SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-14 08:33:13

マーケット > レポート > アメリカ NOW! >  アメリカNOW! フラッシュ 〜トランプ大統領の議会演説:減税、インフラ投資を再度確認〜

アメリカNOW! フラッシュ 〜トランプ大統領の議会演説:減税、インフラ投資を再度確認〜

2017/03/01
投資調査部 榮 聡

トランプ大統領は日本時間3/1(水)午前11時から12時過ぎにかけて議会演説を行いました。

インフラ投資、税制改正、規制緩和の実施等を再確認するとともに、移民制度の改革、テロへの対決姿勢、国境の壁構築、オバマケアの廃止等についても触れるなど、従来から主張していた政策について改めて強調されました。

全体としては新味に乏しく、驚きに値する内容はなかったように思われます。同演説に対する「S&P500指数先物ミニ」の反応も限定的で、日本時間午後3時時点で4ポイント程度のプラスとなっています(図表1)。

市場で注目された税制改正に関しては詳細について踏み込んだ話はなかったものの、「法人向けの減税や、中間層に向けた大幅な税負担軽減措置について検討している」として、株式市場の期待を繋いだと言えそうです。

インフラ投資に関しては、「1兆ドルの投資」に改めて言及されました。ハイウェイの補修が必要になっている点やゴーサインを出したパイプラインの建設には米国製の鉄鋼使用を呼びかけるなど、従来よりもやや踏み込んだ発言との印象です。

関連銘柄が物色される可能性があるため、以下、米国のインフラ投資関連銘柄をご紹介いたします。

インフラ投資関連銘柄

また、より広い分野のトランプ関連銘柄については、1/18掲載の外国株式特集レポート「トランプ相場は第2幕へ!乗るにはコレ!?」をご参照ください。

図表1:S&P500指数先物(ミニ、17年3月期限)の反応は限定的

注:時間は日本時間での表示です。
※Bloombergを通じてSBI証券が作成

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.