SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2017-06-29 09:20:04

マーケット > レポート > アメリカ NOW!今週の5銘柄 >  テクノロジー株が調整の中、買われた銘柄とは?

アメリカNOW! 今週の5銘柄 〜テクノロジー株が調整の中、買われた銘柄とは?〜

2017/06/19
投資調査部 榮 聡

先週の米国株式市場は、予想通り利上げが実施される中、経済指標は総じて低調でしたが、押し目には買いが入り相場水準は維持されました。今週はマクロのメジャーなイベントは見当たらず、成長鈍化を示唆する指標が増えている米国経済の動向とテクノロジー株の動向に注目が集まりそうです。

今回は過去5日間で買われた銘柄に関するスクリーニングから、カーニバル(CCL)ゼネラル エレクトリック(GE)セルジーン(CELG)インガソール ランド(IR)パーカー ハネフィン(PH)の5銘柄を選んでご紹介いたします。

図表1:S&P500指数の一目均衡表(日足、3ヵ月)と物色動向

※当社WEBサイトを通じてSBI証券が作成

S&P500業種指数騰落 1週 1ヵ月 3ヵ月
資本財・サービス 1.6% 4.1% 4.4%
公共事業 1.6% 4.5% 5.7%
エネルギー 0.5% -1.8% -4.5%
ヘルスケア 0.5% 3.8% 3.3%
金融 0.3% 4.4% -0.8%
電気通信サービス 0.1% 2.3% -7.1%
S&P500 0.1% 2.2% 2.3%
一般消費財・サービス 0.0% 1.2% 3.2%
生活必需品 -0.6% 1.8% 2.0%
素材 -0.8% 3.3% 3.0%
情報技術 -1.2% 0.2% 4.7%
騰落率上位(1週) 騰落率
コノコフィリップス 3.8%
ゼネラル・エレクトリック 3.8%
セルジーン 3.5%
ボーイング 3.4%
ユナイテッド・パーセル・サービス 3.3%
騰落率下位(1週) 騰落率
ターゲット -7.5%
コストコホールセール -7.4%
ウォルマート・ストアーズ -5.3%
アップル -4.5%
ナイキ -4.4%

注:個別銘柄の騰落率上位、下位はS&P100指数が母集団です。
※BloombergデータをもとにSBI証券が作成

先週の米国株式市場

先週の米国株式市場は、発表された経済指標がいずれも弱く投資環境は良いとは言えないものでしたが、押し目には買いが入って相場水準は維持されました。S&P500指数は週間で0.1%の上昇でした。一方、テクノロジー株の調整基調が続いてナスダック指数は週間で0.9%の下落となり、2週連続でS&P500指数に劣後となりました。

注目の米FOMCでは、予想通り0.25%の利上げが発表されました。FOMCメンバーの政策金利見通しは、年内あと1回、18年に3回の利上げに相当するもので前回と変わらず、また、FRBのバランスシート縮小に関する工程表が示されました。経済認識については、「足もとの経済指標の鈍化」「インフレ率の低下」とも一時的との見方が維持され、タカ派的と捉えられました。一方、市場の見方はこれほど強くなく、17年末までにあと1回利上げとなる確率は34%にとどまり、FRBの見方とは格差が生じています。

先週発表の経済指標は、5月消費者物価指数(前年比1.9%増の予想に対して同1.7%増)、5月小売売上高(前月比0.1%増の予想に対して同0.3%減)、6月NAHB住宅市場指数(70の予想に対して67)、5月住宅着工件数(前月比4.1%増の予想に対して同5.5%減)、5月住宅許可件数(前月比1.8%増の予想に対して同4.9%減)、6月ミシガン大学消費者マインド(97の予想に対して94.5)といずれも米経済の鈍化を示すものとなりました。

個別企業では、6/16(金)に自然食品スーパーのホールフーズ(WFM)を137億ドルで買収すると発表したアマゾンドットコム(AMZN)、クックCEOがインタビューで「すべてのAIプロジェクトの母だ」として自動運転自動車への参入を認めたアップル(AAPL)、米国のゲーム見本市「E3」で新型ゲーム機「Xbox One X」をお披露目したマイクロソフト(MSFT)、イメルトCEOの退任予定が発表されたゼネラルエレクトリック(GE)などが注目されました。尚、アマゾンの動きは市場に高く評価され、図表1の通りウォルマートストアーズ(WMT)コストコホールセール(COST)ターゲット(TGT)など生鮮食品を扱う小売銘柄が競争激化を懸念して売られました。

