SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-09-18 12:22:01

マーケット > レポート > ちょっとe(イー)銘柄の見つけかた >  9日発表の雇用統計の注目点と投資戦略

9日発表の雇用統計の注目点と投資戦略

2018/03/01

2月2日に発表された1月の雇用統計において予想を上回る労働市場の改善が明らかとなったことは、市場関係者にとってFRBによる早期の利上げを想起させることとなりました。その結果、米長期金利が急激に上昇し、それを嫌気した投資家の売りで株式相場が大きく下落したことはご記憶のとおりだと思います。

2月の雇用統計は3月9日(金)の日本時間22:30に発表される予定です。前回の急落の記憶が鮮明なまま迎える次回発表に向けて、市場関係者は相当の警戒感をもって臨むことになるでしょう。また、同日はメジャーSQ、日銀の政策金利発表と重要なイベントが重複しており、相場の転換点となる日になるかもしれません。

そこで、今コラムでは米国の労働市場について改めて確認しておくとともに、雇用統計をイベントとした投資戦略をご紹介したいと思います。雇用統計など大きなイベントを控えたこの機会に是非eワラントのお取引をご検討ください!

申し込んで即取引可能!お申し込み・管理料は無料!
eワラントお申し込み
2

米国の労働市場を取り巻く現況

リーマンショック後の2009年10月に10.0%とピークをつけた米国の失業率は、堅調な経済成長の中で減少を続け、2017年1月時点で4.1%と完全雇用に近い状況に達しています(図1)。9日に公表される2月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月比+19万人、失業率が1月同様の4.1%と予想されています。ただし、前述の通り完全雇用に近い状況であることや、季節要因、同指標が頻繁に訂正されることを鑑みると、雇用者数に多少のぶれが出たとしても相場に与える影響は限定されるかもしれません。

より注目を集める可能性が高いのが賃金です。FRBが目標とする2%のインフレ率を達成するためには、前年比3%程度賃金上昇が必要とされています。米国の賃金は右肩上がりに上昇を続けていますが、1月の雇用統計では前年同月比で2.9%と、目標達成に必要な水準に近づいたということになりました(図2)。賃金の上昇率が安定して3%に近い水準またはそれを上回る水準を維持していることが明らかとなれば、インフレ率の上昇が鮮明となり、過度のインフレを抑制するためにFRBの利上げペースが上昇する可能性があります。

2

雇用統計を投資機会とするなら

雇用統計で公表される内容やそれを受けて市場がどのように反応するかを事前に予想することは難しく、また、場合によっては急騰・急落を伴う可能性もあるため、追証や強制ロスカットを伴う可能性があるFXや先物はポジションをいったん解消しておいたほうがよいでしょう。

相場の急騰・急落があると考えるのであれば、雇用統計の発表前にeワラントを買い付けておくという投資戦略が有効となるかもしれません。eワラントはレバレッジが効いているので、雇用統計の発表後に相場が予想どおりの方向に大きく動いた場合には大きなリターンが得られる可能性がある一方、証拠金取引ではないので予想が外れても追証を請求されることはありません。また、強制ロスカットもないので、相場が急変しても自動的に損失が確定することもありません。ただし、投資元本が0になる可能性はありますので資金は管理可能な範囲内に留めておいたほうがよいでしょう。

eワラントで雇用統計を利用したイベント投資を試すのであれば、以下のような手順で銘柄を選んでみると良いでしょう。

@対象原資産
対象となる相場としては米ドルが第一候補となるでしょう。米ドルと長期金利は強い相関があることが知られており、米国の金利動向に影響を与えることの多い雇用統計では最も影響を受けやすい相場の1つと言えるかもしれません。ただし、昨年末以降、米ドル対円相場と長期金利の相関が崩れている点には注意が必要です(図3)。また、前回同様に株式相場が急変すると予想するのであれば、日経平均やダウを対象としたeワラントも候補になります。

