SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-22 14:42:27

マーケット > レポート > アメリカ NOW!今週の5銘柄 >  フラッシュ 〜決算で下落したエヌビディアの株価はなぜ戻ったのか〜

アメリカNOW!フラッシュ 〜決算で下落したエヌビディアの株価はなぜ戻ったのか〜

2018/8/24
投資情報部 榮 聡

決算発表を受けて下落していたエヌビディアの株価が新製品の発表を契機に戻っていますので、この新製品について確認しておきましょう。

8/16(木)に発表の5-7月期決算では、8-10月期のガイダンスが市場予想を下回り(詳しくは、8/17(金)掲載のフラッシュをご覧ください)、決算内容が反映された8/17(金)に同社株価は4.9%下落しました。

しかし、8/20(月)にドイツで開催されたゲーム展示会に合わせて新世代のゲームPC用グラフィックボードを発表、これを受けて株価は4日続伸して、8/23(木)には上場来高値を更新するまでに戻っています。

新製品は「GeForce RTX 2080 Ti」、「GeForce RTX 2080」、「GeForce RTX 2070」の3つです(エヌビディアの日本語サイト新しいウィンドウで開きます。に掲載されています)。「GeForce」は同社のグラフィックボードのブランド名で、ポイントは「RTX」にあります。

これは同社が言う「リアルタイムレイトレーシング」を示し、コンピュータグラフィックで物への光の当り方を光線ごとに計算して、かつ、リアルタイムに映像に反映する技術です。

私たちが映画などで目にするプロの映像作家が作るCGでも、光の当り方を計算して反映する技術は用いられています。しかし、これは時間をかけて製作したものを記録して再生しているだけで、もちろんリアルタイムに計算されたものではありません。新製品では、これをゲームの競技者が視点を変えるごとにリアルタイムで行えることに新規性があります。

光線をトレースするには膨大な計算が必要となりますが、これが可能になったのはレイトレーシングに特化したハードウェアをGPU上に組み込んだことにあります。以前、ソフトウェアでの処理に比べハードウェアで処理するとスピードが格段に上がることをご説明しました(18/1/7掲載の「エヌビディア株の保有者が知っておきたいこと」)。

同社はゲームPC用のグラフィックボードでは既に7割を超える市場シェアを保有していますが、(1)この新製品により市場シェアを拡大する可能性が高いと見られます。また、同社が「グラフィックの再創造」とする画期的な機能によって、(2)ゲーム向けGPU分野の販売単価が上昇する可能性が高いこと、(3)ゲーム市場の拡大に寄与すると期待されること、さらに、(4)ゲームを超えて、業務用のVR(バーチャルリアリティ)などにも応用が広がると考えられること、などが株式市場で評価されていると考えられます。

筆者は直近の決算メモで、「仮想通貨のマイニング向けが会社の想定を下回ったことや世界最大のゲーム市場となっている中国ゲーム市場の不透明感など懸念材料が増えています。長期の成長を牽引するデータセンター向け、自動車向けで当分大きな動きはないと見られることから、株価のカタリスト不足が心配されます。」とし、株価の停滞を想定していました。

しかし、新たな材料の出現で同社株価への期待は高まっているようです。8/23(木)時点のアナリスト目標株価平均は284.58ドルですが、8/20(月)以降に発表された10個の投資判断の平均では297.90ドルとなっており、新製品の発表は同社をフォローするアナリストにポジティブに評価されているようです。

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • NYダウ取引はくりっく株365!
  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.