SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-22 17:23:28

マーケット > レポート > ちょっとe(イー)銘柄の見つけかた > 過去最高の上昇率332倍を記録!その背景に何があった?

過去最高の上昇率332倍を記録!その背景に何があった?

2019/10/10

このたび、eワラントのお取扱い銘柄のうち「コロプラ コール 第34回」という銘柄が上昇し、約1カ月半のうちに332.1倍という驚異的な上昇率を記録しました。これはeワラント提供元のeワラント証券が営業を開始して以来、過去最高となる大きな上昇率です。

eワラントは現物株や株価指数などの資産の価格変動に応じて価格が変動する商品です。対象となる資産そのものよりも大きな値動きが期待でき、ときには何倍、何十倍という価格変動をするケースもあります。

そこで、本レポートでは過去の上昇率上位銘柄について改めて振り返るとともに、今回大きな値上がりを記録したコロプラ コール 第34回など上位銘柄がどのような値動きをたどったのかを確認してみたいと思います。そして、それらの再現を狙うのであればどのような銘柄を選べば良いか、そのポイントについてもご紹介いたします。 ※本ページで紹介する値上がりランキング等のデータは過去の実績であり、将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。

申し込んで即取引可能!お申し込み・管理料は無料!
eワラントお申し込み
1

eワラント歴代上率ランキング

下表のランキングはeワラントを提供するeワラント証券が営業を開始した2011年8月8日から2019年9月30日までのeワラント上昇率ランキングです。期間中最安値(売気配値)で買付けを行った場合、最大でどこまで価格が上昇したのかを表しています。

今回新たにランキング1位と5位にランクインしたのは、コロプラ(3668)を対象とするコール型eワラントです。スマートフォン位置情報ゲーム『DRAGON QUEST WALK(ドラクエウォーク)』(販売元:スクエアエニックス)が2019年9月12日にリリースされ、その後もアプリ内課金の好調さが明らかとなりました。同ゲームの開発を担当したコロプラの株価は8月に一時600円を割り込む年初来安値をつけましたが、ドラクエウォークのヒットにより10月1日には年初来高値となる1,930円をつけるなど大きく上昇しました。コロプラ株の上昇を受けて、コロプラ株を対象とするeワラントも急騰し、特にコロプラコール第34回という銘柄は8月13日から9月30日までの上昇率が332.1倍となる大きな上昇を記録しました。

2位と4位にランクインしたのは任天堂(7974)を対象とするコール型のeワラントです。コール型のeワラントは対象とする相場が上昇するほど値上がりを期待できるタイプのeワラントです。2016年の6月から7月にかけて任天堂株は「ポケモンGO」のヒットで急騰し、これによって任天堂株を対象とするeワラントも最大で317.5倍と急騰したものです。

ちなみに2019年では、ソフトバンクグループ(9984)を対象とするコール型eワラントも上昇率101.8倍と100倍越えの大幅上昇を果たしています。ソフトバンクグループ株は今年2月に発表した大規模な自社株買いが好感され大きく上昇し、同社株を対象とするeワラントもそれを受けて大きく上昇しました。

2

コロプラコールや任天堂コールの再現を狙うなら

ランキング上位の銘柄のような、大きな上昇が発生するためにはいくつか条件があります。

その中でも特に大事なのは、対象となっている相場(対象原資産)が大きく上昇又は下落することです。ただ対象原資産が変動すればいいわけではなく、対象原資産の変動性=ボラティリティの急上昇を伴う大きな下落が必要となります(ボラティリティに関する解説は前回のコラムもあわせてご覧ください)。

ボラティリティ(インプライド・ボラティリティ)はeワラントの価格計算にも用いられており、ボラティリティの上昇はコール型、プット型双方にとって価格上昇要因となります。そのため、例えばコール型eワラントの場合、ボラティリティの変動を伴う対象原資産の大きな上昇があった場合、対象原資産の上昇によるeワラント価格の上昇に加え、ボラティリティの上昇もeワラントの価格上昇に寄与するため、大きな価格上昇の可能性があります。