今週の米国株式市場

今週の米国株式市場は、一連の重要イベントを通過して大きなマクロイベントが当面見当たらない中、足もとで鈍化を示す指標が増えている米国経済に対する吟味とテクノロジー株の調整が終わるかが注目されそうです。

米国の住宅建設市場についてNAHB(全米住宅建設業者協会)のエコノミストは、「住宅価格の上昇が続き、住宅の買い手が増える一方、熟練労働者と建設適地の不足が建設業者のフラストレーションとなっている」(6/15(木)付リリース)として、住宅建設の伸び悩みは需要サイドよりも供給サイドの要因と分析しています。5月の住宅着工・許可件数が急落した割に長期金利の低下が限定的であったのは、このような解釈が要因と見られます。

主要テクノロジー銘柄の株価は、全面安となった6/9(金)終値を起点とすると、フェイスブックが+0.7%、アマゾンドットコムが+1.0%、ネットフリックスが-3.6%、アルファベットが-0.3%、アップルが-4.5%、エヌビディアが+1.4%、アプライドマテリアルズが-3.6%とまちまちで、全体としては落ち着いてきた印象です。ただ、時価総額最大のアップルがまだ下げ止まっていない点には注意が必要でしょう。

今週の経済イベントでは、6/21(水)に米国の5月中古住宅販売件数(前月比0.4%減の予想)、6/23(金)に米国の5月新築住宅販売件数(前月比5.5%増の予想)などが予定されています。

企業関連では、6/19(月)からのパリ航空ショーで旅客機大手ボーイングや資本財企業の株価にインパクトのあるニュースが出る可能性があります。また、3-5月期決算の発表が始まりますが、物流大手のフェデックスの決算は米国経済の動向を、住宅建設大手のレナーの決算は米住宅市場の動向を、自動車販売大手のカーマックスの決算は米自動車販売の動向を占う上で注目されるでしょう。

今週の5銘柄

今回は、テクノロジー株の調整が続く中、どのような銘柄が物色されているのかをご紹介いたします。

当社WEBサイトの「米国株スクリーナー」でS&P500指数採用企業を対象に、
(1)過去5日間の値上がり率がプラス、(2)今期売上高変化率がプラス、(3)実績ROE(自己資本利益率)が8%以上、(4)時価総額が200億ドル以上、の条件でスクリーニングを行い、値上がり率の高い順に10銘柄を図表2にリストアップしています。

抽出された銘柄から、クルーズ大手のカーニバル(CCL)、資本財大手のゼネラル エレクトリック(GE)、バイオ医薬品大手のセルジーン(CELG)、空調機器など産業機械大手のインガソール ランド(IR)、流体制御機器大手のパーカー ハネフィン(PH)の5銘柄を選んでご紹介いたします。

図表2:先週買われた銘柄のスクリーニング結果

注:6/16(金)時点のデータです。
※当社WEBサイトを通じてSBI証券が作成

今週の注目銘柄

買付 チャート 銘柄 株価
(6/16)
予想PER
(倍)
ポイント
買付チャートカーニバル(CCL)65.64ドル17.6 ・世界最大のクルーズ船運営会社で、客船100隻以上を所有してグローバルに事業展開しています。

・クルーズ業界は中間所得層の利用拡大による成長が続いていることに加え、中国事業の拡大が成長要因として期待されています。足もとの米国ではベビーブーマーの退職で利用が多い年齢層が増加しているほか、若者層も「モノ消費からコト消費」への流れに乗って利用が増えていることが好調の背景のようです。

・16年12月-17年2月期決算のガイダンスでは、17年11月期のイールド(旅客1人に対する距離当たりの収入)を2.5%増から約3%増へ、EPSを3.30-3.60ドルから3.50-3.70ドルに引き上げて業績は堅調です。3-5月期決算の発表が6/22(木)に予定されています。
買付チャートゼネラル エレクトリック(GE)29.00ドル17.7 ・資本財の世界最大手企業で、電力、航空、ヘルスケア、オイル&ガス、再生エネルギー、運輸などの分野で事業を展開しています。産業分野のIoT(モノのインターネット)のリーダーとなるべく、事業のデジタル化を進めています。