Aコールorプットor両建て 投資となる相場の上昇を予想するのであればコールを、下落を予想するのであればプットを選びます。イベントを利用して短期投資をする場合には、満期までの残存期間が1ヶ月を切っていて、コールの場合は権利行使価格が相場水準よりもやや高い(プットの場合はやや低い)銘柄を選びます。予想通り相場の上昇(プットの場合は下落)があれば大きなリターンが得られる可能性はありますが、予想が外れたり、あまり動かなかった場合には損失が発生する恐れのあるハイリスク・ハイリターンの投資になります。
一方で、前述のように、雇用統計の結果やその後の市場の反応を予想するのは難しいという場合、満期日が等しく、権利行使価格が相場水準に近いコールとプットを両方とも買付けるという戦略も可能です。相場が大きく動けば、上昇した銘柄の利益が下落した銘柄の損失と相殺して、合計数%の利益を狙えるという投資戦略です。相場の動きが小幅に留まった場合は損失となります。

2月27日現在であれば以下のような銘柄が候補になります。イベント直前の相場水準に合わせて銘柄をご検討ください。

コール
米ドルリンク債 コール 第899回
日経平均 コール 第1137回
ダウ・ジョーンズ工業株価平均 コール 第367回

プット
米ドルリンク債 プット 第782回
日経平均 プット 第887回

3

今回のコールくん、プットくんの注目銘柄

コールくんが選ぶ〜注目銘柄

この原資産を選んだ理由

がん免疫薬オプジーボで知られる小野薬品工業は、薬価半減の影響が懸念されていたけど、減益幅が縮小したことが株式市場には好感されているようだね。株価は指数の下落にも関わらず上昇基調が続いているよ。

この権利行使価格と満期日を選んだ理由

権利行使価格が低いので、他のコール型eワラントよりも相対的に価格変動リスクは小さめだよ。とはいっても、レバレッジ(実効ギアリング)で見れば3〜4倍ほどあるから、現物株よりもリターンは期待できるかもしれないね。

保有期間の目安

満期保有も考えたいところだね。

目標売却価格(買気配値)

10円を目標とするよ。

  • ※あくまでも現在の市場動向から推測した目安であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
この銘柄を見ている方はこんな銘柄も見ています

この銘柄を見た方が他に見た銘柄
小野薬 コール 第37回
トリケミカル コール 第4回

  • ※コメント作成時、eワラントホームページのアクセス状況に基づきます。

プットくんが選ぶ〜注目銘柄

この原資産を選んだ理由

2月前半に発表した決算以降、JTの株価は下落トレンドにあるよ。今回の減益は一時的ではあるけど、引き続きタバコの増税や受動喫煙防止法案など、国内タバコ販売には引き続き苦戦が続きそうな状況だね。

この権利行使価格と満期日を選んだ理由

比較的満期が長めの銘柄を選んだよ。単価もさほど高くなく4000円程度から相場に参加できるよ。

保有期間の目安

2週間程度のうちに反発を確認したら手仕舞い売りをしたいところだね。

目標売却価格(買気配値)

5円を目標売却価格とするよ。

  • ※あくまでも現在の市場動向から推測した目安であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
この銘柄を見ている方はこんな銘柄も見ています

ABCマート プット 第3回
味の素 プット 第3回

  • ※コメント作成時、eワラントホームページのアクセス状況に基づきます。

eワラントが10年以上投資家に支持されているワケ

eワラントのメリット

eワラントの関連コンテンツ

eワラントを極める!(毎週第1営業日更新)

申し込んで即取引可能!お申し込み・管理料は無料!
eワラントお申し込み

ご注意事項

  • SBI証券を通したマーケットメーカー(eワラント・インターナショナル)との相対取引になります。
  • 配当や株主優待の権利は発生しません。
  • 未成年口座のお客さまのeワラント取引のお申し込みは受付いたしておりません。

リスクについて

eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式・株価指数、投資証券(REIT)、預託証券、国債先物、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。
ニアピンeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。同一満期日を持つ全ての種類のニアピンeワラントを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。
トラッカーeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。このため、投資元本の保証がなく、損失が生じる恐れがあります。トラッカーeワラントの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーeワラントの価格も影響を受けます。
さらに、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。
お客様の購入価格と売却価格には価格差(売却スプレッド)があります。
詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!
  • 【ドル/円0.3銭】マイナー6通貨ペア スプレッド縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.