SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-12-11 10:14:00

マーケット > レポート > ちょっとe(イー)銘柄の見つけかた > ゲームもクラウドで、グーグルの新サービス始まる

ゲームもクラウドで、グーグルの新サービス始まる

2019/11/21

米アルファベット傘下のグーグルは19日、アメリカやイギリスをはじめ世界14カ国でクラウドゲームサービス「Stadia」を開始しました。また、米マイクロソフトもクラウドゲームサービス「Project xCloud」のプレビューサービスの対象地域拡大を発表しています。

「ゲーム」といえば、ゲームセンターなどで大型の筐体を用いて行うものや家庭でゲーム機(ハード)とソフトを買い揃えて遊ぶものというイメージが強いかもしれません。また、2000年代後半頃よりスマートフォンの普及に伴い、スマートフォン上でプレイするゲームが普及し、多くのユーザーを獲得しています。

では、新たなゲームとしてIT大手が相次いでプラットフォーマーとしてサービスを開始したクラウドゲームとは一体どういったものなのでしょうか。本レポートではクラウドゲームの特徴とその影響についてご紹介いたします。

申し込んで即取引可能!お申し込み・管理料は無料!
eワラントお申し込み
1

クラウドゲームとは?注目のプラットフォーマーは?

クラウドゲームは、端末の性能に依存することなく通信環境さえあればどこでもゲームをプレイできます。ユーザーが画面上で処理した内容はネットワーク経由でプラットフォーマーのサーバーに送られ、そこで処理された内容がユーザーの画面に返ってきてゲームが進行します。

プレイできるゲームはサーバー上にストアされているので、従来のゲーム機を使ってプレイするゲームと違ってソフトを買ってくる必要はなく、オンラインでプレイしたいゲームを選択することができます。

有力なプラットフォームとして注目されているのが、米アルファベット傘下のグーグルが開始した「Stadia」です。Stadiaは今年3月、米サンフランシスコで開催されたゲーム関連の展示会「GDC2019(Game Developers Conference)」で発表されました。同サービスは、各所に設けたデータセンターの高性能サーバーでゲームの画像処理を実施、ストリーミング形式でユーザーの端末に配信することで、ゲーム専用機器や高性能なパソコンを使うことなくゲームをプレイできるというものです。

国内では、ソニー(6758)がパソコン・家庭用ゲーム機を対象に「PlayStation Now」という名称でサービス提供を行っています。

アルファベットを対象とするeワラント
ソニー(6758)を対象とするeワラント

2

クラウドゲームで何が変わる?ゲーム会社の収益構造に変化も

前述の通り、クラウドゲームは、端末の性能に依存することなく通信環境さえあればどこでもゲームをプレイできます。一方で、利用者の操作を入力・処理に要する時間に加えて画像をネットワーク経由で送る時間が必要なため、プレイに遅延が生じる可能性があります。瞬時の判断や操作が求められるゲームにおいて遅延は大きな問題となり、ユーザー離れを招く原因にもなりかねません。

グーグルは遅延低減に向けて各地に小型データセンターを設置し、ユーザーとサーバーの距離を物理的に縮める方針を明らかにしています。とはいえ、外出先などで快適にプレイを行うには高速度・大容量の通信環境が必須となるため、次世代通信規格「5G」がクラウドゲーム普及の要となることが予想されます。5G関連銘柄はこれまでに何度も市場で話題となっていますが、クラウドゲームの登場で再度注目が集まるかもしれません。

また、11月にサービスを開始する「Stadia Pro」では、月額9.99ドル(約1,100円)と、サブスクリプション(定額課金)方式を採用したことも特徴でしょう。Stadia Proでは、いくつかの作品を自由に遊べるほか、割引価格で作品を購入することもできるようです。新しい作品も気軽に試すことができるため、ゲーム会社としては新たなファン層の拡大も期待されます。

ただ、サブスクリプション方式の多くは、プレイ回数に応じて収入が分配されるレベニューシェア方式を採用しているため、知名度の高いIPは高い収益を上げやすい一方、ニッチな作品は収益を上げづらい傾向にあるとされています。従来の買い取り方式からサブスクリプション方式に移行することで、ヒットタイトルの有無に大きく左右されるゲーム会社の収益構造にも変化が生まれるのか注目されるところです。

3

今回のコールくん、プットくんの注目銘柄

コールくんが選ぶ〜注目銘柄

この原資産を選んだ理由

レポートにも書いているようにクラウドゲームの普及には高速・大容量の通信が必須だよ。5G関連株バスケットでは、アメリカの5G関連株に分散投資できるんだ。

この権利行使価格と満期日を選んだ理由

11月19日にはNYダウが史上初の28,000ドル台をつけたね。このまま米国株が好調に推移すれば、5G関連株にも物色が伸びるかもしれないね。

保有期間の目安

長期保有を想定しているけど、米国株が調整をみせるようなら早めに手仕舞いしたいところだね。

目標売却価格(買気配値)

20円台後半での売却を目標としているよ。

  • ※あくまでも現在の市場動向から推測した目安であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
この銘柄を見ている方はこんな銘柄も見ています

この銘柄を見た方が他に見た銘柄
5G関連株バスケット コール 第4回
アルファベット コール 第123回

  • ※コメント作成時、eワラントホームページのアクセス状況に基づきます。

プットくんが選ぶ〜注目銘柄

この原資産を選んだ理由

ZHD(4689)との経営統合を受けて急騰したね。11月半ばからの上昇をみると統合自体は織り込んだようにみえるよ。どちらも時価総額1兆円超の大企業で、統合効果が出るのは時間がかかりそうだね。

この権利行使価格と満期日を選んだ理由

満期日が遠くて権利行使価格の高い銘柄を選んだよ。

保有期間の目安

2週間程度の保有で一旦手仕舞いを予定しているよ。

目標売却価格(買気配値)

統合報道であけたマドを埋めるようだと2円台での売却も期待できるよ。

  • ※あくまでも現在の市場動向から推測した目安であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
この銘柄を見ている方はこんな銘柄も見ています

LINE プット 第41回
エヌビディア プット 第51回

  • ※コメント作成時、eワラントホームページのアクセス状況に基づきます。

eワラントが10年以上投資家に支持されているワケ

eワラントのメリット

eワラントの関連コンテンツ

投資戦略を極める!(毎週金曜日更新)

申し込んで即取引可能!お申し込み・管理料は無料!
eワラントお申し込み

ご注意事項

  • SBI証券を通したマーケットメーカー(eワラント・インターナショナル)との相対取引になります。
  • 配当や株主優待の権利は発生しません。
  • 未成年口座のお客さまのeワラント取引のお申し込みは受付いたしておりません。

リスクについて

eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式・株価指数、投資証券(REIT)、預託証券、国債先物、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。
ニアピンeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。同一満期日を持つ全ての種類のニアピンeワラントを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。
トラッカーeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。このため、投資元本の保証がなく、損失が生じる恐れがあります。トラッカーeワラントの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーeワラントの価格も影響を受けます。
さらに、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。
お客様の購入価格と売却価格には価格差(売却スプレッド)があります。
詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBI証券の3っつの無料化
  • 条件達成でプレミアムニュースを無料で体験!?
  • 3商品の口座開設で最大600円GET!
  • 米ドル/円の基準スプレッドを縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.