SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-19 00:25:57

マーケット > レポート > アメリカ NOW! >  【フラッシュ】〜驚くべき好決算を発表したエヌビディアのその後〜

アメリカNOW!【フラッシュ】〜驚くべき好決算を発表したエヌビディアのその後〜

2016/11/17
投資調査部 榮 聡

11/10(木)に驚くべき好決算を発表し、11/11(金)には株価が29%上昇したエヌビディア(NVDA)について、(1)その後の業績予想と投資判断の動き、(2)IBM、マイクロソフトとの提携、についてご報告いたします。尚、8-10月期決算については、11/11(金)掲載のアメリカNOW!【フラッシュ】をご参照ください。

(1)業績予想と投資判断の動き
Bloomberg集計のコンセンサス予想によると、8-10月期の業績好調を受けて18年1月期の増収率は7%増から16%増に、EPSは2.34ドルから3.09ドルに引き上げられています。EPSの修正率は32%に達し、決算後の株価の上昇を説明するものです。

11/16(水)終値91.63ドルは18年1月期予想EPSに対して29.7倍と、短期的にはかなり評価が進んだと言えそうです。(2)のニュースが株価を刺激したと見られ、アナリストの目標株価平均の86.98ドルも超えてきました。

【エヌビディアの業績予想】(11/10 から11/16への変化)
18年1月期の予想増収率  7%増 → 16%増
17年1月期の予想EPS 2.35ドル → 2.86ドル
18年1月期の予想EPS 2.34ドル → 3.09ドル

【アナリストの投資判断】(米国時間11/16時点)
買い 17、ホールド 13、 売り 2(32名のアナリストの投資判断)
目標株価の平均 86.98ドル(最も高い目標株価は、100ドルとするアナリストが2名)

(2)IBM、マイクロソフトとの提携
エヌビディアは11/14(月)にIBMと、11/15(火)にはマイクロソフトと、ディープラーニングおよびAI(人工知能)開発ソリューションの提供で提携したと発表しています。

IBMは同社のAIソフトウェア開発ツールキット「PowerAI」で、マイクロソフトは同社のAI開発環境ツール「Cognitive Toolkit」でエヌビディアのGPU(グラフィックプロセッサ)を使用します。尚、AIとGPUの関係については、10/6掲載のアメリカNOW!「AI革命の頭脳を担うエヌビディアのGPU(グラフィックプロセッサ)」をご参照ください。

エヌビディアの8-10月期決算で「データセンター」向け売上は12%を占め、前年同期比2.9倍、5-7月期59%増と伸びていますが、このような動きが売上急増の背景にあるようです。

ジム・クレイマー氏は11/15(火)のCNBC「Mad Money」で、「エヌビディアの8-10月期決算は2016年のどの企業よりも良いものだった。ゲームを超えて広がった事業領域であるデータセンターと機械学習は数年に渡るトレンドとなり、PCにおけるインテルくらい、この会社を舞台の中央に押し出すだろう。」「エヌビディア株の欠点はバリュエーションの高さだが、長期投資なら問題にならないだろう。皆さん世代のインテルはエヌビディアなのだから!」としています。


【今週の5銘柄】
11/14付「アメリカNOW! 今週の5銘柄 〜「トランプ大統領」で人気の米インフラ投資関連は?〜」より、注目銘柄をご紹介します。

ユナイテッド レンタルズ(URI)  92.12ドル
建設機械のレンタルを行っている会社で、米国のインフラ投資関連のど真ん中銘柄と目されています。米国売上が9割で、レンタル資産の稼働率上昇が期待されます。

マーチン マリエッタ マテリアルズ(MLM)  220.85ドル
砂利などの骨材を主力とする建設資材の会社です。老朽化したハイウェイ補修などに多く使用されると期待されます。

ニューコア(NUE)   59.85ドル
米国最大の電炉メーカーで、建築用の鉄鋼が主力です。同社元CEOはトランプ氏の経済アドバイザーを務め、通商政策からも恩恵の可能性がありそうです。

WW グレインジャー(GWW)  224.70ドル
企業が業務に使用する間接資材(消耗品、工具など)を販売する会社です。幅広い産業分野での活動の活発化を押さえることができます。

ジェイコブズ エンジニアリング グループ(JEC)   58.63ドル
米国第2位のエンジニアリング企業です。建設部門の売上構成は約2割ですが、経済政策からその他の部門にも恩恵が期待されます。

図表1:エヌビディアのローソク足(日足、3ヵ月)

※当社WEBサイトを通じてSBI証券が作成

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.