34

138.67

161.9

1/31

06:00

QCOM

クアルコム

48.9

1.06

-19.0

8.0

-2.1

-2.2

8.36

149.01

184.0

1/31

06:00

V

ビザ

54.1

1.25

11.3

16.0

11.9

34.4

2.43

42.72

48.3

1/31

06:05

FB

フェイスブック

164.0

2.19

26.4

-0.8

32.9

10.7

4.45

107.17

124.3

1/31

06:05

MDLZ

モンデリーズ・インターナショナル

67.7

0.63

-2.7

10.2

-3.7

8.8

2.40

94.28

99.5

1/31

06:09

MSFT

マイクロソフト

324.8

1.09

12.3

13.8

18.5

34.8

8.80

87.62

102.6

1/31

06:15

PYPL

ペイパル・ホールディングス

42.4

0.67

13.1

21.3

13.7

26.1

4.45

66.99

76.0

1/31

20:00

CELG

セルジーン

39.9

2.32

14.5

16.0

18.4

19.9

4.14

57.76

72.3

1/31

20:00

COP

コノコフィリップス

103.3

0.98

18.2

117.6

31.3

750.0

0.70

9.16

10.8

1/31

20:00

DWDP

ダウ・デュポン

209.4

0.88

4.3

5.5

10.1

34.6

6.45

202.94

229.7

1/31

20:00

GE

ゼネラル・エレクトリック(GE)

321.6

0.23

2.4

-16.3

-11.7

-51.7

10.10

167.61

206.3

1/31

20:00

MA

マスターカード

38.0

1.52

14.7

33.5

14.7

32.8

7.21

100.83

115.1

1/31

20:00

RTN

レイセオン

74.4

2.83

9.7

45.7

8.3

14.2

5.41

291.41

371.5

1/31

20:00

UPS

ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)

199.9

1.91

6.1

14.3

9.2

25.9

3.99

44.24

58.1

1/31

21:00

CHTR

チャーター・コミュニケーションズ

111.4

1.46

5.0

89.8

4.2

661.9

27.57

1,670.57

2152.9

1/31

21:00

MO

アルトリア・グループ

48.1

0.95

2.0

4.3

3.3

20.0

8.05

113.22

135.0

2/1

06:01

AMZN

アマゾン・ドット・コム

719.0

5.55

18.9

158.0

29.3

1005.8

7.99

141.71

160.3

2/1

20:00

CVX

シェブロン

448.5

1.81

19.2

169.2

21.5

205.6

7.18

177.11

195.8

2/1

20:00

HON

ハネウェルインターナショナル

97.1

1.89

-10.4

2.3

6.3

16.0

4.34

72.95

82.9

2/1

20:00

SPG

サイモン・プロパティー・グループ

14.6

3.24

2.3

3.7

0.4

5.5

4.51

71.72

83.0

2/1

20:45

MRK

メルク

109.7

1.03

5.1

5.5

4.5

7.2

6.94

68.90

84.9

2/1

22:00

XOM

エクソンモービル

748.4

1.06

12.5

20.7

15.8

57.2

52.38

1,101.51

1348.4

2/4

20:00

GILD

ギリアド・サイエンシズ

54.8

1.71

-7.9

-4.0

-14.1

-18.9

3.64

63.94

73.1

注:S&P100指数の採用企業です。「目標株価」は、アナリストの目標株価の平均値です。
※BloombergデータをもとにSBI証券が作成

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.