SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-16 11:12:54

マーケット > レポート > アメリカ NOW!今週の5銘柄 >  フラッシュ 〜貿易戦争回避か!?NYダウは過去3番目の上昇幅!〜

アメリカNOW! フラッシュ 〜貿易戦争回避か!?NYダウは過去3番目の上昇幅!〜

2018/03/27
投資情報部 榮 聡

3/26(月)の米国株式市場は大幅に反発しました。S&P500指数は前日比2.7%上昇、NYダウは前日比669.40ドル高で過去3番目に大きい上昇幅です。

先週懸念が高まった貿易戦争の回避に向けて米中高官が交渉を開始して、貿易摩擦への警戒感が緩和したことが主因とみられます。3/23(金)時点でS&P500指数の予想PERは16.6倍まで低下していたため、景気の堅調、企業業績の好調を背景にエントリーの好機とみた買いが優勢となったようです。セクター別では全業種が上昇、半導体・半導体製造装置やテクノロジー・ハード・機器の上昇が目立ちました。

3/23(金)掲載の「マーケット・フラッシュ 米中貿易戦争懸念で大幅安」で米国株の下値目処は200日移動平均とし、3/26(月)掲載の「アメリカNOW! 今週の5銘柄 〜米国株は「買い場」到来か!?〜」では、深刻な貿易戦争に突入する可能性は低いだろうとした、筆者の想定通りに動いています(図表1)。

トランプ大統領がターゲットにしていると言われる、今秋の中間選挙まではまだ時間があり、今後も紆余曲折が想定されそうです。しかし、当面の底は入れたとみられ、買い場とみて良いのではないでしょうか。

注目できる動きとしては、中国当局が米国の対中貿易赤字を削減するために、半導体の輸入拡大を提案しているとの報道があります。台湾や韓国からの半導体の輸入を米国からの輸入に切り替えるとの提案のようです。

米国に大規模な半導体工場をもつインテル(INTC)テキサス インスツルメンツ(TXN)に恩恵が期待されます。3/26(月)、インテルは6.3%、テキサスインスツルメンツは5.2%の株価上昇となっています。一方、サムスン電子 (005930)台湾セミコンダクター ADR(TSM)は影響を受ける可能性がありそうです。

図表1:S&P500指数のローソク足(日足、6ヵ月)

※当社WEBサイトを通じて、SBI証券が作成

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.