特に、「あまり変動しないだろう(=ボラティリティが低い)」と考えられていた銘柄が、予想に反して大きく変動した際にはその効果は大きくなると考えられます。以下の銘柄は、eワラントの対象原資産となっている銘柄のうち、ボラティリティが過去に比べて低位に留まっている銘柄をピックアップしたものです(具体的には、10月7日取引終了時点において、直近30営業日のボラティリティが直近90営業日、直近200営業日のボラティリティの双方を15%以上下回っている銘柄をピックアップしたもの)。もし、以下のような銘柄でボラティリティの変動を伴う大幅な価格変動があれば、上記のランキングに載るような大幅上昇が再び起こるかもしれません。

リニカル(2183)
インターネットイニシアティブ(3774)
JIG-SAW(3914)
そーせいグループ(4565)
サイバーエージェント(4751)
メタップス(6172)
ブイ・テクノロジー(7717)
東京エレクトロン(8035)

3

今回のコールくん、プットくんの注目銘柄

コールくんが選ぶ〜注目銘柄

この原資産を選んだ理由

今回選ぶのは原油のコールだよ。原油相場はここ半年50ドル前半から60 ドルのレンジ相場を推移しているけど、今はレンジの下限に近いと見るよ。エクアドル のOPEC脱退表明などリスク要因もあるけど、OPEC及びOPECプラスが協調減産を 続けている限り需給は今後も安定化すると考えているよ。レンジ相場内での反発を見込 んで、短期的なアップサイドを狙うよ。

この権利行使価格と満期日を選んだ理由

短期トレードでリターンを上げるために満期が近く、権利行使価格がやや上の銘柄を選んだよ。

保有期間の目安

1週間程度で一旦手仕舞いの予定だよ。

目標売却価格(買気配値)

原油先物が55米ドルまで上昇すれば1.7円程度 で売却できる試算だよ。

  • ※あくまでも現在の市場動向から推測した目安であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
この銘柄を見ている方はこんな銘柄も見ています

この銘柄を見た方が他に見た銘柄
WTI原油先物リンク債2019年12月 コール 第6回
WTI原油先物リンク債2019年12月 プット 第5回

  • ※コメント作成時、eワラントホームページのアクセス状況に基づきます。

この原資産を選んだ理由

米中の貿易交渉再開を受けて9月の株式市場は持ち直したけれど、今回の貿易問題の中には知的財産権や防衛上の問題も多分に含まれていて、一朝一夕に解決するものではないと考えているよ。交渉が破談に終わった場合はもちろんだけど、形だけの合意で終わってしまった場合でも材料出尽くしで売りが先行する展開を予想しているよ。

この権利行使価格と満期日を選んだ理由

交渉の結果がどう出るかわからないので、権利行使価格が相場水準よりも高い、比較的リスクの低そうな銘柄を選んだよ。

保有期間の目安

2週間程度の保有で一旦手仕舞いを予定しているよ。

目標売却価格(買気配値)

10円以上で売却するのが目標だよ。

  • ※あくまでも現在の市場動向から推測した目安であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
この銘柄を見ている方はこんな銘柄も見ています

日経平均 コール 第1282回

  • ※コメント作成時、eワラントホームページのアクセス状況に基づきます。

eワラントが10年以上投資家に支持されているワケ

eワラントのメリット

eワラントの関連コンテンツ

投資戦略を極める!(毎週金曜日更新)

申し込んで即取引可能!お申し込み・管理料は無料!
eワラントお申し込み

ご注意事項

  • SBI証券を通したマーケットメーカー(eワラント・インターナショナル)との相対取引になります。
  • 配当や株主優待の権利は発生しません。
  • 未成年口座のお客さまのeワラント取引のお申し込みは受付いたしておりません。

リスクについて

eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式・株価指数、投資証券(REIT)、預託証券、国債先物、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。
ニアピンeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。同一満期日を持つ全ての種類のニアピンeワラントを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。
トラッカーeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。このため、投資元本の保証がなく、損失が生じる恐れがあります。トラッカーeワラントの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーeワラントの価格も影響を受けます。
さらに、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。
お客様の購入価格と売却価格には価格差(売却スプレッド)があります。
詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • NYダウ取引はくりっく株365!
  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.