・1-3月期には、中核となる産業部門の受注が報告ベースで前年同期比10%増(オーガニックベースで7%増)、売上が同1%増(同7%増)、営業利益は同9%増(同15%増)と業績モメンタムが改善、17年12月期のガイダンスは、オーガニック成長率が3-5%増と堅調が見込まれています。

・6/12(月)にイメルトCEOが退任し、GEヘルスケアのCEOジョン・フラナリー氏が8月から引き継ぐことが明らかとなっています。
買付チャートセルジーン(CELG)122.36ドル16.8 ・バイオ医薬品大手の一角です。主に癌及び免疫・炎症関連疾患治療法の開発を手掛け、主力製品は免疫調整薬「REVLIMID」、骨髄異形成症候群治療薬「VIDAZA」、多発性骨髄腫治療薬「THALOMID」、進行性すい臓がん治療薬「ABRAXANE」などです。

・医薬品セクターは、世界的に薬価が抑えられる傾向にあることから、物色は抑制された状態が続いています。しかし、同社は2割前後の利益成長が見込まれており、割安感が強くなっていると見られます。
買付チャートインガソール ランド(IR)92.34ドル20.5 ・米国の産業機器メーカーです。冷暖房空調機器、トラック・トレーラー輸送用冷凍機、バス用エアコンなどを扱うクライメイト事業、エアコンプレッサー、電動工具、ゴルフカートなどを扱うインダストリアル事業からなります。

・16年の営業利益で84%を占めたクライメイト事業は、10年前の住宅建設ブームの更新需要が盛り上がる時期を迎えていることから需要が堅調で、インダストリアル事業も産業景気の底入れを受けて改善しています。1-3月期決算は、売上が4%増、調整後EPSが14%増、受注が7%増と好調でした。
買付チャートパーカー ハネフィン(PH)162.61ドル18.1 ・米国のモーションコントロール製品の製造メーカーです。主要製品は各種製造、輸送、産業プロセス業界向けに空気圧・電気式アクチュエータ、真空発生装置、ガス・窒素発生装置などです。日本においても1976年から事業展開している企業です。

・17年1-3月期決算は、産業分野の景況改善を受けて売上が前年同期比10%増、「CLARCOR」の買収効果を除くオーガニック成長率が同6%増、受注が同8%増と明るさが見られます。17年6月期の調整後EPSを6.9-7.2ドルから7.7-8.0ドルに引き上げています。

注:予想PERは、Bloomberg集計のコンセンサス予想EPSによります。カーニバルは17年11月期、パーカーハネフィンは18年6月期、その他は17年12月期です。
※会社資料、BloombergデータをもとにSBI証券が作成

主要イベントの予定

日付 経済指標・イベント 企業決算
19(月)・中国住宅価格(5月)パリ航空ショー(25日まで)
20(火)フェデックス、アドビシステムズ、レナー
21(水)・米中古住宅販売件数(5月)オラクル、カーマックス
22(木)・ユーロ圏消費者信頼感(6月)
・FRB(米連邦準備制度理事会)が銀行のストレステストの結果を公表
カーニバル、アクセンチュア
23(金)・マークイットユーロ圏コンポジットPMI(6月)
・米新築住宅販売件数(5月)
・ムーディーズが米国債の格付けを発表
26(月)・ドイツIFO企業景況感指数(6月)
・米耐久財受注(5月)
27(火)・中国工業部門利益(5月)
・S&Pコアロジック住宅価格指数(4月)
・消費者信頼感指数(6月)
ダーデンレストランツ
28(水)・米中古住宅販売仮契約(5月)モンサント、ゼネラルミルズ、ペイチェックス
29(木)・ユーロ圏景況感(6月)
・米実質GDP(1-3月期、確報値)
ナイキ、マイクロンテクノロジー、コンステレーションブランズ
ウォルグリーンブーツアライアンス
30(金)・日本鉱工業生産指数(5月)
・中国製造業・非製造業PMI(6月)
・米個人所得・個人支出(5月)
・米コアPCE(5月)
・シカゴ購買部協会景気指数(6月)
・ミシガン大学消費者マインド(6月)

※Bloombergデータ、各種報道をもとにSBI証券が作成

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • ハイリターンを狙う!レバレッジ型ETF
  • 金・プラチナ取引
  • プレミアムフライデー

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.