SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-18 19:51:56

マーケット > レポート > ちょっとe(イー)銘柄の見つけかた > 年始からアップル・ショック!iPhoneの売上鈍化は一時的な現象か?

年始からアップル・ショック!iPhoneの売上鈍化は一時的な現象か?

2019/1/10

現地時間1月2日、米アップルはティム・クックCEOから投資家に向けた書簡を公開し、2019年第1四半期(2018年10〜12月)の売上高が期初予想よりも低迷する見込みであることを明らかにしました。これを受けてアップルの株価が急落したほか、リスク回避の動きから為替相場で急激に円高が進み、大発会の日本株相場は大きく下落して始まりました。一部では「アップル・ショック」とも呼ばれています。

クックCEOは、書簡の中で、今回アップルの売上が鈍化した要因として、新興国、特に中華圏において販売台数を伸ばせなかったことを挙げていますが、中国景気の後退やスマートフォンのコモディティ化などの事情を考慮すると、アップルの中国での販売鈍化は一時的なもので終わらない可能性があります。

本レポートでは今回アップルから発表された内容を精査するとともに、今後のアップル株に影響を与えうる要素について検討しました。

申し込んで即取引可能!お申し込み・管理料は無料!
eワラントお申し込み
2

アップルからの手紙を振り返る

前述の通り、アップルは決算発表前には異例の業績見通しの下方修正を行いました。新たな予想は第一四半期の売上高は約840億ドル程度となる見通しで、これは期初予想(890億〜930億米ドル)を約5〜10%下回る水準です。また、見通しどおりの売上高となれば、前年同期(883億ドル)比4.9%減となり、2016年第4四半期以来、2年3ヶ月ぶりの減収となります。

クックCEOは売上鈍化の原因が新興国市場、特に中国の景気減速といったマクロ経済的な要因にあるとしています。中華圏(香港、台湾含む)はアップルの売上の20%強を占める地域であり、世界中で懸念されている中国経済の減速は今後も同社の業績を大きく左右する可能性がありそうです。

ポジティブな材料としては、サービス領域(AppleMusicなど)やウェアラブル製品(AppleWatch、AirPods)などの新規領域の事業が堅調な成長を見せていることが挙げられます。ただし、規模としてはまだまだ小さく、売上高の減少をカバーするには至っていません。特に、新興国では露出が少なく、今後の更なる成長が期待されます。

2

飽和するスマートフォン市場

アップルはマクロ経済的要因を課題に挙げていますが、同社を取り巻くスマートフォン市場や同社の戦略にも課題はありそうです。

・交換サイクルの長期化
アップル(や他のスマートフォンメーカー)及びサプライヤーの努力により、スマートフォンは飛躍的な進化を遂げ、その耐用年数は長期化傾向にあります。特に、機能が高く、長い期間にわたってハイパフォーマンスを発揮できる高価格帯のスマートフォン(iPhoneXRなど)が普及したことは、使用年数の長期化に影響を与えている可能性があります。長く、不便なく使用できることは、買換え需要を抑制することにつながります。
・革新性
かつてのアップルといえば革新的な製品で世界を席巻しました。しかし、前述の通りスマートフォン市場が成熟し、製品間の差異が出しにくくなってきた昨今では、他社製品からの乗り換え需要を刺激するほどの革新性を生み出せていないのかもしれません。

・価格優位性
現在のAppleの主力製品のうち安価なiPhone XR(64GB)は中国国内では6,499元(約104,000円)で販売されています。一方、中国国内で競合するファーウェイやOPPOは、同等以上の性能を持つスマートフォンをより安価に販売しているようです。今後スマートフォンを新たに購入する人にとっては高価格なiPhoneはややハードルが高く感じてしまうかもしれません。

Appleを対象としたeワラントの一覧はこちら

3

今回のコールくん、プットくんの注目銘柄

コールくんが選ぶ〜注目銘柄

この原資産を選んだ理由

大幅安となった大発会のなかでも逆行高で新高値を取ってきたのがリソー教育(4714)だよ。7日の大引け後に年間配当の増額を発表したけど、8日は材料出尽くしで売られているよ。株価が上昇トレンドにある中での下落は押し目買いのタイミングかもしれないね。コール型eワラントで反発を期待したいところだね。個別指導の進学学習塾「TOMAS(トーマス)」や100%プロ社会人家庭教師が指導する「名門会」の運営が事業の中核となっているけど、傘下にある名門小学校・幼稚園受験塾「伸芽会」事業は、家庭教師事業を超えるまでの成長分野となっているよ。

この権利行使価格と満期日を選んだ理由

株価の反発で大きな値上がりを狙って、満期まで短い銘柄を選んだよ。

保有期間の目安

1週間程度の短期勝負だよ。

目標売却価格(買気配値)

20円を目標価格とするよ。

  • ※あくまでも現在の市場動向から推測した目安であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
この銘柄を見ている方はこんな銘柄も見ています

この銘柄を見た方が他に見た銘柄
スクエニHD コール 第55回
村田製 コール 第131回

  • ※コメント作成時、eワラントホームページのアクセス状況に基づきます。

プットくんが選ぶ〜注目銘柄

この原資産を選んだ理由

レポートにも書いてあるように外部要因・内部要因でアップルを取り巻く状況はかなり厳しいものになってきているよ。サービスやウェアラブル製品など事業の多角化を進めているところではあるけど、本格的な業績貢献が期待されるのはまだ先だと思うよ。しばらく株価は軟調な展開が続くかもしれないね。

この権利行使価格と満期日を選んだ理由

中長期的な下落を見込んで満期がやや長い銘柄を選んだよ。

保有期間の目安

1月末までを目安としているよ。

目標売却価格(買気配値)

アップル株が140米ドルまで下落すれば、9円程度で売却できる試算だよ。

  • ※あくまでも現在の市場動向から推測した目安であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
この銘柄を見ている方はこんな銘柄も見ています

日経平均 プット 第921回
日経平均マイナス3倍 第32回

  • ※コメント作成時、eワラントホームページのアクセス状況に基づきます。

eワラントが10年以上投資家に支持されているワケ

eワラントのメリット

eワラントの関連コンテンツ

投資戦略を極める!(毎週第1営業日更新)

申し込んで即取引可能!お申し込み・管理料は無料!
eワラントお申し込み

ご注意事項

  • SBI証券を通したマーケットメーカー(eワラント・インターナショナル)との相対取引になります。
  • 配当や株主優待の権利は発生しません。
  • 未成年口座のお客さまのeワラント取引のお申し込みは受付いたしておりません。

リスクについて

eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式・株価指数、投資証券(REIT)、預託証券、国債先物、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。
ニアピンeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。同一満期日を持つ全ての種類のニアピンeワラントを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。
トラッカーeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。このため、投資元本の保証がなく、損失が生じる恐れがあります。トラッカーeワラントの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーeワラントの価格も影響を受けます。
さらに、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。
お客様の購入価格と売却価格には価格差(売却スプレッド)があります。
詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.